スクールブログ Hygee's Garden

新型コロナウイルスによる感染症の流行状況をふまえ、この度の定期演奏会(4月19日(日))は「非公開」開催といたします。誠に残念ですが、OGのみなさまや地域のみなさまをお客様としてお招きできませんことをここにご報告させていただきます。

新型コロナウィルスによる感染症の拡大防止とお客様の健康を第一に考え、演奏会の延期を決定しました。

現状では収束時期が見通せず、今後の対応も難しい状況にありますが,今後の日程等が決まりましたら改めてお知らせいたします。

 

新型コロナウイルス感染症が国内で拡大している状況を受け、生徒、ご来場されるお客様の健康・安全を考慮した結果、令和2年3月28日に予定しておりました合唱部定期演奏会を中止させていただくことにいたしました。

楽しみにお待ちいただいておりました皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

 

先日23日に呉市テニス協会主催のダブルス大会が行われました。

この大会は一般女子の部でA級~D級までクラスが分けてあります。

本校からは先週東広島の大会で優勝した中学3年生と,高校2年生のペアがC級に参加しました。

予選はリーグ戦で行われ,その後決勝トーナメントという形式でした。

 

結果は,見事優勝でした。

中3の生徒は2週連続での優勝になったので,実力も安定してきている感じがします。

来週から学年末試験が始まるので,気持ちを切り替えて勉学にも励みましょう。

 

 

2月8日,9日に2019年度 中国高等学校新人バレーボール選手権大会が行われました。

      

予選リーグで島根県1位の安来高等学校,鳥取県3位の米子西高等学校と対戦しました。

まず安来高等学校戦ですが,セットカウント1-2で敗れました。

次の米子西高等学校との試合は,2-0で勝利しました。この結果,残念ながら決勝トーナメントへの進出はなりませんでした。

決勝トーナメントに進出できれば中国地方でベスト8以上ということになります。

次回以降も出場を継続し,中国ベスト8以上を実現させたいと思っています。

今後とも応援をよろしくお願いいたします。

2月16日に,アクアパーク(東広島運動公園)で東広島テニス協会主催の中高生テニス大会が行われ,本校からは中学3年生が1名参加しました。

この大会は中学1年生の部と,中学2,3年生の部,高校生の部に分かれて試合が行われます。

 

中学2,3年生の女子の部に参加した生徒ですが,今回はなんと優勝することができました。

人生で初の優勝だったこともあり,とても笑顔が印象的でした。

 

おそらく中学生として参加する最後の大会になりますが,最後にとてもよい経験になったと思います。

これから高校生になっても,常に上を目指し頑張ってくれることを期待しています。

本日2月8日、翔洋テニスコートで第12回広島近郊中学校テニス大会(5人制団体戦)が行われました。

この大会は女子の部のみで、オープンの部と1年生の部があり、今回はオープンの部10チーム、1年生の部7チームの参加がありました。

一日中試合ができる方式になっており、夕方までほぼ休憩なく試合が行われました。

結果ですが、オープンの部はなんと2位に入賞する事ができました。1年生の部は惜しくも3位入賞ならず、4位という結果で終了しました。

これまでにやってきたことがしっかり出せた生徒、あと一歩というところで弱気になってミスが出てしまった生徒、いろんな経験ができたと思います。

今回の経験が次につながるよう、一層練習に励んでくれることを期待しています。

会場にきて頂いた保護者の皆様、寒い中応援ありがとうございました。

  

年が変わり,新チームが始動しました。

1月11日,12日に新人戦の広島地区予選が行われ,地区ベスト4を達成しました。

18,19日の広島県大会では2年連続のベスト8でした。

 

この結果,中国大会への出場が決まりました。中国大会は2月8日に広島経済大学,9日に東区スポーツセンターでそれぞれ行われます。

熱い応援をよろしくお願いします。

2月1日(土),2日(日)に,鳥取市 とりぎん文化会館で「第43回全日本アンサンブルコンテスト中国大会」が行われました。

比治山女子吹奏楽部からは,高校の部で打楽器八重奏が広島県代表として出場し,金賞を受賞しました。

今回の大会での経験を今後の活動に活かしてほしいと思います。

また,今日まで支えて下さった,たくさんの方々に本当に感謝申し上げます。ありがとうございました。

1月17日~19日の三日間にわたって、福山市のローズアリーナにおいて

全日本高等学校選抜ソフトテニス大会中国地区予選会が行われました。

私たち比治山女子高校は広島県第2代表として参加させていただきました。

この大会はその名前のとおり全国選抜大会につながるものです。

去年はこの大会に出ることはできず、来年は必ず参加するぞ、と誓った試合。

そして昨年秋にこの大会への出場が決まってからも「全国大会出場」を目標に力を蓄えてきました。

 

土曜日から本格的に試合がはじまり、私たちは各県の第二代表と全5チームのリーグ戦。

二日間で団体4試合の長丁場です。

各県2位の学校さんですので、こちらがミスをするとすぐに流れを取られてしまいます。

1試合目から本校の選手たちは固くなりながらも一打一打に集中してプレーしました。

応援の生徒たちも大きな声をだして、仲間のプレーを後押しし、

チーム一丸となって、一つ一つ勝ち星を重ねました。

 

そして二日目の最終戦、岡山県の山陽女子高校さんとの試合。

気持ちで負けない、絶対に勝つ!強い気持ちで臨みました。

 

しかし、やはり強豪校の山陽女子高校さん。

こちらが良いプレーを出しても、それを上回るファインプレー。

いつもだったら決まっているコースでも、ボールが返ってくる。

全国への壁の高さを改めて感じる結果となりました。

最終結果は2位リーグで3勝1敗。

しかし生徒たちは決して嬉しそうな顔をしていませんでした。

今回はその全国へのチャンスを逃してしまいました。

チャンスはそう多くやってきません。

次は、もうインターハイ予選です。

何が足らないか。何を身に付けなければならないか。

考える時間も限られています。

今回の悔しさをバネに、つぎこそは。

部員全員で前に進んでいきます。

 

最後になりましたが、応援いただきました保護者の皆さま、

関係者の皆さま、本当にありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

1 / 3612345...102030...最後 »