• 人生で最も
    成長する時間を、
    比治山女子で
    学ぶことの意義。

    学ぶことの意義イメージ
    自分と向き合うイメージ

    自分と向き合い、
    ひとりの人間としての基礎をつくります。

    中学校から高等学校へ、
    女の子のこころもからだも一番変化する6年間。
    それは、ひとりの人間としてどうありたいのか、
    自己としっかり向き合い、大人になるための基礎を培う時間です。
    比治山女子中学・高等学校では
    教科教育はもちろん、女子校ならではの女性教育や、
    感性や社会性を身につける独自の教育を通して
    ひとりの人間として生きていくための
    確かな土台づくりを行います。

    自主性や責任感イメージ

    自主性や責任感を養い、
    人生を切り拓く力を育てます。

    例えば、校外学習や理科の実験など、
    力を必要とする場面や危険を伴う作業であっても
    女子生徒で役割分担をし、
    責任を持ってやり遂げなければなりません。
    お互いに協力し合うことの大切さを知り、
    自ら道を切り拓く力を育てる機会が豊富にあるのです。

  • 比治山女子で
    学ぶ6年間

    比治山女子中学・高等学校では、大学進学を前提とした教育を行っています。
    学力偏差値や大学名ではなく、何を学びたいのか、
    卒業後はどうありたいのかまでを見すえて、進学先を選び抜きます。
    進みたい道を探す力、そしてその道へ歩み出す力を、
    6年間の繋がり合う教育で身につけていきます。

  • 感性と心を磨く学び

    伝統文化や豊かな自然に触れ、
    しなやかな感性やおもいやりの心を育てます。

  • 教科の学び

    どんどん生まれる「知りたい気持ち」に、
    とことん応える独自の学びがあります。

  • 比治山生のある1日

    比治山女子中学校に通う生徒は、どんな一日を過ごしているのかな?
    ある日のスクールライプリポートをお届けします!

  • 通学エリア

    広島市内はもちろん、JRやバスなどを利用して、
    遠方から通学する生徒も多くいます。

  • Question & Answer

    入試説明会などで、
    ご質問の多い項目についてお答えします。