スクールブログ Hygee's Garden

7

Aug 2014

2014年8月6日

カテゴリー:

原爆死没者69周年追悼式・慰霊式

広島に住まう私たちにとっては忘れられない一日が今年もめぐってきました。

今年度も護国神社前の慰霊碑において追悼式が行われました。

今年は台風11号が接近していたため、広島県全域で大雨警報が発令されており、足元が悪い中での追悼式となりましたが、卒業生の先輩方、退職された諸先生方、大勢の皆様にご参列いただき、またそのおそばで生徒会役員も参列させていただきました。

しとしとと雨が降る中での黙祷。その後粛々と式は進み、校長先生のお言葉につづき、生徒会長が「平和の誓い」を述べました。そして献花、みなで鎮魂歌「ほろほろと」を合唱し、式は滞りなく終了いたしました。

また学校に戻ってから、本校内で慰霊式を行いました。相変わらずの荒天のため、生徒たちは諸先輩方の御霊に思いをこめて、教室内で黙想をしました。その後生徒会役員で、瞑想の森の慰霊碑に献花をしました。

今年は原爆投下から69年目になりました。平成生まれの中学生・高校生にとって、また戦後生まれの人間にとって、「原爆投下」という出来事は本当の意味で正しく分かっていないかもしれません。しかし、その恐ろしさや悲惨さを正しく知ろうとしつづけ、伝え残そうとすることが私たちの使命だと思います。あの日から69年経った平和な現代だからこそ、改めてそのことを強く感じました。