感性と心を磨く学び

音 楽

比治山女子中学校の生徒は、音楽が大好きです。歌や器楽演奏、名曲鑑賞など、さまざまな授業を通して、音楽を楽しむ心と実力を伸ばします。中学校では11月に、全クラスによる合唱コンクールが開催されます。美しい演奏を目指して、毎年大いに盛り上がっています。

書 写

週1時間、3年間を通して行われる書写教育。単に美しい文字の書き方を学ぶだけではなく、精神を集中して筆をとる時間を持つことで、心を豊かに育みます。また、毛筆とともに硬筆にも取り組み、全員が硬筆検定にチャレンジします。

美 術

中学校ではデザインを中心とした授業で、色彩学などを学びます。1年次は週に1回、2時限連続の授業でゆったりと、発想力や感性を育てます。高校では油絵に本格的に取り組み、根気強く作品を完成させる力を培います。

家庭科

将来、自立した生活を送るために、そして家族の生活を支えるために必要な知識や技術を、さまざまな実験実習や作業を通して身につけます。また、環境に配慮した家庭生活について、自分自身で考えたり、グループワークに取り組んだりしながら、楽しく学びます。

体 育

冬期は体力と精神力を培うために持久走を実施し、その力を発揮する場として2月にマラソン大会を開催しています。武道では「なぎなた」を採り入れ、礼儀や基本動作、技を身につけます。また、保健の授業では、人形を用いた救急蘇生法の実習を行い、正しい知識と技術の習得をめざします。

マナー教室

お茶の淹れ方や出し方、おじぎのし方、手紙の書き方など、社会人になっても通用するマナーや相手を敬う心を育みます。また、日本の伝統文化の一端に触れる貴重な体験となる、茶道の本格的なお手前を実践する時間も設けています。

芸術鑑賞

本校では年始の恒例行事として新春コンサートを開催しています。コンサートは、広島交響楽団の伴奏による校歌の斉唱から始まります。また、ミュージカルや演劇などの公演を鑑賞する行事もあり、プロの演奏や演技を身近に体験し、芸術への理解を深める機会としています。

自然体験学習

からまつ学寮
(三次市三和町)

管理棟や入浴施設、宿泊棟を備え、中学1年生夏の林間学校、2年生春の自然教室をはじめ、クラブ活動やPTA交流会、農業体験など多くの活動に利用されています。

からまつ学寮の行事

4月

自然教室(中学2年生/理科と社会の野外授業)

7・8月

林間学校(7月)(中学1年生/野外学習、里山プログラム)
クラブ・同好会合宿

10月

からまつ学寮PTA交流会

  • からまつ林間学校(中学1年生)

    農業体験や飯ごう炊さんなど、自然の中での集団生活を通して、仲間と協力する大切さや楽しさを学び、自身の心身を鍛えます。

  • からまつ自然教室(中学2年生/理科・社会)

    理科と社会の学習を中心に、春の植物をはじめ、古墳見学、天体観測、さらには学寮付近の三和町の地質や地形などを学びます。

  • 里山プログラム

    ウォーキングやお菓子作りなどの5つのプログラムから1つ選んで体験します。

  • ピザづくり

    からまつ学寮で収穫した小麦を使って生地をこね、手作りのピザ窯でこんがりと焼き上げます。

  • 風土記の丘(三次市小田幸町)

    遺跡見学などを通して、地域の歴史に触れ、知識を体験として学びます。

  • 自然観察

    自然の動植物や地質の観察をすることで、活きた知識を身につけます。