スクールブログ Hygee's Garden

3月16日(金)に受験体験報告会が行われました。

DSC08268

3月に卒業した高校3年生が,高校生活での学習や受験への取り組み,受験を体験して感じたことや学んだことを,高校1,2年生の前で話してくれました。

在校生にとっては,自分に最も身近な先輩の体験談なので,自分と重ね合わせながら真剣に聞いていました。

DSC08190

また,お話をした先輩たちも,後輩たちに少しでも伝わるよう,話す内容を考えて自分の言葉で話しているのが印象的でした。

DSC08182

会が終了すると,たくさんの高校1,2年生が先輩たちのもとを個別に訪れ,熱心に質問をしていました。

高校1,2年生は,今日聞いたお話を胸に,残りの高校生活を充実させてほしいです。

高校3年生のみなさん,今日はありがとうございました。新しい環境でも,自分らしく輝いてくれることを応援しています。

16

Mar 2018

平成29年度 卒業講座

カテゴリー:

3月16日(金)に,中学3年生による卒業講座が行われました。

企画から運営,発表まで,すべて生徒達だけで作りあげました。

1.英語プレゼン

当日は保護者の方も多数ご来校していただきました。

2.合唱

3.クラス発表

4.3年間の振り返り

入学当初は,まだまだ幼い雰囲気が抜けきらない生徒達でしたが,この3年間で本当に大きく成長してくれました。

高校生になっても,輝き続けてくださいね,中三のみなさん!

2月28日(水)にNHK-Eテレで放送された「Rの法則~“女子高女子”のリアルを大調査!」で,本校の女子力アップ講座で講師を務めて下さっている,玉田 陽子先生が紹介されました。

番組内で,番外編“正しいおじぎのしかた”をご紹介されていました。

先週,学校にaboriginal presenterのRickさんを講師として迎え,アボリジニの伝統的な文化を体験しました。

木の枝と草を使って火起こしに挑戦したり,狩猟や儀式で使用していたブーメランを実際に投げたりと様々な体験をしました。

アボリジニアートにも挑戦し,ボディペインティングをしました。最初は,ためらっていましたが,一度始めてしまうとすぐに盛り上がり,フェイスペインティングにも挑戦する生徒もいました。

最後に,didgeridooという楽器にも挑戦しました。音を出すのにとても苦労していましたが,数人の生徒は見事に音を出すことに成功していました。

留学期間も残りわずかとなりましたが,様々なことに挑戦し,多くのことを学び成長して帰国するのが楽しみです。

3月7日(水),本校にオーストラリアからお客様がいらっしゃいました。

Mr.and Mrs.Edmunds,エドマンズ夫妻です。

エドマンズ夫妻には,昨年と一昨年,高校3年生と2年生の英語コースの生徒がホームステイをさせていただきました。

帰国後も連絡を取り合い,この度念願の来日を果たされました。

是非,比治山生が通っている学校が見たい,Hiji Girls がどんな所でどんな学校生活をしているのか知りたいということで,今回のご来校につながりました。

お二人にお会いした途端に,時が逆戻りして,一気にオーストラリアの思い出が蘇り,話に花が咲いていました。

英会話の授業や高2英語コースの授業にお招きし,オーストラリアの近況や日本の印象など,お話いただきました。

これからもずっと素敵な関係が続いていくことを願っています。

楽しい時間をありがとうございました。

先週の遠足で,学校からバス・フェリーに乗りStradbroke Islandへ行きました。

Stradbroke Islandは世界でも大きな砂島で,生徒たちはその美しさに感動していました。

天気も良く,海も澄んでおり,どこまでも続く地平線に大満足の様子でした。

Cylinder Beachでは,打ち寄せる波に生徒たちは走り回り,翌日には筋肉痛になる生徒もいるほど全力で遊んでいました。

また,先日の嵐で浜辺に打ち上げられたきれいな貝殻を拾い持ち帰っている生徒もいました。

念願の快晴でのbeachに,とても思い出に残る1日となりました。

本校演劇部が2月18日(日)に広島駅南口地下駅前広場で行われました「広島東地区安全・安心フェスタ」に参加しました。

演目は「怪傑ブルバット」、オレオレ詐欺等の特殊詐欺への注意を喚起する舞台でした。

当日はなんと、サンフレッチェ広島初代アンバサダーの森崎浩司さんも舞台に登場して下さり、快傑ブルバットの兄「パープルバット」として大活躍してくれました!

森崎浩司さん、本当にありがとうございました!

(さらに、サインをいただき、さらに、さらに、写真まで一緒に撮っていただき、本当にありがとうございました!)

また、上演に際しては、広島東安全・安心まちづくり会議の皆様には本当にお世話になりました。

この場を借りて厚く御礼申し上げます。

そして上演をご覧いただきました皆様も、本当にありがとうございました。

この演劇で、皆様に少しでも防犯意識が喚起できましたら、そして楽しんでいただけましたら、幸いです。

それでは本当にありがとうございました!

オーストラリアでの授業も6週目に入りました。

クラスの友達と支え合いながら,良く食べ,よく笑い,元気に過ごしています。

CIMG0062

13:30からのランチだけでなく,10:40からのモーニングティーというおやつの時間があり,1日の中で生徒たちが最も好きな時間のひとつです。

「ちょっと食べ過ぎ?」とお互いに気にしながら,おいしい食べ物を前にみんな「せっかくだし!」と休憩時間を満喫しています。

3月1日、前日の雨が嘘のような晴れやかな天候の中、第70回の卒業式がありました。
224名が、この学舎から巣立ちそれぞれの道へと羽ばたいていくにあたり、校長先生の式辞のなかで「人生の羅針盤は親心」というお話がとても心に響きました。命の大切さ、親への感謝を忘れずに、こうして卒業を迎えるのが当たり前でないということを、こうして過ごしている時間が貴重であることを、娘たちの心にも響いて、大切に自分の道を歩んでいってほしいと願いました。

まだまだ実感がわかないと言っていた娘も、涙涙で退場している姿に、母親として感無量になりました。

三年間皆勤賞31名、
三年間精勤賞15名、
一年間皆勤賞42名

毎日健康に気をつけて送り出されたご家族の愛情の賜物ですね。

各クラスに戻ってから、担任の先生から一人ずつに証書が渡され、子供たちからも、親に感謝の言葉や手紙を渡すサプライズがありました。

私立高校の良いところは、卒業して、何年たってもお世話になった先生方がいてくださることです。
それは、何よりも嬉しいことです。どうぞ、いつまでも比治山女子高等学校が、娘たちの心の支えでありますように…素敵な女性になって活躍していきますように…
本当にご指導いただき、ありがとうございました。

KODAK Digital Still Camera

KODAK Digital Still CameraKODAK Digital Still Camera

3月1日(木),比治山女子高等学校の卒業式が行われました。

前夜の暴風雨で,天候が心配されましたが,当日は雨も上がり,爽やかな天気と澄んだ空気の下で,式を迎えることができました。

卒業生一人一人の名前が呼ばれ,卒業証書が授与されました。

その後,校長先生の式辞や在校生の送辞,来賓の方々のご祝辞をいただきました。

卒業生総代の答辞では,感極まって思わず涙ぐむ姿が印象的でした。

式の最後は,校歌と「仰げば尊し」を斉唱し,卒業生は退場します。

卒業式の後は,各クラスで最後のホームルームが行われました。

 

高校3年生の皆さん,そして保護者の皆様,ご卒業おめでとうございました。