スクールブログ Hygee's Garden

バトン部は、8月16日(金)~8月19日(月)に東京(武蔵野の森総合スポーツプラザ)で開催されたジャパンカップ マーチングバンド・バトントワリング全国大会に参加しました。
高校(3年)個人バトントワリング部門では、高校3年 上原彩智栄さんが見事第3位に輝きました。シンデレラをテーマに華麗な演技を披露しました。

高校バトントワリング部門に出場した高校1年生は、第6位入賞(28チーム中)を果たしました。6人という少人数での出場でしたが、息の合った演技を披露し、会場からも多くの声援をいただきました。

来月の文化祭では、ステージ発表に参加します。ぜひご覧ください。

令和元年8月7日(水)~8月10日(土)に、本校の姉妹校である韓国大邱市の源花女子高等学校から、生徒20名、先生3名が来校され、本校生徒18名と交流しました。

7日にバディーと対面した後、歓迎式にて源花女子高等学校の校歌を披露していただき、比治山からは筝曲部のみなさんが演奏してくださいました。その後、源花の代表生徒と先生方が瞑想の森の慰霊碑に献花をして下さいました。解散後それぞれのホームステイ先に向かいました。

8日には宮島を訪れ、もみじ饅頭作り体験や厳島神社参拝を行いました。とても暑い日でしたが、源花の生徒も比治山の生徒も元気いっぱいに日本文化を楽しんでいました。昼食後に解散し、その後は自由行動でしたが、バディーと一緒に水族館を訪れたり広島市街観光をしたり、各々に楽しく過ごしました。

9日の夜は相鉄グランドフレッサ広島にて、夕食会及び交流会を行いました。大邱市の環境問題や老舗に関する研究発表(源花)、南中ソーラン(比治山)、伝統舞踊ブチェチュム(源花)、およびK-popやJ-popのダンスや歌をお互いに披露しあい、大いに盛り上がりました。フィナーレでは両校の交流会で毎年歌い継がれている“Best Friend”を日本語、韓国語で全員で合唱し、その後は各ホームステイ先で最後の夜を過ごしました。

10日、いよいよお別れの日です。バディーとのお別れに涙を流す生徒がたくさんいました。ほんの4日間の滞在でしたが、ホームステイや様々な行事を経て生徒たちの間には強い絆が生まれていることが伝わりました。また、両国の将来を担う若者たちがこのような国際交流を続けることに深い意義があると感じました。

以下は生徒たちの感想の一部です。

「来年の夏までに韓国の事をもっと勉強して必ずまたバディーに会いたい」(比治山生徒)「こんな人生最高の機会がまたあるかわかりません」(源花生徒)

最後になりましたが、ホストファミリーとして源花生徒を受け入れて下さり、多大なるご協力をいただいた保護者の皆様に心より感謝申し上げます。

8月9日~12日,第58回全国高等学校総合体育大会なぎなた競技大会が沖縄県立武道館で開催されました。

インターハイ出場は今年で連続11年目になります。

今年度,比治山女子高等学校は,生徒7名が団体の部と演技の部に出場しました。

凛とした空気が漂い緊張する中,試合が行われました。

惜しくも予選リーグで敗退しましたが,全員よく頑張りました。

 

 

 

8月8,9日に行われた広島市総合体育大会に参加してきました。

通常は6ゲーム先取なのですが,猛暑のため4ゲーム先取に変更となりました。

初日の団体戦,初戦は広島中等教育学校でした。この試合は2年生の活躍があり3ー2で何とか勝利することができました。

2回戦は安田女子中学校でしたが,この試合はまだまだ力の差があるかなという内容でした。

 

個人戦はダブルスのみ行われました。

この大会でベスト16に入れば9月末に行われる県大会出場の権利を得ることができます。

 

その結果

正本・砂田ペア  ベスト8

増原・河野ペア  ベスト16

菅・岩本ペア  ベスト16

なんと3ペアが県大会に出場できることになりました。

おめでとうございます。

 

それぞれが目標を持ち,達成するための努力を積み重ねていきましょう。

応援に来て頂いた保護者の方々,暑い中ありがとうございました。

 

7月30日からスタートしたNZ研修も、早いもので最後の日を迎えました。約2週間お世話になったホストファミリーを招待し、さよならパーティーを開催しました。

まず、けん玉のパフォーマンスをしたり、歌を歌ったり、ダンスを披露したりしました。

 

比治山音頭を踊る際は、ホストファミリーの方々にも参加してもらい、みんなで一緒に楽しく踊ることができました。

 

演技の披露の後は、それぞれホストファミリーに向けて、感謝の気持ちを英語のメッセージで伝えました。

 

そして、2週間現地のコーディネーターとして、そして英語の先生としてお世話になったメグ先生から、このニュージーランド研修の修了証書を手渡ししていただきました。

英語の授業や日々の生活を通して、とても親切に、楽しく接してくださったメグ先生。約2日週間本当にお世話になりました。感謝の気持ちを込めて生徒みんなからメッセージとプレゼントを贈り、メグ先生もとても喜んでくださいました。

最後は、お世話になったホストファミリーに感謝の気持ちを込めて手作りしたメッセージカードを贈り、それぞれ記念写真を撮りました。

 

 

 

 

 

 

8月6日,広島は,74回目の「原爆の日」を迎えました。

本校でも,旧比治山高等女学校の生徒73名,教職員2名の,計75名が原爆によって命を落とされました。このうち67名は,現在の護国神社入り口にあった,「中国軍管区司令部」での学徒動員の最中に原爆被害にあわれ亡くなりました。

 

本校では毎年,生徒会が主体となって,中国軍管区司令部跡にある慰霊碑で,8月6日に原爆死没者追悼式を行います。また,その後本校の「瞑想の森」の慰霊碑でも追悼式を執り行っていますが,今年は雨が降っていたため,急きょ多目的ホールでの献花となりました。

 

 

 

世界恒久平和と,核兵器廃絶への誓いを胸に,生徒・職員で黙祷し献花いたしました。

 

 

 

Hamilton girl’s high schoolの生徒さんたちと、一緒に授業を受けた際の様子です

まず、体育の授業を一緒に受けました。

 

 

生徒同士、英語でのコミュニケーションにおいてスムーズにいかないところもありましたが、体を動かすことを通して、みんな笑顔を向け合いながら楽しく体育の授業を受けました。

 

そして、同じ14〜15歳の生徒たちと、お互いの国に関する質問をしながら、たくさんお喋りしました!

 

 

 

地図を見ながら説明したり、絵を書いて説明したりと、うまく伝わりやすいように工夫しながらコミュニケーションをはかりました。

授業が終わってからは、写真撮影も楽しみました!

 
 

NZ滞在も残りわずかとなりました。
元気いっぱい、英語でのコミュニケーションを通してたくさん勉強しましょう!

8月2日 金曜日、この日はバスに乗って遠足に行きました!

◆Agrodome では、羊の毛刈りのショーを観ました。刈ったばかりの羊の毛を触ることもできました。羊のちょっとした芸披露や、ジョークを交えながらのパフォーマンスに、会場中笑いが溢れていました!

 

◆Skyline Skyrides では、ゴンドラに乗って山の上までのぼり、lugeというハンドルを前後に倒すことによって動いたり止まったりする乗り物に乗りました。かなり急な坂道もあり、スピードも出て迫力満点でした!

 

◆Te Puia では、自然の中を歩いて間欠泉を見たり、マオリ族のコンサートを鑑賞したりしました。

 

 

 

あいにくの雨模様でしたが、ニュージーランドの風土や文化にしっかり触れることができました。

8月4日最終日です。

昨日と同じように朝食をしっかり食べてからスタートしました。

本日は練習後,ダブルス大会で締めくくりました。

天候にも恵まれ,3日間無事終了することができました。

高校生は6日,中学生は8,9日と試合があるので,やってきたことがしっかり出せるといいですね。

  1. テニス合宿2日目,少し肌寒い朝を迎えました。

朝食を済ませ,自然に囲まれたコートで練習を始めました。

昼からは中・高混合でシングルス大会を行い,それぞれに順位がつきました。

 

中学生はシングルス大会のあと,アスレチックコースに挑戦しました。通常1時間位かかるコースみたいなのですが,1時間以上頑張って挑戦している生徒がいたり,筋肉痛になるまで頑張ったという生徒もいました。

その後はバーベキューをし,みんなで花火をして2日目を終了しました。

明日が最終日になりますので,最後まで頑張りましょう!