志望校合格インタビュー

大阪大学 文学部人文学科 メダル 現役合格

西村 まりなさん(特進コース/2015年卒業/広島市立大州中学校出身)

西村さんイメージ1

――第一志望の大学や学部を決めた理由を教えてください。

オープンキャンパスで感じた緑豊かで美しいキャンパスや、学生の方々の雰囲気が素敵で、ここで学びたいと思ったことと、私は日本史や英語、国語が得意科目なのですが、大阪大学文学部の個別試験は、まさにこの3教科を生かせる試験内容だったことが、志望を決めた理由です。
また、日本史は特に好きな科目で、大河ドラマを観るたびに好きな時代が増えていきます。以前は『平清盛』で、武家社会の成り立ちに興味を持ち、今は『花燃ゆ』を観て、幕末にはまりつつあります(笑)。

――比治山女子高等学校に入学した理由を教えてください。

比治山は女子校だから、穏やかな雰囲気が私に合っていると、中学校の先生に勧められたことと、もともと国公立大学に進学したいと思っていたので、ちょうど私の入学年度から特進コースが新設されたことが大きな理由です。オープンスクールで、生徒さんがのびのびと大らかに活動していて、楽しそうな学校だなと感じたことも理由ですね。

西村さんイメージ2

――比治山女子の学びで、大学進学につながったと思うことは何ですか?

まず、基礎学力がしっかり身につく取り組みが多いことです。夏休みなどの長期休業中の補習や学習合宿、職員室での個別指導など、先生方に勉強を見ていただける場面が多かったです。先生方には、模擬試験で成績が振るわなかった時や、苦手だった数学の成績が伸び悩んだ時にも、私の意思を尊重した上で、的確なアドバイスをいただきました。

――受験に向けた学習で心がけたことや、頑張ったことは何ですか?

私は学校の授業を信じて、授業で内容を理解しようと心がけ、3年間、一度も学習塾に通いませんでした。塾に通っている人を見て、気持ちが揺らいだこともありましたが…。3年生になってからは、意識の高い友人を見習って早朝4時に起床し、登校前の学習を始めました。この早朝学習は、次第にクラス中に広がりました。また休憩時間にはお互いに問題を出し合ったりして、「最後まで一緒に頑張ろう!」と、受験に向けてクラスの一体感がどんどん高まって、とてもいい雰囲気の中で毎日を送ることができました。

西村さんイメージ3

――大学で学びたいことや、将来の夢や目標について教えてください。

私は、興味のあることや、学びたいと考えていることがたくさんあって、まだ特定の分野に絞り切れていません。それは将来の夢についても同じです。でも、大学という、好きなことを思い切り学べる場所に行けることに感謝しながら、とにかく貪欲に学びたいと思っています。

――これから比治山女子へ入学を志す人に、メッセージをお願いします。

比治山女子は、本当に信頼できる先生ばかりがいらっしゃいます。授業もわかりやすくて、勉強が楽しくなる学校だと思います。クラブや生徒会活動も盛んです。得られるものがたくさんある学校だと思いますので、みなさん、ぜひ比治山女子で有意義な学校生活を送ってください。