スクールブログ Hygee's Garden

先々週,先週に続き,9月11日(土)に地区新人戦の3日目がありました。

この日は9月5日(日)に勝ち上がった8校による団体戦でした。

 

2日目を勝ち残った学校のみであったので,厳しい試合が続きましたが,

選手は普段の練習の成果を発揮し,粘り強く戦ってくれました。

結果,昨年に続き優勝することができました。

この結果は,チーム一丸となって自分たちの目標に向かって日々の練習を積み重ねた証だと思います。

 

一方で,試合内容をみるとまだまだ反省・課題は多く残っています。

10月末の県新人戦に向け,今後も1日1日を大切にして練習に励んでいきます。

 

今後ともソフトテニス部への応援,よろしくお願いいたします。

高校ソフトテニス部は8月24日(火),9月5日(日)に広島地区高等学校ソフトテニス新人選手権大会に参加しました。

 

この2日間で,個人戦の全試合と団体戦の2回戦まで行われ,個人戦では

東脇(2年)・澄谷(2年)ペアが準優勝

水野(2年)・木村(1年)ペアがベスト8

となりました。

 

また団体戦も2回戦まで勝ち残ることができましたので,9月11日(土)に行われる大会3日目に参加します。

5日の試合でも選手それぞれ課題が残りましたが,その反省を活かして,気を新たに今週末の大会に臨みます!

ご報告が大変遅くなりましたが,ソフトテニス部は8月1日(日)から8月4日(水)に石川県で行われた全国高等学校総合体育大会に参加してきましたので,結果報告です。

 

今年は,個人戦で

白地(3年)・東脇(2年)ペア,

田中(3年)・小川(3年)ペア

が参加しました。

 

白地・東脇ペアは3回戦まで進出し,ベスト64となりました。

全国の舞台でもしっかりと声を出しながら比治山らしいテニスを行うことができました。

 

この大会で3年生は引退となり,これからは2年生を中心とした新チームとなります。

今後は更に高い結果を目指して日々の練習に励んでいきます。

今後ともソフトテニス部への応援をよろしくお願いいたします。

8月3日(火)と5日(木)に広島翔洋テニスコートにて,令和3年度広島市ソフトテニス連盟夏季中学生錬成大会が開催されました。3日は2年生以下の部,5日は1年生以下の部でした。本校からは,それぞれの部に1ペアずつ出場しました。

昨年度から続くコロナ禍の影響で多くの試合が中止となったため,広島市で開催される大会に2年生のペアは初めて出場しました。結果は1勝1敗で予選リーグ敗退でしたが,初勝利をあげることはできました。

5日の1年生以下の部に出場したペアは,優勝することができました。1年生のみが出場する大会は初めてであり,大きな自信になったと思います。当日はとても暑いなかでしたが,最後まであきらめずボールを追いかけていました。

最後になりましたが,今大会は無観客試合ということで,会場内に応援に入っていただけなかったなかで,保護者の皆様などにたくさんのご支援をいただきありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いします。

ソフトテニス部は7月10・11日に鳥取県のヤマダスポーツパークで行われた第64回中国高等学校ソフトテニス選手権大会に参加しました。

今年は個人戦3ペアと団体戦で出場しました。

 

 

結果は,

個人戦で白地(3年)・東脇(2年)ペア,田中(3年)・小川(3年)ペアがベスト32

団体戦がベスト8でした。

普段の練習の成果を発揮し,団体戦では本校初のベスト8となることができましたが

ベスト4をかけた試合で同じ広島県勢に敗退し,悔しさの残る結果となりました。

 

8月に石川県で行われるインターハイに個人戦2ペアが出場します。

今回見つかった課題や反省を活かして,インターハイに向けてチーム一丸となって練習に励んでいきます。

今後ともソフトテニス部への応援よろしくお願いいたします。

 

報告が大変遅くなりましたが,ソフトテニス部は5月30日(日),6月5日,6月12日(土),6月13日(日)に開催された第74回広島県高等学校総合体育大会に参加しました。

個人

田中(3年)・小川(3年) 第3位

東脇(2年)・白地(3年) 第5位

栗栖(3年)・澄谷(2年) ベスト16

 

団体戦 第5位

 

田中・小川・東脇・白地は個人戦でインターハイ出場権を獲得し,

栗栖・澄谷は個人戦で,そして団体戦でも中国大会の出場権を獲得しました。

 

現在は中国大会,そしてインターハイに向けて日々練習に励んでいます。

今後ともソフトテニス部をよろしくお願いいたします。

4月25日に広島翔洋テニスコートで実施された県総体地区予選会に参加しました。

当日は先週の県知事杯と同様に風が非常に強く,風でボールが流されるなど難しいプレーが強いられる試合が続きました。

しかし,それは相手も同じ条件なので,厳しい条件の中でもミスをしないということを意識して試合に臨んでいました。

結果は,参加した8ペア全組が予選を勝ち上がることができました。

しかし,強風への対応はもちろん,普段の練習でできていることが試合ではできなかったことなど,反省・課題はまだまだ残っています。

5月末から6月上旬にかけて行われる県総体では,一つのミスが勝敗の分かれ目になります。今回の課題を克服できるように,今後の練習に励んでいきます。

 

最後になりましたが,応援に来てくださった保護者の皆様,本当にありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。

4月17日・18日に尾道市のびんご運動公園で行われた第74回 広島県知事杯に参加しました。

風が強い時間が長く,難しいプレーが強いられる中での試合でしたが,選手たちは上手く対応しながら試合をしていました。

 

結果は3位入賞・5位入賞となり,県知事杯での3位入賞は本校として初めての事です。

この結果は日々の練習の積み重ねやチームが一丸となって戦ったことが実った証だと思います。

今回得た反省を大切にしながら,今後の練習や生活を大切にしていきます。

最後になりましたが,応援に来てくださった保護者の皆様,本当にありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

2月7日(日)に,広島市翔洋テニスコートで行われました「広島市チーム対抗ソフトテニス大会」に参加させていただきました。

新型コロナウイルス感染症の影響から,高校生の参加できる大会が少なくなっているなか,この大会は貴重な実戦経験を積める場となりました。大会運営に携わられた関係の方々には,本当に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

 

この大会が中国インドア以来の試合、また,校内戦以外で秋の新人戦以来の試合だった選手もいました。緊張による固さ,足が止まっているなど,練習で乗り越えられていない課題がやはり顔を出してきます。やはり「日々の練習」、これに尽きるのかもしれません。

 

 

 

結果,Aチームが優勝,Bチームが準優勝となりました。このことを自信にして,さらにステップアップしてほしいものです。

次の公式戦は春。4月から始まる新シーズンです。時間は限られていますが、しっかりと1日1日を大切に練習していきたいと思います。

 

追記

今年度卒業する3年生と保護者の皆様から、大きなテントをいただきました。10コートの後ろに写っている白いドームのテントです。大事に使いたいと思います。本当にありがとうございました。

11/15(日),ミツトヨスポーツセンター郷原(呉市総合スポーツパーク)にて,

第67回広島県高等学校ソフトテニス新人選手権大会・団体戦二日目が行われました。

冬の中国インドア大会,さらには春の全国選抜につながる,大きな大会です。

私たち比治山女子高校は,10/31に行われた初日を勝ち残ることができ,

この二日目に残ることができました。

 

この県新人戦・団体戦では,ベスト4によるリーグ戦が行われます。

私たち比治山女子もこのリーグ戦に残ることができましたが,思った通りのプレーが続きません。

良いプレーも出れば,簡単なミスもしてしまう。ここぞ、というときに攻めきれない。

自分たちに足りないものを,試合のなかで改めて見せつけられた気がします。

結果としては,広島県第4位。

とても素晴らしい成績ですが、

しかし選手たちにはさらに高みを目指して頑張ってほしいものです。

次は冬のインドアシーズンです。

まずは気持ちを切り替えて,そして練習に取り組んでいきたいと思います。

 

最後になりましたが,日々の練習にお付き合いいただきました

保護者の皆様,関係者の皆様,本当にありがとうございました。

応援していただきましたすべての方々に感謝申し上げます。

これからも比治山女子高校ソフトテニス部をどうぞよろしくお願いいたします。

1 / 612345...最後 »