スクールブログ Hygee's Garden

先日、高1学年で平和学習を行いました。

本校では、毎年1週間の平和学習週間が設けられ、学年ごとでさまざまな視点で平和について考えます。

今年度の高1の平和学習は、「本校の被爆体験を知る」というテーマで行われました。

3時間目には、講堂に集まり、原爆の一報を伝えた本校卒業生の岡ヨシエさんなど、学生だった当時に被爆をされた方々の被爆体験をDVDで視聴しました。

4時間目には、各クラスに戻り、比治山高等女学校の第5期生の手記である「炎のなかに」を読み、それぞれに感じたこと、考えたことなどをまとめました。

同じ学生であったり、同じ比治山であったりと…今の自分たちと被爆者の方々とを重ね、自分がそこにいたらどう考えただろうか、などと今までとはまた違った視点で原爆について考えることができたのではないかと思います。

今年で広島に原爆が投下されて75年が経ちます。

当時を経験された方は少なくなってしまっていますが、その方々の思いを少しでも継承していくという思いを持ち続けてほしいと思います。