スクールブログ Hygee's Garden

今週、日曜日に本校の文化祭が行われます。
ぜひ、お越しください!

国信ホール発表スケジュールはこちらです!進行によって多少時間がずれることはあります。

講堂発表スケジュールはこちらです!進行によって多少時間がずれることはあります。

9月8日(土)、翔洋テニスコートにて広島地区新人戦・団体戦が行われました。

あいにくの悪天候で、実施されるのかどうか、心配するほどでした。

一時的に中断することはありましたが、1試合目から決勝まで順に行われました。

私たち比治山女子は、シードをいただき、2回戦からの試合となりました。

小雨~小康状態でしたが、やはり雨でラケットやボール、

地面が濡れたなかでのプレーは、相手の選手たちとの戦いであることはもちろんですが、

ストレスや体の硬直など、自分自身との戦いでもありました。

 

 

選手同士はもちろんですが、部員全員で応援をしながら

何とか準決勝まで進むことができました。

新しい応援の声掛けをつくってみたりするなど、

みんなで明るく試合に臨めたのはとてもよかったと思います。

 

結果、3位タイとなることができ、夏休みの厳しい練習の成果が出せたのではないか、と思います。

 

とはいえ、いつもは取れるボールが取れなかったり、

打込めるボールをミスしてしまったり、反省が残りました。

「雨」を言い訳にすることは簡単ですが、

それは他の学校の皆さんも同じです。

なぜそういうミスが出てしまったのか、私たちになりに考えて次の試合に臨みたいと思います。

 

最後になりましたが、大雨の中、会場まで応援にいらしてくださったご家庭の皆さま、

本当にありがとうございました。

これからも応援をよろしくお願いいたします。

9月8日(日)女子の部 総合3位(初です!) 

トラックの部5位 フィールドの部3位

チームとしては、過去最高順位と得点を記録できました。

本日も雨の大会となりました。本日の8位入賞者は以下の通りです。

800m4位 加藤(高1) 400mハードル5位 小鳥田(高1)・7位 松田(高2)

4×400mリレー6位 ①吉川(高2)②松田(高2)③野見(高1)④堀田(高1)

その他、200m・3000m・やり投で県大会出場が決まっています。

補助員は、表彰係を2日間皆で分担して頑張りました。

今回の大会で、自己ベストが出た者もいますし、うまくいかなかった者もいます。次の県新人大会では、出場選手全員が納得のいく結果を出せるように、2週間を過ごしたいと思います。

9月8日(土)

本日より、広島地区高校新人大会がコカコーラボトラーズジャパン広島スタジアムで開催されています。

高1・2年生大会となります。

大会1日目は、雨が降ったり止んだりの中での開催となりました。各種目で予選と決勝が行われ、各種目20位までが2週間後に行われる県高校新人大会への出場権を獲得します。

1日目の8位入賞、または決勝進出者は以下の通りです。

〇400m5位 松田(高2) 〇1500m3位 加藤(高1)・12位 桐木(高1) 〇5000m競歩3位 次郎垣内(高1)

〇4×100mR5位 ①吉川(高2)②小川(高1)③野見(高1)④堀田(高1)

予選①吉川(高2)②小川(高1)③小鳥田(高1)④野見(高1)

〇走高跳3位 田中(高2) 〇棒高跳1位(大会新)吉川(高2)・7位 小川(高1) 〇走幅跳8位 野見(高1)

〇ハンマー投4位 高橋(高1)・5位 椿(高2)

※この他、100m・400m・100mハードル・円盤投でも県大会出場が決まっています。

 

2日目の9日(日)も様々な種目で予選・決勝があります。雨がかなり降る予報となっていますが、その中でも力を発揮してきたいと思います。

9月3日(月)

1日(土)は、授業後より庄原市へ移動し、長距離ナイター記録会に参加しました。日も沈みかけ、涼しくなってきた中での競技に臨みました。

長距離メンバーにとっては、久しぶりのトラックレースになりました。1週間後の地区新人大会に向けて、収穫と課題を持ち帰りました。週末の新人大会で結果を出すべく、再び練習していきます。

2日(日)は、練習は基本的にはOFFでしたが、やり投の選手1名のみ、学校で午前中に練習しました。

何と、現役で中国五県選手権も優勝された、素晴らしい方に指導をお願いしました。日頃より、様々な方に快く指導していただき、感謝しております。

こちらも地区新人を週末に控え、課題を克服するためのヒントをたくさんいただきました。

動きづくりもそうですが、自分の身体の意識の仕方、イメージの方法、何よりやらりすぎてはいけない練習やどんどんやった方がいい練習など、とても勉強になった練習となりました。

改善点を意識し、自己記録を更新して、良い報告をしたいと思います。

朝練習は基本的にフリーですが、本日3日(月)は多くの選手がグランドに出てきて、自分の練習に取り組んでました。週末より始まる新人大会へ向けて、部内の機運も高まってきています。

 

8月30日(木)

25日・26日には、中学市総体がエディオンスタジアムで開催されていました。

1年生の部で松田(中1)が走高跳で1位となりました!

優勝記録は、自己記録に届かないものなので、本人は納得いっていないと思いますが、秋のシーズンに向けて、技術を高めて、もっと上で勝負できるようにしていきたいと思います。

中学生は、次は9月2日(日)のジュニアオリンピック突破記録会に出場予定です。

そして、これまた以前になりますが、3月末(みんなまだ長袖を着てます)、元EXOS所属、現日本バスケットボール協会パフォーマンスコーチをされている、阿部勝彦さんを講師に迎えて、指導をしてもらいました。

お忙しい中、指導の合間をぬって来広、来校いただきました。

テーマとしては、「スムーズな動きをつくる:重心移動をいかにしていくか」

それを実践するための身体の準備やケアの方法、強化の方法、そして動きづくりなどなどみっちり1日指導していただきました。教えていただいたことは、現在も日々の練習にも入れており、継続して行っています。

実に、色々なアプローチの方法があるかと思いますが、まずは知ること。そして、良いものを導入していくこと。

さらには、継続していくこと。阿部さんにもまたご指導していただく予定です。

「第59回広島県吹奏楽コンクール」は8月2日から12日にかけてHBGホール(広島文化交流会館)で行われました。本校からは高校A部門、高校B部門、中学校小編成部門の3つの部門に出場しました。3つのチームとも金賞をいただきました。さらに、高校A部門は8月25日に岡山県倉敷市で行われた「全日本吹奏楽コンクール中国大会」に広島県代表として出場し、銀賞を獲得しました。

吹奏楽部はこの度初めて中学校小編成部門へ出場しました。中学生にとって、先生方に導かれながら、先輩たちの背中を必死に追いかけて過ごしてきた日々が、この夏最高の思い出になるのではないかと思います。ついこの間までまだ小学生だったわが子の成長を心より嬉しく思いました。

県大会で金賞を手にした高校B部門は、12人という少ない人数で心を一つにして大会に臨みました。中国大会で銀賞を獲得した高校A部門は、連日貸会場のホールで朝から夜遅くまで練習を重ねました。例年以上の暑さと先般の豪雨災害で強いられたたくさんの不便に耐えて、みんなで流した汗はこれからの人生できっと大きな支えになるのではないかと思います。

吹奏楽部顧問の先生は保護者宛ての大会結果報告メールに次のように綴っておられました。「3チームそれぞれ,賞以上に得られたことや学んだことが多かった大会だったように思う」。保護者として、日々多忙を極めながら指導してくださる先生方にあらためて感謝を申し上げます。また、これからもできる限りサポートし、引き続き応援しようと、あらためて思いました。

 

部員たち手作りのリーフレットです(写真)。それぞれ本番の日のタイムスケジュール、役割分担などが分刻みで書き込まれていました。何より、女子力半端ないって(微笑み)

8月25日(金)にかけて,岡山県倉敷市にて「第59回全日本吹奏楽コンクール中国大会」の高等学校の部が行われ,比治山女子吹奏楽部が,広島県代表として出場いたしました。

大会前には台風が接近し,天候が心配されましたが,無事に大会に参加することができました。

演奏の結果,銀賞を受賞いたしました。保護者の皆様をはじめ,今日までたくさんの方々にご支援や応援をして下さり,誠にありがとうございました。

8月27日(月)

25日・26日の土日は、福山市で開催された県対抗陸上に参加してきました。8月上旬にあった地区大会には、合宿中の長距離は、競技には不参加でしたので、短距離陣のみで福山へ行ってきました。1・2年生でまったく調整をせずに臨んだ大会になりました。いい面も、改善していかなければいけない面もあり、これからが勝負です。

大会では、先週に続き、自己新をマークした吉川(高2)が棒高跳で3m10の2位になりました。次回地区新人には、短距離・長距離全員で、両リレーを含め各個人の種目で来シーズンを見据え、しっかりと戦っていきたいと思います。

 

27日月曜の本日は、短距離陣は試合明けで練習は休みでしたが、長距離は、道後山クロカンパークで走ってきました。

新人戦、駅伝を見据えて。

今日のクロカンコースは、ほぼ貸切状態でした。

クロカンコースやトラックで走ったり、競歩をしたり。練習後は、川でアイシング。。。

明日は学校で練習です。29日(水)からは授業が再開されます。

8月24日(金)

1ヶ月前になりますが、7月16日に、比治山女子高校グランドにおいて、北京五輪4×100mリレーメダリストの高平慎士さんを講師に迎え、特別練習会を開催しました。

ただ、走る、動くだけでなく、自分のからだをどのように動かしたいか、状況判断をどうするかを色んな練習で考えさせていただきました。普段使わないバレーボールも登場し、生徒は頭を使って、楽しみながら3時間動きました。

 

時には、グループで行ったり、競争したり。

時折、実技で見本を見せていただきましたが、動きはさずがです!速い、大きい、弾む!

自分のイメージする良い走りを思い描き、走りました。

そして、最後には、生徒の色々な質問に答えていただきました。

これから、自分がどんな選手になりたいのか、行う練習にきちんと目的を持ち実行できているのか、などを考えながら、日々取り組んでいきたいと思います。

次回は9月にご指導いただく予定です!わずかの期間ではありますが、心身ともに成長した姿を見ていただきたいと思います。