学び

学力を高める学び

高校、そして大学へ。学び続ける土台をつくります。

学びの特色

二学期制&土曜日授業

授業時間を十分に確保するために、二学期制を採用し、第1・3・5土曜日を授業日としています。また、中高一貫教育により高校受験がないため、中学校の3年間をかけて基礎学力や体力を培い、あらゆる進路に対応するための土台づくりにじっくり取り組むことができます。

夏休み勉強会・春休み勉強会

夏季および春季休業の午前中に、校内で開催する勉強会です。午後はクラブ活動に参加することができます。各学年の段階で身につけるべき内容について、目的を明確にした講座を開いています。

探究活動報告会

学年末に1年間の学びの集大成として、これまでの学習や体験・探究活動についてグループでまとめ、報告・発表します。一人ひとりの学びを深めるとともに、仲間と協働して学ぶ力や、プレゼンテーションなどの表現力を身につけます。

教科の学び

英語

日本人教員による週5時間の授業に加えて、ネイティブ教員によるオールイングリッシュの授業を週1~2時間行います。1年次では「Communicative English(英会話)」、2年次では「Communicative English」と「Extensive Reading(多読)」、3年次では「Extensive Reading」と、ネイティブならではの英語感覚を段階的に学び、聴く・話す・読む・書く力を確実に定着させます。

中学校の目標

高校以降の学習の土台となる基礎的な英語について、読む・聴く・書く・話す力を身につけます。
英検3級以上の取得を目指します。

Communicative English(1・2年次)

スピーキング力、リスニング力を鍛え、実践的なコミュニケーション能力を育みます。つまずきやすい文法のポイントを押さえながら、口頭練習を繰り返すことで応用力を身につけていきます。

Extensive Reading(2・3年次)

Extensive Reading(多読)は、文字通り英語のストーリーを多く読む授業です。表現や語彙のインプットを増やしリーディング力を培いながら、自分の言葉で話す機会を設定しスピーキング力の向上にも努めます。

国語

国語はすべての学びの基本になる大切な教科です。「読む力」「聴く力」「表現する力」そして「言葉で思考する力」をしっかり鍛えて学びのベースを作ります。また毎年、全学年を対象に読書週間を設け、読書に親しむ態度を育成しています。

中学校の目標

国語の学習を通して、言葉を正確に理解し、言葉を使ってじっくり考え、適切な言葉で表現する力を身につけます。

数学

さまざまなレベルへの対応力を培うために、幅広い内容の副教材を使用します。一人ひとりの理解度に応じてフォローしますので、安心して授業を受けられます。3年次では、高校の内容にも触れながら問題演習を中心に取り組み、総合的な力を身につけます。

中学校の目標

学習内容の“取りこぼし”をなくし、その後の高校数学や大学受験の基礎となる力を身につけます。

理科

さまざまな現象や自然の姿をとらえる実験や観察を多く行い、知的好奇心の芽生えを促します。生物とそれを取り巻く自然の事物・現象に対する関心を高め、問題を見出し、意欲的に探求する活動を通して、多様性や規則性を発見し、課題を解決する方法を習得します。

中学校の目標

理科に対する関心を高め、私たちを取り巻く自然界について、総合的な見識を得るとともに、自然を探求する方法について理解し、観察や実験などの技術を習得します。

社会

郷土広島の地理や歴史への理解を深め、身近な視点から社会に対する知的好奇心を高めていきます。2年次のからまつ自然教室では、歴史民俗資料館や古墳を見学します。また、地理・歴史・公民の3分野のいずれも基本事項の習得を徹底し、高校での幅広い学習内容に対応できる基礎力を身につけていきます。

中学校の目標

さまざまな社会的現象を多面的に考察し、社会に対する関心を高めます。
地理・歴史・公民の各分野における基本事項を確実に習得します。

カリキュラム(週時数)

(2018年4月現在)