スクールブログ Hygee's Garden

2月15日(土)に中一、中二の探究活動報告会がありました。

中一は多目的ホールでの発表、ロビーでは美術や書道の展示がありました。

中一の英語劇では昔話の浦島太郎を授業で習ったことを活かし上手に発表していました。

 

社会科の発表では登下校で使う道のハザードマップを自分達で一から作って発表していました。

中二は国信ホール前で作品展示と各班の研究内容の展示がされていました。

 

中二の職場体験はこれから大人になっていく過程で将来何になりたいか、どういう仕事に就きたいか等、本当に為になる貴重な経験ができていると感じました。

最後に、全員で音楽会の課題曲を保護者の前で披露しました。

澄んだ歌声はとても心に染みました。

 

本日1時間目に、中学校2、3年生が、百人一首かるた大会を行いました。

 

生徒たちの意欲も高く、これまで授業で練習してきた成果を発揮し、上の句が読まれるや否や小気味よい音をさせて札を取る生徒が多くいました。

 

 

また、お気に入りの札が取れると、大変喜んでいました。

中には一人で半分以上の札を取る生徒も。

見ているだけでも、たいへん楽しめる大会になりました。

 

最後には学年クイーンとクラスクイーンに、トロフィーが贈られました。

 

また、当日個人の部の集計も現在行っており、上位入賞者には景品が贈られる予定です。

みなさん、よくがんばりました。

21

Jan 2020

高1 進研模試

カテゴリー:

本日は、高1最後の模試です。

午前からずっと頑張って受験しています。

 

高3は先日センター試験を終え、これから2次試験に向けて頑張っています。高1もぜひ先輩たちに続いて頑張ってもらいたいと思います。

アメリカ招聘演奏旅行その4

アメリカ3日はいよいよジャクソンカウンティ総合高校へ

学校が終わるまでの間、アトランタ市内を少しだけ観光しました。
世界最大級のジョージア水族館、バスの中からですが、キング牧師の生家やお墓、CNNでは昼食もとりました。

その後ジャクソンカウンティ総合高校へ移動し練習、ホームステイの家族との対面式をし、各家庭に帰宅しました。
どの生徒も英語でのコミュニケーションを積極的に取ろうと頑張っていました。日本では中々自分から話に行けない子も、チャレンジしていた姿は成長を感じます。

どのご家庭も、私たちが来るのを長い間とても楽しみにしていていただいていたようで、喜ぶ家族を見て現地の先生が涙を浮かべておられました。本当にありがたいです。

現地の先生のお話から
「アメリカの吹奏楽は、日本の吹奏楽のレベルに追いつきたいと思っている。以前のサンフランシスコでの演奏会もとても素晴らしいコンサートだったと聞いています。今回も比治山女子高校の演奏を生で見ることができるのを生徒達もすごく楽しみにしていました。皆さんの演奏から沢山のことを学びたいと思います。」


明日は朝からジャクソンカウンティ総合高校に登校し、キャンパスツアー、吹奏楽部とのジョイントコンサートです。開演は19時、多くの期待を力に頑張りたいと思います。

いよいよ出発します。

これから13時間のフライト後、アトランタに13日16時過ぎに到着です。

無事に辿り着けますように。

 

 

吹奏楽部はアメリカ アトランタで開催される音楽祭、ジャンフェストにおいて、スペシャルゲストとしてコンサートを行います。

本日13日〜19日の日程でジャクソンカウンティー総合高校との交流演奏会、メインのジャンフェストでのコンサートなどなど、沢山の経験をしてきます。

 

 

 

12月15日(日),広島市南区スポーツセンターで,第25回広島県高等学校なぎなた新人大会がありました。この大会に本校より10名の生徒が参加しました。

結果は次のとおりです。

演技の部  2位 廣本(高2)・前田(高2)       3位 長西(高2)・原田(高2)

団体の部  2位 比治山女子Aチーム【原田・前田・長西】

3位 比治山女子Cチーム【石田(高1)・山本(高1)・山下(高1)】

参加した10名の比治山生全員が,高校入学後に始めた「なぎなた」ですが,一人ひとりが日々努力を重ね,素晴らしい結果を残すことができました。今後も,来年のインターハイを目指して精進します。

 

11月25日午前7時30分から,JR広島駅南口広場で,犯罪被害者週間(11月25日~12月1日)にあわせて街頭キャンペーンに、ソフトテニス部員の14人が「一日被害者支援員」として参加しました。

一日被害者支援員指定式の後,関係機関や団体の方と一緒に相談窓口を記載したリーフレットやチラシなどを配布し、犯罪被害者支援活動に対する理解と協力を明るく笑顔で呼びかけていました。

「広島被害者支援センター」をはじめ関係機関の方々、そして広島駅利用者の皆様、本校生徒に社会貢献活動の場を設けていただき、ありがとうございました。

 

11月25日(月)、全校朝礼が行われました。

朝礼の前に表彰式が行われ、今回もたくさんの生徒が壇上に上がりました。

多くの部活動や作文等で優秀な成績や努力をした生徒たちに賞状が贈られました。

 

 

朝礼では、校長先生からつい先日来広されたローマ教皇の言葉にふれ、感謝を尊ぶ気持ちは国や思想を問わず共通であることをお話しされました。

その後、生徒会から谷川俊太郎訳の「世界人権宣言」の紹介がありました。

これから本校で始まる人権週間で、自分や周りの人について考えるきっかけとなったことでしょう。

 

11月14日(木)、国信ホールにて、「第63回中学音楽会」が行われました。

まずは牧先生ご指導のもと、発声練習から始まり、各クラス課題曲、自由曲の2曲ずつ発表していきました。

 

中1は初めての音楽会ということで緊張した面持ちながら元気よく、中2は力まず美しい歌声でした。中3は課題曲が難しかったようですが、どのクラスも素晴らしかったです。

優秀賞は中1藤組、中2桜組、中3藤組、最優秀賞は中3藤組でした。

生徒のみなさん、当日まで練習おつかれさまでした。比治山生らしい聡明な歌声でした。

 

 

同日、3,4時間目には、国信ホールにて高1、高2のレシテーション・スピーチコンテストが行われました。

 
普通・進学コース、特進コースでは各クラスの代表者1名が課題を選び、発音や話の進め方等も含め暗唱できているかを競いました。
英語コースでは、高1・5名、高2・4名のクラスの代表者が自分の夢や、体験談、身近な話題などそれぞれ創意工夫した英文をスピーチしました。

普通・進学コース、特進コースの暗唱では、緊張の中、一人一人がしっかりと発表し、日々の練習の成果を発揮していました。

英語コースは素晴らしい発音と手の動きなどを取り入れた表現、こちらも日頃の授業の取り組みが確実に発揮されていました。

 

 

このコンテストの発表を聞いて更なるスピーチ力の向上を求める生徒が増えていくのではないでしょうか。