スクールブログ Hygee's Garden

14

Nov 2019

音楽会♪

本日、1・2時間目に中学音楽会が行われました。

今年で63回目となる音楽会、今回も生徒たちの美しいハーモニーがホール内に響きました。

どのクラスも一生懸命練習した成果を出すことができたのではないでしょうか。

最後は、3学年全体で学園歌を斉唱しました。

今回の音楽会を通して、クラスの絆が深まり、またひとつ成長し、これからの力に変えてくれることを願っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月9日,10日に第72回全日本バレーボール高等学校選手権大会広島県予選会の3日目,4日目が行われました。本校はセカンドシードで,県ベスト8を決める試合からの参加となりました。9日に山陽女学園高等部と対戦し,2-0で勝利しました。この時点で5大会連続の県ベスト8を達成しました。翌10日に6月の県総体と同様,県ベスト4をかけて市立沼田高校と対戦しましたが,残念ながら0-2で敗れました。

今大会で高3は全員が引退となります。入学以降ここまで本当によく頑張ってくれました。部活での経験を糧として,卒業まで,そして卒業後も頑張ってもらいたいと思います。今後は現高2を中心とした新チームになりますが,目標である県ベスト4以上を目指して,チーム一丸で今後も頑張っていきます。応援よろしくお願いします。

 

11月9日(土)三次市三和町にある「比治山学園からまつ学寮」にて「PTAからまつ学寮交流会」が開催されました。

去年に続き今年も晴天に恵まれ、まさに秋晴れの中、学校を出発しました。
山々の赤や黄色の秋の色づきも楽しみながら学寮に到着しました。
学寮では、建物の歴史の説明を受け、それぞれ記念写真を撮るなど、日常と違ったゆったりとした時間を過ごすことができました。

 

 

交流委員企画のジャンケン大会では、子供の頃を思い出し(笑)大いに楽しみました。
次の目的地平田観光農園ではBBQを頂きながら参加されました先生方と色々なお話をする事ができました。
日々慌しく生活している中で沢山の自然と触れ合う機会を作って頂き、本当に楽しい一日を過ごせました。

 

今回のお世話をして下さった交流委員会の方々、ありがとうございました。
保護者の皆様、来年お時間合いましたら是非参加してみてはいかがでしょうか?沢山のご参加を切に願います。

11月9日土曜日、福山大学にて第17回広島県高校生英語スピーチコンテストが開催され、高1英語コースの道本えみりさんが出場しました。

道本さんは“Bayanihan = Better Humanity(バヤニハンに見る思いやりの精神)”というタイトルでスピーチを行い、審査員特別賞を受賞、出場した1年生の中で唯一トロフィーを頂くことができました。

受賞後道本さんは「初めての出場で受賞できて嬉しいです。さらに上の賞を目指して今後も頑張りたいです。」と語っていました。

令和元年11月9日(土)南区民文化センターホールで、南区青少年健全育成大会が開催されました。南区内の中学校と高等学校の代表13名が、「私が大人になったら・・・」をテーマに、意見発表をしました。

本校からは、高校2年生の岩田海莉さんが、「私の将来」と題して素晴らしい発表をしてくれました。

 

 

 

11月4日(祝)リーガロイヤルホテル広島にて、比治山学園80周年記念式典、記念講演会、記念祝賀会が開かれました。たくさんの来賓、お客様をお迎えすることができ、盛大に執り行われました。

中・高吹奏楽部も、記念式典の「国歌斉唱」「学園歌斉唱」の際の演奏をしてくれて、会に花を添えてくれました。堂々とした演奏、また、学園歌での歌声は、ご来場のみなさんに感動を与えていたようです。たくさんの方々から多くの拍手をいただきました。

その後の記念講演では、広島が誇る元陸上選手、為末大さんに講演していただきました。

為末さんは、孔子の言葉、

「知之者不如好之者、好之者不如楽之者」

(これを知る者はこれを好む者に如かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず)

を紹介され、好きなことを続けることの大切さを私たちに示してくださいました。本学園80周年のスローガン、「かわらない心、かわりゆく時代の先へ」にぴったりの、すばらしい内容でした。

その後の祝賀会もなごやかに進み、無事、会を終えることができました。ご出席いただいた方々、本当にありがとうございました。

11月17日(日)は、中高での80周年記念祝賀会が開催されます。参加予定のみなさま、よろしくお願いいたします。

11月9,10日に広域公園テニスコートで,広島市中学校新人テニス大会が行われました。

天気がよく通常通りのルールで試合が行われました。

この大会から中学1,2年生のみの出場となり,新しい世代での大会となります。

1日目は団体戦,そして個人戦が2回戦まで行われました。

1日目の団体戦では,苦戦もしましたが何とか3位に入賞することができました。

2日目の個人戦,2年生は全員残ることができましたが,最高がベスト8で入賞まであと一歩というところでした。

試合で実力を100%出すことは非常に難しいですが,技術的にも精神的にも少しずつ成長していると思います。

送迎や,応援に来て頂いた保護者の皆様,どうもありがとうございました。

本日、中学生は1時間目に、高校生は4時間目に生徒会役員選挙立会演説会が行われました。

生徒会長、副会長ともにこれから比治山をどのような学校にしたいのか、それに向けてどういった取り組みをしていきたいのか、といったことを演説し、「比治山をよりよくしていきたい」という気持ちが伝わってきました。立候補推薦者のスピーチも会長、副会長の性格や頼もしいエピソードなど、立候補者の人柄が伝わってくる内容でした。

比治山は今年度、80周年という節目を迎え、ICT教育の推進やコースの刷新、施設設備の充実など様々な変化がありました。これから大きく変化していく時代の中、比治山の生徒たちを引っ張っていく立候補者の生徒たちに期待したいです。

バトン部は、11月4日に広島県立総合体育館で行われた第36回バトントワーリング中国大会に出場しました。

高校1年生6名は『道化師』をテーマに、コンテストの部で演技を披露しました。金賞(1位)を頂きましたが、悔いが残る演技となり今後の練習への課題も見つかりました。

また、中学生・高校生14名でフェスティバルの部に出場しました。「春よ来い」の楽曲にあわせ、優しさの中にも力強さのある演技を披露しました。

今後も,1人1人の技術を向上させるとともに,チームとしての表現力を磨いていきたいと思います。指導して下さるコーチをはじめ、保護者の方々、OGの方々、全ての方に感謝いたします。

11月2日〜3日の2日間にわたって、広島県高等学校ソフトテニス新人選手権大会が行われました。8月の地区予選以来、部員全員で目標にしてきた大会です。部員全員、自分たちのやるべきこと・できることをしっかりやり切ろう、と声をかけあいました。

初日にはやはりみんな「大会」ということで固くなっていましたが、しっかりと修正することができました。緊張感とうまく向き合いながら、3回戦・4回戦となんとか勝ち上がり、ベスト4によるリーグ戦へと駒を進めることができました。

ベスト4リーグ戦となると、相手の高校の選手たちもとても上手で、一つのミスがゲームの流れを変える、そういうシビアな試合ばかりでした。そのような痺れるような展開の中、比治山の選手だけでなく相手校の選手たちも相当疲労していたことと思います。走り回って、疲れが溜まって、頭が回りにくくなる中、どれだけ相手の心理を読んで、自分のできるプレーをするか。一生懸命闘うなか、試合の中でも成長することができたように思います。

決勝4チームリーグ戦を、比治山女子は2勝1敗で終え、結果、広島県第2位の賞状をいただくことができ、目標である全国選抜・中国予選への出場権を得ることができました。

今週末には引き続き、県新人戦の個人戦が行われます。こちらも部員全員がしっかりと結果を残せるよう、1週間を有意義に過ごしたいと思います。最後になりましたが、応援に駆けつけていただいた保護者の皆様、高校3年生のみなさん、関係の皆様方、本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。