スクールブログ Hygee's Garden

8月6日,広島に原爆が投下され,今年で75年を迎えました。

本校では旧比治山高等女学校の生徒73名,教職員2名の,計75名が原爆で犠牲となり,このうち67名は,「中国軍管区司令部」での学徒動員の最中に被害にあわれて亡くなりました。そのため,軍の司令部があった現在の護国神社横にある慰霊碑の前で毎年追悼式を行っています。

今年は新型コロナウイルス感染症対応のため,生徒の参列は控えて,卒業生とその関係者,現教職員及び元教職員で実施しました。事前に録音した生徒代表の平和の誓いを流し,生徒たちの折った鶴を教員が代わりに御霊に捧げました。

 

原爆の恐ろしさを知っているということは,戦争や核兵器使用の抑止力になります。

しかし,あの日から75年が経ち,当時のことを知る人は少なくなっています。

その中で先輩たちの思いを次世代につないでいける比治山生でいてほしいと思います。