スクールブログ Hygee's Garden

30

May 2014

前期中間試験

カテゴリー:

5月27日から29日まで、前期中間試験が行われました。

今年度最初の試験ということで、緊張も一入だったのではないでしょうか。

熱心に質問に来る生徒も多く、ここ数日、職員室はいつも以上の大混雑でした。

写真は、試験本番に真剣な眼差しで問題に挑む生徒の姿です。

28

May 2014

 高校総体壮行式

カテゴリー:

月曜日の朝、講堂にて高校総体壮行式を行いました。

広島県高等学校総合体育大会、全国大会に出場する91名の生徒が上がりました。

バスケット部、なぎなた部、陸上部、剣道部、テニス部、ソフトテニス部、水泳部、バレー部、バドミントン部、シンクロナイズドスイミングの二人。(シンクロの二人は日本選手権水泳競技大会に出場します。)

校長先生、生徒会会長からの激励の言葉を受けて、バスケ部の西村さんがあいさつしました。

これまでの練習の成果を発揮できるようがんばってきてくださいね。

5月17日、初夏の爽やかな空の下、平成26年度の体育祭が開催されました。

早朝からたくさんの保護者の方が並んで待っておられ、皆さんの熱気に圧倒されました。

吹奏楽部の演奏に合わせて各学年が入場してきました。

こうして生の演奏で入場ですることができるなんて、とても素敵なことだなと感じました。

そしてバトン部の皆さんの演技。しなやかな動きに見とれてしまいました。

 

新しい体操服が少し大きくて、まだあどけない表情の中学1年生。100m走を全力で走ったり、「鯉の滝のぼり」では、かわいい鯉の帽子をかぶった小柄な選手を、クラス全員で力を合わせて前へ前へと送り出したり、とても楽しそうでした。毎年恒例の「スカパリ」のダンスはとても元気一杯で、かわいくて、初々しさにあふれていました。

少しお姉さんに見える中学2年生。二人で息を合わせて広げた布でボールを送ったり(ロード・オブ・ザTeacher)、いろいろな動物を棒につけた縄にのせて運んだり(アニマルパニック)、友達と協力し合っている姿が印象的でした。リレーでは転んでしまって泣いている友達を皆で囲んで慰めている姿に、友達との絆が深まっていることを感じました。

 

すっかりお姉さんになった中学3年生。障害物競争(人生楽ありゃ苦もあるさ)や「ハリケーン2014」は迫力を感じました。1位でも2位でも3位でも大喜びの姿に、皆で一緒にすることが楽しいんだな、と感じました。ダンスはさすが3年生、という感じで、皆が揃っていてとても素敵でした。

高校生になってたくさんの仲間が増えた高校1年生。比治山の体育祭がはじめての人も、みんなで楽しんでいました。5人で力を合わせて走る「ムカデ競争」。友達が飛ばしたアヒルを網でキャッチする「空飛ぶ☆アヒル」は、息を合わせるのが大変そうでした。騎馬戦では迫力のある戦いに息をのみました。

おそろいの衣装で圧巻の「ソーラン・ハネト」を踊った高校2年生。タイヤ奪いという競技では、ひとつのタイヤをクラスメイトと協力して奪い合っていました。

そして今年が最後の体育祭になる高校3年生。セーラームーン、マリオ、スパイダーマン、テルマエロマエ、ももクロ、ラプンツェル、モンスターズインク、今年も先生たちの変装を楽しませてもらいました(ジェットコースター)。色々なゆかたを着て踊った「民踊」は半世紀の伝統があるそうです。今日の楽しい想い出を胸に、来年の今頃はそれぞれの新しい道を歩いていっているのだな、と思って、一人一人を応援する気持ちで見ました。

今年はクラブ対抗リレーがあり、文化部は各クラブが工夫した演出で見ていてとても楽しかったです。運動部のリレーは圧巻でした。途中バトンを落としても1位になった陸上部はさすがでした。

先生方も生徒たちもとても楽しそうな体育祭でした。垣間見える友達同士友の絆や成長にも感動しました。見ている私たちも、頑張っている姿を応援したり、感動をもらったり、楽しい1日を過ごさせてもらいました。また来年はどのような姿を見せてもらえるのか楽しみです。

5月1日(木)・2日(金)・4日(日)とコカコーラウエスト広島スタジアムで開催された第67回広島地区高等学校春季陸上競技選手権に参加しました。

全国大会につながるこの地区大会で、10名が5月末から行われる県総体への出場権を獲得しました。

まずは、県総体の次の中国大会出場を目指して、しっかりと準備をしていきたいと思います。

大会での8位入賞者は、以下の通りです。

100m2位・200m3位 安藤もも

走高跳3位 槇尾渚

砲丸投8位 沖田はるか

4×100mR 5位 安藤もも・槇尾渚・鳥居原優・河野紗映

4×400mR 6位 河野紗映・安藤もも・鳥居原優・槇尾渚

トラックの部 8位 20点

17

May 2014

平成26年度 体育祭 

カテゴリー:

本日、本校グランドにおきまして、体育祭を開催しました。保護者の皆様、最後まで応援ありがとうございました。

16

May 2014

明日は体育祭!

カテゴリー:

現在、グラウンドでは高2や生徒会の生徒を中心に、体育祭の準備をしています。

運動部の生徒たちも手伝って、テント張り、くい打ち、ライン引き、万国旗の準備、整地など、ほとんどの準備を生徒たち自身で行います。

放送部は、放送機器やアナウンスの調整に余念がありません。

保護者の皆様、受験生の皆様、明日の体育祭をお楽しみに!

 

※本校の体育祭はチケット制となっています。チケットをお持ちでない方の入場はできません。

※受験生の方は別途当日券を発行いたしますので、受付へお申し出ください。

15

May 2014

体育祭に向けて

カテゴリー:

今日の4時間目、今週土曜日に行われる体育祭に向けて、高校3年生の生徒がグランドで練習を行いました。

毎年、比治山の体育祭では、高校3年生が浴衣で民謡を踊ります。

浴衣姿に花笠を付けて踊る姿を見ると「高校3年生になったんだな」としみじみ感じます。

今日は、それぞれの動き、位置を確認して、本番と同じように踊りました。

 

 

 

 

本校は、今年で創立75周年を迎えました。

それを記念して,、オリジナルマークを作成しました。

マークのテーマは、「未来の扉をあける鍵」です。

自分自身の未来の扉を開ける鍵を、本校での学校生活の中で様々な経験を通し、見つけてほしいという願いが込められています。

 

私たちは、これまでの75年の歴史や伝統も大切にし、比治山女子中学・高等学校の未来の扉を開いていきます!

もうすぐ行われる、「平成26年度 体育祭」では、先生たちもおそろいの「75周年ロゴマークポロシャツ」を着て、会場を盛り上げます。

お楽しみに!

なぎなた部では、中1・高1の新入部員を迎え、日々稽古に励んでいます。今日は、3月に行われた大会の報告をします。

県新人大会で選抜された高校生5名は、兵庫県伊丹市で開催された、第9回なぎなた選抜大会に出場しました。全国1勝を果たすことはできませんでしたが、全国の仲間たちの姿に刺激を受け、インターハイ出場とそこでの勝利を改めて誓いました。

中学生4名と高校生11名は、第32回広島県なぎなた選手権大会に出場しました。高校生からなぎなたを始めた生徒の中には、初めて防具をつけての個人試合に出場する者もいました。防具のつけ方、試合でのマナーなどを先輩や同級生に教えてもらい、この大会に出場することを目標に頑張ってきました。また、演技競技高校生の部では、寺本さん・田形さんチームが3位に、試合競技高校生の部では大代希望さんが3位に、それぞれ入賞することができました。

中学生3名と高校生9名は福岡県で開催された、第31回若獅子旗西日本なぎなた大会に出場しました。西日本各地より小学生から高校生まで約700名の選手が集まるこの大会では、全国大会でも上位に入るチームの試合を間近で見ることができ、研究をすることができました。

各大会参加を通じて、それぞれが課題を見つけ、今年度の目標を立てることができました。新入部員とともに精進し、なぎなたの技術も心も高めていきますので、今後ともよろしくお願いします。

オープンスクールでは、クラブ体験も受け付けています。ぜひご参加ください。

15

May 2014

中学校合同練習

カテゴリー:

明後日、5月17日(土)に開催予定の体育祭にむけて、中学生3学年合同で、練習をしました。

本番では、日頃の練習の成果を発揮できるよう、がんばっていきましょう。

また、本校は、今年で75周年を迎えます。サプライズで、「75」という人文字も披露します!お楽しみに!