スクールブログ Hygee's Garden

9月6日(木)2、3校時 比治山女子高校卒業生を迎えての「おかえり先輩」の講座が行われました。今回は3時間目の高1の講座を取材しました。

こちらも卒業生であるフリーアナウンサーの玉田陽子さんの司会で、塩崎孝恵さんをお迎えし、お話をお伺いしました。塩崎さんは中四国初の女性警視になられた方で、退職された後も、広島市教育委員会 学校安全連携推進官で活躍されております。
塩崎さんからは、高校受験での挫折から何故警察官になったのか?やりたい仕事だったのでどこまでできるか? そして初めての女性警視に至るまでの紆余曲折の話、時に笑いもありながら沢山の興味深い話に、生徒達皆真剣に耳を傾けていました。

塩崎さんのお話の中で

「どこにチャンスがあるか誰もわからない、チャンスに気づく自分が大事」
「チャンスを生かすかどうかは自分次第、自分がやりたければチャンスはいつでもある」

という言葉があり、これから進路や就職など決めなければいけない局面に立つ生徒達の心にしっかりと残り、大変有意義な時間になったと思います。そして、

「自分を信じて自分と向き合い、自分のいいところはどこかを見つける」

という言葉を参考に沢山のいいところを見つけ、希望に向かって明るい未来を切り開くことのできる素敵な女性に成長して行くことを切に願います。
 
このような貴重なお時間を頂き感謝致します。
ありがとうございました。