スクールブログ Hygee's Garden

11月10日・11日の二日間にわたって、びんご運度公園にて県新人戦の団体戦が行われました。

両日ともきれいな秋晴れで、陽なたでは暑いくらいの気候でした。

初日。私たち比治山女子は、2回戦からの組合せをいただき、

朝から選手はもちろん、応援の生徒も一緒に、試合開始までの時間を調整にあてて過ごしました。

午後2時をまわったころに緒戦でした。

ボールをコントロールできなかったり、

足が動かなかったり、思った通りに試合をすることができません。

何とか緒戦を突破することができましたが、各選手、課題が残りました。

二日目は長丁場、勝ち残りのトーナメントが続きます。

3回戦・4回戦と試合が進むにつれ、自分たちのミスが許されない状況が増えていきます。

相手の選手たちも素晴らしいボールを打ち込んでくる中で、

我慢のプレーを続け、かつ大事なところで攻める。

各選手が一本一本を大事にプレーしていきました。

なんとかベスト4に残ることができ、決勝リーグ戦に参加することができました。

決勝リーグでは、強豪校との力の差をいろいろな場面・瞬間で感じさせられました。

一つ一つのプレーに対する自信、

流れの中で、ミスしてはいけない一本を取りきる力、などなど。

自分たちに足りないもの、これからの練習で磨いていかなければならないことを、

試合の中でたくさん感じることができました。

 

結果としては大会4位。中国大会への切符を得ることができました。

夏に3年生が引退した後、頑張ってきた1・2年生たちの努力が、良い結果となりました。

しかし、今のままでは中国大会では歯が立たないでしょう。

比治山女子に足らないもの、今回の反省を生かして、

日々の練習に取り組みたいと思います。

最後になりましたが、応援に駆け付けてくださいました、

保護者の皆さま、関係の皆様方、本当にありがとうございました。

これからもよろしくお願いいたします。

さる10月27日・28日両日に、広島翔洋テニスコートにて、

広島県新人戦の個人戦が行われました。

県内からたくさんの選手が集まる試合で、この冬の大会にもつながる大事な試合です。

地区大会から少し時間がたっていることもあり、

気持ちも新たに選手たちも試合に臨みました。

 

初日の朝、前日からの降雨でコンディションが悪く、

試合順の変更などがある中でのスタートとなりました。

1回戦は全ペアが突破し、全員が二日目に残ることができました。

 

二日目、二回戦の残りからスタート。

気温は低めでしたが、天候もよく、コートの状態も回復して

風も比較的穏やかな中での試合となりました。

2回戦の残り、3回戦、4回戦と試合が進む中で、

緊張や相手選手に押されて段々と苦しい場面も増えてきました。

勝ち残れば勝ち残るほど、力のある選手たちとの試合が増え、

比治山の選手たちも自分たちに足らないものを、まざまざと見せつけられました。

 

 

 

最終的には、清水・石田ペアが3位入賞、

ベスト16に1ペア、ベスト32に2ペアが残ることができました。

選手たち全員、今回の大会で勝つための技術・心の持ち様、

自分の長所短所といった事柄を見つめなおすことができたと思います。

 

今週末・来週末と、県新人戦のシングルス・団体戦が続きます。

それぞれの大会でも今回の反省が生かせるよう、

部一丸となって頑張っていこうと思います。

 

最後になりましたが、応援・ご支援いただきました、

保護者の皆さま、卒業生・高校3年生のみなさん、

本当にありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

9月8日(土)、翔洋テニスコートにて広島地区新人戦・団体戦が行われました。

あいにくの悪天候で、実施されるのかどうか、心配するほどでした。

一時的に中断することはありましたが、1試合目から決勝まで順に行われました。

私たち比治山女子は、シードをいただき、2回戦からの試合となりました。

小雨~小康状態でしたが、やはり雨でラケットやボール、

地面が濡れたなかでのプレーは、相手の選手たちとの戦いであることはもちろんですが、

ストレスや体の硬直など、自分自身との戦いでもありました。

 

 

選手同士はもちろんですが、部員全員で応援をしながら

何とか準決勝まで進むことができました。

新しい応援の声掛けをつくってみたりするなど、

みんなで明るく試合に臨めたのはとてもよかったと思います。

 

結果、3位タイとなることができ、夏休みの厳しい練習の成果が出せたのではないか、と思います。

 

とはいえ、いつもは取れるボールが取れなかったり、

打込めるボールをミスしてしまったり、反省が残りました。

「雨」を言い訳にすることは簡単ですが、

それは他の学校の皆さんも同じです。

なぜそういうミスが出てしまったのか、私たちになりに考えて次の試合に臨みたいと思います。

 

最後になりましたが、大雨の中、会場まで応援にいらしてくださったご家庭の皆さま、

本当にありがとうございました。

これからも応援をよろしくお願いいたします。

先日8月23日に、地区新人戦・個人戦二日目が行われました。

台風の接近が心配される中、広島市内は午前中から風の影響の中での試合となりました。

夏休みの間の練習の成果が試される、我慢の試合となりました。

結果、3ペアがベスト16、2ペアがベスト32となることができました。

 

選手全員、夏の練習でどれだけ自分の力が伸びたかを確認できる、いい機会となりました。

みんな、普段の練習ではあまり感じることのできない自分の成長を実感できたのではないかと思います。

 

とはいえ、まだまだ足りていないところがあるからこそ、全員勝ちのこることができていません。

つぎは地区新人戦の団体戦が控えています。

次の目標にむけて、自分たちの力をより一層高められるよう、練習を積んでいきたいと思います。

 

最後になりましたが、平日にもかかわらず応援に駆け付けてくださった保護者の皆さま、

高校3年生のみなさん、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

いよいよ地区新人戦が始まりました。

初日の8月21日(火)は個人戦1日目、8ペアがエントリーしました。

代交代してから初めての公式試合ということもあり、選手たちも緊張した面持ちでした。

 

朝一番は曇りで、わりと過ごしやすい気温でしたが、

昼に近づくにつれて日差しも強くなり、気温も上がりました。

選手たちも自分の試合に向けての調整に一苦労でした。

 

初日の結果は、全員が1回戦突破、6ペアが2回戦を突破しました。

大会二日目は8月23日(木)です。

台風の影響が心配ですが、しっかりと調整して、当日を迎えたいと思います。

応援にいらしてくださった保護者・ご家族の皆さま、OG・高校三年生のみなさん、

暑い中本当にありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。

8月5日~6日、加計高校芸北分校さん主催の合同練習(夏合宿)にお邪魔してきました。

比治山女子のほか、県外からも参加校があり、全5校での練習試合・合同練習でした。

 

北広島町ということで、広島市内よりは涼しい気候でしたが、初日は雲もなく日差しはとても強いなかでの練習となりました。

途中、保護者の方からスイカの差し入れをいただきました。やはり夏は冷えたスイカ、です。とてもおいしくいただきました。

宿泊は芸北国際スキー場さんにお世話になりました。食事はもちろんですが、空気がとても澄んでいて、夜空がとてもきれいでした。早朝の散歩もとても気持ちよく行うことができました。

二日目は初日に比べると雲も多く、初日よりは過ごしやすい気候でした。

二日間を通して、自分たちが今できていないことを再確認することができる場となったと思います。他校の生徒さんとの交流も深まり、とても意味のある合宿となりました。今後の目標は21日から始まる地区新人戦です。1・2年生だけになって最初の公式戦となります。あと2週間弱の時間を有効に使って、1試合でも上にいけるよう、部員全員で頑張っていこうと思います。

最後になりましたが、応援に駆け付けてくださった保護者の皆さま、本当にありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

7月20日から3日間にわたって島根県松江市・総合運動公園で開催されました、第61回中国高等学校ソフトテニス選手権大会に出場しました。昨月の県大会において出場権をいただき、いよいよ迎えた目標の大会です。楽しむことはもちろんですが、しっかりと結果が出せるよう、選手たちは気合を入れて大会に臨みました。

初日(7/20)は公式練習ということで、体をほぐしながら会場のコートへの慣熟を行いました。今年の春にルーセント杯で一度お邪魔したことのある場所ですが、改めて暑さや風の確認をしながらの練習でした。

二日目、いよいよ大会が始まりました。この日は個人戦。1ペアが出場しました。高い気温、全員で応援しながらの試合でした。残念ながら1回戦での敗退でしたが、悔しさをばねに頑張ってほしいものです。

 

三日目、いよいよ団体戦です。この日もとても気温が高く、選手にとっても応援する生徒たちにとっても厳しい一日でした。絶対に勝ちたいという強い思いとは裏腹に、のしかかるプレッシャーや普段とは違う緊張感。なによりも心も技も本当に強い相手の選手たち。ここまで繰り返してきた練習や合宿、遠征の経験があったからこそ、最後まで強気のプレーを続けることができ、第一試合は何とか勝利しました。残念ながら第二試合で敗北してしまいましたが、自分たちの今現在の力をしっかりと認識することができ、またこれからの課題を知ることができたと思います。

  

  

  

この大会をもって高3生は引退です。本当にお疲れ様でした。今後は2年生を中心とした新チームになります。まずは8月の新人戦。今回の中国大会出場が3年生のおかげ、と言われないように、新チームでもしっかり頑張っていこうと思います。

最後になりましたが、応援にかけつけていただきました保護者の皆さま、関係の皆様方、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

6月9日と10日、尾道市のびんご運動公園にて、広島県総合体育大会ソフトテニス 団体戦 が行われました。3年生最後の大会で、インターハイ・中国大会のかかったとても大事な大会です。一年間ずっとこの大会に向けて取り組んできたともいえる、目標の大会です。部員全員、緊張しながら大会会場に向かいました。

 

大会初日は無風・晴天で、気温も高くなりました。

さすがは県大会、どのチームもしっかりと仕上がってきており、ミスをしないことはもちろん、積極的に攻めていかないと勝てません。そのような緊張感はありましたが、緒戦・二回戦ともに選手たちは一本一本丁寧にプレーすることができたと思います。

 

 

また応援の部員たちも、新しい応援歌をつくってこの日に備えました。最初はちょっとぎこちなかったですが、だんだんと上手になっていきました。昨年度の卒業生も応援に駆け付けてくれるなか、なんとか初日を突破することができました。

 

二日目。大会前の天気予報では、台風・前線の影響が心配され、朝は小雨がぱらつく瞬間もありましたが、日中はなんとか雨も降らず、曇り空のなかでの試合となりました。三回戦・四回戦と、本当に苦しい試合でした。思った通りにボールをコントロールできない、緊張感や焦り、判断の鈍り、相手の厳しい攻め、いろいろな苦しみのなかで選手たちはプレーしました。ベンチの中、客席からも大声をだして選手たちを鼓舞しました。部員全員一丸となって、何とか1戦1戦を進むことができました。

結果、準決勝で敗れましたが、広島県ベスト4に入ることができ、中国大会への出場権を得ることができました。大会そのものが厳しいものであったことはもちろんですが、「中国大会出場」を目標に取り組んできた、日々の厳しい練習が思い出され、3年生を中心にした、部員の一年間の努力が一つ実を結んだと感じました。

次は7月の中国大会。県大会では良い結果をいただくことができましたが、私たち比治山女子高校は中国大会では「一挑戦者」です。多くの強豪校の皆さんの胸を借りて、一つでも、一本でも、自分たちの思い描くプレーができるよう、これからも取り組んできたいと思います。

最後になりましたが、遠く尾道まで応援にいらしてくださった卒業生の皆さま、保護者の皆さま、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

6月2日(土)・3日(土)の二日間にわたって、広島県高校総合体育大会(ソフトテニス)個人戦が行われました。

本校からは、4月末の地区予選を勝ち残った9ペアが出場しました。

広島県全域の予選を通過した高校生の大会であり、レベルの高い大会でしたが、

出場した生徒たちは自分たちの課題をしっかりこなし、全員1回戦を勝利することができました。

また厳しい試合でしたが、1ペアが4回戦まで進出し、7月に行われる中国大会への切符を得ることができました。

 

今週末の6月9日・10日には同大会の団体戦が控えています。

しっかりと1週間調整をして、ベストな状態で試合に臨みたいと思います。

最後になりましたが、暑い中応援にいらしてくださったOGの皆さん、

保護者の皆様、本当にありがとうございました。

ご都合が合いましたら、これからもよろしくお願いいたします。

5月26日(土)、千代田運動公園にて行われた練習試合に参加させていただきました。

島根県の石見智翠館高校さん、山口県の岩国高校さんの練習にご一緒させていただきました。

各校とも、県総体直前の試合ということで、緊張感のある一日でした。

 

朝一番はすこし曇り空で肌寒いくらいでしたが、

11時ごろには快晴となり、夏の陽気の中での試合となりました。

 

レベルの高いゲームのなか、選手たちもいろいろと収穫が得られたことと思います。

今週末からは県総体が始まります。

クラブ一丸となって大会に向かっていきたいと思います。

応援よろしくお願いします。

 

1 / 3123