スクールブログ Hygee's Garden

11月21日(木)の3時間目に、高校3年生は学校生活最後の訓話を校長先生からいただきました。

今回は「感謝」をテーマとして、最初に、本校第3代校長、初代学園長である国信玉三先生のお話をテープで聞きました。

その後、校長先生は、カナダのラグビーワールドカップ代表選手の話や、日本昔話など様々な例を挙げてくださり、生徒はペアワークを行いながらこれまでの自身の「感謝」について振り返り、また将来どのようになりたいかを互いに話していました。

 

 

あと少しでこの比治山を卒業し、社会への第一歩を踏み出す高校3年生たち。

比治山の校訓でもある「感謝」の気持ちを改めて思いやるきっかけになったのではないでしょうか。