スクールブログ Hygee's Garden

11月21日(水)の午後より、平成30年度授業研究会を実施しました。

今年の研究会の主題は、「深い学びにつながる授業実践の構築~比治山教育のさらなる発展に向けて~」でした。新学習指導要領でも一つのポイントとされる「深い学び」とは何かをテーマに、国語・数学・地理歴史・理科・保健体育・外国語・習字の授業担当者が、その具体的な授業像を提案するものでありました。各授業では本校の教員だけでなく、大学の先生方に助言者として参観していただきました。

プロジェクターやタブレット、書画カメラなどのICT機器を活用したわかりやすい取り組みや、ペアワークやグループワーク、ジグソー法などを用いた活発な議論など、生徒の「深い学び」につながる工夫がみられる授業が展開されました。

参観後には、授業者と参加者が各教室内で「授業についての協議」を行う時間帯が設けられて、授業内容や指導法等に関して活発な意見交換が行われました。授業研究会に助言者としてご協力いただきました、比治山大学現代文化学部の山﨑真克先生、鹿江宏明先生、佐々木淳先生、胡泰志先生、広島国際大学看護学部の西来路文朗先生、広島大学大学院教育学研究科の棚橋健治先生、広島文教女子大学人間科学部の森哲之先生、本当にありがとうございました。

またその後、教員研修会として広島文化学園大学教授・兵庫教育大学名誉教授で道徳教育研究の第一人者でいらっしゃる渡邉満先生をお招きして「中学校道徳科の実施と評価について」と題して講演をしていただきました。次年度より中学校では道徳が「特別の教科」として位置付けられることになっています。それに備えて教職員でこの研修を実施しました。渡邉先生、ご講演ありがとうございました。

 

このようにこの日は濃密な時間を教職員一同過ごすことができました。また今日よりこの研究会および研修会を糧によりよい教育実践を行ってまいりたいと考えていますのでよろしくお願いします。