スクールブログ Hygee's Garden

17

Jun 2019

芸術鑑賞

カテゴリー:

6月17日(月)、本日午後、全校生徒が講堂にて

東京演劇集団 風 による舞台、  「ヘレンケラー  ひびきあうものたち」  を鑑賞しました。

生徒たちは、ヘレンやサリバン先生、周りを取り巻く家族など、演技に引き込まれていました。
日本でも「三重苦を乗り越えた女性」として有名なヘレン・ケラー。
苦難を乗り越えた努力の人には、いつだってその傍らにアニー・サリバン先生と言う、唯一無二の理解者・導き手がいました。
同じ女性として、また一生学び続ける者として、ヘレンとサリバン先生から学ぶものはたくさんあります。
彼女らについてはこれまで何度も映画化され、物語が編まれましたが、
今回の東京演劇集団 風 による今回の公演は、
「人と人との出会いには必ず障害がある。現代はまさに、誰もがその難しさを抱える時代です。それでもなお人は繋がり、ひびき合い、自分らしさを獲得していきます。」 との言葉の通り、「出会い」の大切さ、「繋ぐ」素晴らしさ、そんなことを改めて気づかせてくれる舞台でした。