スクールブログ Hygee's Garden

バトン部は、11月4日に広島県立総合体育館で行われた第36回バトントワーリング中国大会に出場しました。

高校1年生6名は『道化師』をテーマに、コンテストの部で演技を披露しました。金賞(1位)を頂きましたが、悔いが残る演技となり今後の練習への課題も見つかりました。

また、中学生・高校生14名でフェスティバルの部に出場しました。「春よ来い」の楽曲にあわせ、優しさの中にも力強さのある演技を披露しました。

今後も,1人1人の技術を向上させるとともに,チームとしての表現力を磨いていきたいと思います。指導して下さるコーチをはじめ、保護者の方々、OGの方々、全ての方に感謝いたします。

令和元(2019)年度  文化祭  9月15日(日)

クラブ発表公開順(時間)

講堂

ダンス同好会 ダンス  9:10~ 9:40
なぎなた部 リズムなぎなた  9:40~10:10
バトン部 演技 10:10~10:40
箏曲部 演奏 10:40~11:10
ギター・マンドリン部 演奏 11:10~11:40
吹奏楽部 演奏 11:40~12:50
演劇部 演劇 12:50~14:00

 

国信ホール

合唱部 合唱  9:30~10:00
フォーク部 弾き語り/バンド 10:30~12:00

バトン部は、8月16日(金)~8月19日(月)に東京(武蔵野の森総合スポーツプラザ)で開催されたジャパンカップ マーチングバンド・バトントワリング全国大会に参加しました。
高校(3年)個人バトントワリング部門では、高校3年 上原彩智栄さんが見事第3位に輝きました。シンデレラをテーマに華麗な演技を披露しました。

高校バトントワリング部門に出場した高校1年生は、第6位入賞(28チーム中)を果たしました。6人という少人数での出場でしたが、息の合った演技を披露し、会場からも多くの声援をいただきました。

来月の文化祭では、ステージ発表に参加します。ぜひご覧ください。

バトン部は、7月27日から佐賀県で開催されている第43回全国高等学校総合文化祭に

広島修道大学ひろしま協創高校との「広島県合同バトンチーム」として参加しました。

初日のパレードでは、広島市立沼田高校 吹奏楽部の演奏にあわせて、佐賀市街地を歩きました。

 

マーチングバンド・バトントワリング部門では、葉加瀬太郎の『JOY OF LIFE』の曲に合わせて華麗な演技を披露しました。

広島からかけつけてくださった保護者の方々からの声援を力にかえ、

生徒達は緊張感に包まれながらも日頃の練習の成果を発揮することができました。

今年度、本校からは高校1年生6人が参加しました。先輩が引退し、初めての遠征でした。

今回の反省や課題を今後のクラブ活動に活かしていきます。

最後に、ご指導してくださるコーチ、衣装作りをはじめ細やかなサポートをしてくださる保護者の皆様、

本校バトン部を応援してくださる皆さんに感謝します。

来月行われる次の大会に向けて頑張ります。

令和になって最初のフラワーフェスティバルが、5月3日から5月5日まで開催されています。

今年もバトン部が、パレードに参加しました。

今年は、比治山学園創立80周年ですので、記念ブースも白神社前に出店しています。是非、足を運んでください。

本校の卒業生には、同窓会から素敵な記念品も準備されています。

皆さんこんにちは。 比治山女子中学・高等学校ギターマンドリン部です。

2019年4月27日(土)の14:00より、本校ギターマンドリン部による第29回定期演奏会が開催予定です。

入場は無料ですので、ご家族・ご友人などお誘いあわせの上、お気軽にご来場ください。

会場: 南文化センター( 広島県広島市南区比治山本町16−27)
料金: 無料

曲目: 町の祭典(V. フィリッパ作曲/中野 二郎編曲)

第一タランテルラ(G.B. ラ・スカラ作曲)他

4月15日(月)の昼休憩に,吹奏楽部が新入生歓迎のランチコンサートを行いました。

当日は新入生だけでなく,たくさんの在校生や先生方も聴きに来て下さり,とても盛り上がりました。

短い時間ではありましたが,お天気にも恵まれ,楽しい時間を過ごすことができました。

 

平成31年4月14日(日)

小雨の中、第42回黄金山(こがねのやま)フェスティバルに参加してきました。

黄金山地区社会福祉協議会が主催し、地域の子どもからお年寄りまで、多くの人たちが参加してたいへん盛り上がる行事です。

演技のテーマは「美女と野獣」です。演技の合間、演技終了後には会場から、大きな拍手と称賛の声をたくさんいただきました。

また、フラワーフェスティバルのパレードにも参加しますので、どうぞ見に来てください!

平成31年1月22日より、広島駅構内で本校放送部による案内放送が流れています。

この放送が広島駅を利用する人達に役立っているということで、広島駅長さんと副駅長さんが、広島駅の職員の方々が書いてくださったお礼の色紙をもって来てくださいました。

英語による案内放送もあります。広島駅で列車待ちをしている合間に流れますので、聞いていただければ嬉しいです。

記念品に、豪華列車「瑞風」のタオルもいただきました。

 

1月21日,放送部の高校生5人がJR広島駅の構内アナウンスに挑戦させて頂きました。

まず最初に,駅長さんと副駅長さんお二人が,大変温かく迎えてくださいました。

そのあと,在来線の運行管理をしている指令室に入って,いざ収録です。大きなモニターには,9番線まであるたくさんのホームに次々と列車が出入りする様子が映し出されており,いやがうえにも緊張が高まってきます。

読んだ後は,副駅長さんの案内で,実際のホームまでいって録音した音声をチェックです。「気に入らなければ何度とり直してもいいよ」と言っていただき,ホームと指令室の間を何度も往復しました。気がつけば2時間。夕方のお忙しい時間帯に,最後まで笑顔で付き合っていただきました。

今回収録させていただいた音声は,列車がホームに到着する合間,利用客にお知らせやお願いをするもので,全部で5つあります。放送の最後には,「比治山女子高校,放送部でした」とクレジットが流れますので,拙いアナウンスですが,JR在来線を利用される際はぜひ聞いてみてください。

最後に,駅長・副駅長さんはじめ,今回の体験に関わっていただいた全てのJRの職員の方々にお礼申し上げます。どうもありがとうございました。

1 / 1212345...10...最後 »