OG×OG “比治山女子と私”について語ります!

比治山女子で過ごした時間が、今の私をつくってくれた。

比治山女子で、今も
自分の指針となる
「宝物」に出会いました。

私は大学病院の小児科病棟で、看護師として働いています。人の役に立てる、やりがいのある仕事として、母と同じ看護師という職業を選びました。医療の現場では日々大変なこともありますが、子ども達の笑顔や頑張る力を糧に仕事に励んでいます。比治山女子では6年間、陸上部に所属していました。暑い日も寒い日も仲間と一緒に頑張っていた日々を今でも鮮明に覚えています。何事も途中であきらめず、努力を重ねることの大切さを学びました。また、校訓の「正直 勤勉 清潔 和合 感謝」は、社会人としても1人の女性としても、ずっと大切にしていきたい姿勢です。比治山女子での出会いは私の大切な宝物です。みなさんもこの学び舎でかけがえのない時間を過ごしてください。

●2009年 卒業

大学病院 看護師

熱意ある先生方のもと、
自分の夢に向かって
歩み出せる環境があります。

私は大学で、英語と国際政治を学んでいます。将来は外資系の企業や外務省などの行政機関に勤務し、世界を仕事の場として働くことをめざしています。高校1年の時に、約2カ月間のオーストラリア短期留学に参加したことがきっかけで、もっと英語を話せるようになりたい、英語を将来の仕事に生かしたいと考えるようになりました。比治山女子では、短期留学の他にも体育祭や文化祭など、学校行事での楽しい思い出をたくさんつくりました。また先生方には、いつも熱意ある授業や個人指導をしていただき、将来の夢の実現に向けて大きく背中を押していただきました。みなさんも比治山女子で自分の夢を見つけ、そしてその夢に向かって、たくさんのことを学んでください。

●2016年 卒業

私立大学 法学部 学生

社会で自分らしく輝く
女性となるための基盤を
身につけられる学校です。

私は東広島市の幼児教育施設に園長として勤務し、子どもたちが将来、豊かな人生を築くための基礎力を体得できるよう、日々、保育に取り組んでいます。高校時代に幼児教育の大切さを説いた新聞記事に感銘を受け、保育を通して社会に貢献したいと考えるようになりました。大学・大学院、そして海外の幼稚園などで研究と実務経験を重ね、自ら設立に携わったのが現在勤めているこども園です。比治山女子では、すばらしい先生方に出会い、感謝の心を持って誠実に人と向き合う姿勢を教えていただきました。みなさんも知性と品性、そして心の豊かさを学べる比治山女子で、社会で自分らしく輝ける女性となる基盤をつくってください。

●1999年 卒業

幼児教育施設 園長