スクールブログ Hygee's Garden

 11月20日(木)に高校1,2年生がそれぞれスピーチ・レシテーションコンテストを行いました。

発表だけでなく,司会進行も全て生徒たちが英語で行いました。

両学年とも特進コース,普通コースのクラス代表各(1名)はレシテーション部門に出場しました。

レシテーションとは,一定の量の英文を覚えて人前で発表することです。

今年度の題材は高1が今年度のノーベル平和賞受賞者,マララ・ユスフザイさんの国連スピーチ,高2が1960年代のアメリカ公民権運動時の黒人女性の話,女性の社会進出をテーマにした女性トロンボーン奏者の話,国際宇宙ステーション(ISS)の紹介でした。

英語コースは数名の代表がスピーチ部門に出場し,各自が書いたエッセイをもとにスピーチを行いました。

テーマは「私が訪れたい国」,「もし私が総理大臣なら」,「私の物語」,「将来の夢」,「日本文化」などで,堂々と発表してくれました。

各出場者が1か月近く練習してきた成果がよく表れたコンテストとなりました。

聴衆の生徒も静かに発表を聞き,終わった後は温かい拍手を送っていました。

今回の経験が,参加した全生徒にとって,英語学習へのモチベーションを高める良い機会になればと思います。