スクールブログ Hygee's Garden

去る1月18日~20日、福山市体育館で「第9回 中国高等学校ソフトテニス新人大会」が行われました。

この大会は、昨年秋に行われました各県の新人大会において、3位・4位の学校(広島は3位~6位)が参加する大会です。

(各県1位・2位の学校は、福山ローズアリーナで行われる全国選抜大会の予選会に参加します)

私たち比治山女子高校は、広島県代表の1校として、本大会に参加しました。

冬場にたくさんの体育館練習や鳥取遠征を行いましたが、その集大成となる大会です。

一本一本集中して、自分たちの最高のプレーができるよう、強い気持ちで大会に臨みました。

 

初日の19日は予選のリーグ戦です。

予選リーグではやはり寒さや緊張などから、1ゲーム目の入りが悪かったり、

足が動いていないなどの反省が残りました。

また自分たちからミスしてしまうなどもありましたが、何とか予選を突破することができました。

 

二日目の決勝トーナメントでは、初日の反省をしっかり意識して、

試合の入りから集中してプレーをしていくことができました。

応援の生徒たちも一緒に、大きな声でチーム一丸で頑張りました。

 

残念ながら決勝戦で敗れましたが、第2位の賞状をいただくことができました。

 

昨秋からこの大会に至るまで、厳しい練習に取り組んできましたが、

その成果が一つの形・成果になったと思います。

 

とは言え、まだまだ私たちは挑戦者。

春にはインターハイの予選が始まります。改めて気持ちをしめなおして、

次なる課題に取り組んでいきたいと思います。

最後になりましたが、応援にいらしてくださったご家族・関係者の皆さま、

本当にありがとうございました。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

1月12日から14日の3連休を利用して、鳥取県へお邪魔してきました。

鳥取県内の高校生の皆さんと、3日間にわたってインドアでの練習・試合をさせていただきました。

 

初日は鳥取市の市民体育館にお邪魔しました。

昼食をとって、すぐに練習を開始し、鳥取県の選手の皆さんと試合をしました。

来週の中国インドア大会にむけて、さらには春の大会に向けて、各自の目標を確認しながらの実践練習です。

他県の選手という、いつもはお手合わせすることのない選手たちとの試合ですが

自分たちのプレースタイルをしっかり作りながら、1戦1戦たたかいました。

 

宿舎は倉吉市内のスポーツセンターをお借りしました。

とてもきれいな施設で、ご飯もおいしく、毎晩疲れをいやすことができました。

 

二日目は午前中に智頭中学校で、中学生も一緒に練習しました。

校庭には雪も残っていましたが、体育館の中は熱気でいっぱいでした。

 

午後からは河原町総合体育館に移って練習しました。

 

お昼には八頭高校の保護者の皆さん・生徒の皆さんが豚汁を作ってふるまってくださいました。

カラッと晴れた、寒い日の豚汁は、心も体もあったまりました!

 

三日目は倉吉市の体育文化会館です。

合宿最終日、二日間の成果をしっかり確認しながら、

じっくりと実践練習をくりかえしました。

 

 

 

三日間の遠征を通して、選手たちは秋以来の各自の課題に一生懸命取り組みました。

鳥取の強豪を相手にいいプレーができた部分もあれば、

克服できていない課題を見せつけられた部分もあると思います。

「自分のことを深く知る」チャンスはそうそうありません。

(もちろん日常で知ることができれば最高ですが)

このような機会を生かし、さらなる成長に繋げていきたいと思います。

 

最後になりましたが、今回の遠征で様々にお世話して頂きました

鳥取県の先生方、生徒の皆さん、本当にありがとうございました。

今週末の中国インドア大会でより良い成績が出せるよう、

1週間練習に励みます。

これからもよろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます。

比治山女子高校ソフトテニス部です。

本年もよろしくお願いいたします。

 

1月6日、今年最初の試合となる、

広島県高等学校ソフトテニスインドア選手権大会が行われました。

この大会は昨年行われた県新人戦・個人戦にてベスト32となった

ペアが出場する体育館での大会です。

私たち比治山女子からは4ペアがエントリーしました。

年末年始をはさんだことで、練習不足は否めない部分がありました。

 

 

結果としては1回戦突破が2ペア。決して良い結果とは言えないものです。

選手たちもみな悔しい気持ちでいっぱいです。

 

しかし、再来週には中国大会が控えています。

ただ「悔しい」「残念」という気持ちを持つだけでなく、

「何が足らないのか」「これからの2週間で何ができるのか」を

改めて反省し、有意義な2週間を過ごしたいと思います。

 

最後になりましたが、福山まで応援に来てくださいました

保護者の皆さま、関係者の皆さま、本当にありがとうございました。

今年も比治山女子ソフトテニス部の応援をよろしくお願いいたします。

本日、高校ソフトテニス部は今年の練習納めでした。

一年の締めくくりということで、練習ののちに、

保護者の皆さまが豚汁の炊き出しをしてくださいました。

寒い中での練習でしたので、みんなほっこりできました。

 

年があけて、2019年になると、すぐに県インドア大会、

そして中国インドア大会が控えています。

年末年始に気持ちをリフレッシュして、

次の大会に臨みたいと思います。

保護者の皆さま、卒業生・在校生の皆さんをはじめ、

比治山ソフトテニス部を応援してくださる皆さま、

今年1年、本当にありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

12月16日(日)、広島県立総合体育館(グリーンアリーナ)にて、

第29回広島地区高等学校ソフトテニスインドア選手権大会が行われました。

この大会は、先に行われました広島地区新人戦(個人戦)のベスト32以上の選手が参加できる大会です。

比治山女子からは5ペアが参加しました。

体育館の中は、グランドやテニスコートとはボールの弾み方や

自分自身の動きやすさ・動きにくさが違うため

自分の打ち方の癖やコンディションの良し悪しが、いつもの練習とは違った形ででてしまいます。

勝つことはもちろんですが、いろいろな課題発見も目的の一つとして今大会に臨みました。

結果、清水・石田ペアが3位入賞を果たすことができました。

昨月の県新人戦に続いての快挙です!

来年1月には県インドア、中国インドアと、個人・団体のインドア大会が続きます。

冬の間に自分自身の課題を明確にし、春の大会に向けてさらに成長したいと思います。

最後になりましたが、応援ならびに保護者会のためにお集まりいただきました

保護者の皆さま、また3年生の皆さん、本当にありがとうございました。

これからも応援・ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

 

11月10日・11日の二日間にわたって、びんご運度公園にて県新人戦の団体戦が行われました。

両日ともきれいな秋晴れで、陽なたでは暑いくらいの気候でした。

初日。私たち比治山女子は、2回戦からの組合せをいただき、

朝から選手はもちろん、応援の生徒も一緒に、試合開始までの時間を調整にあてて過ごしました。

午後2時をまわったころに緒戦でした。

ボールをコントロールできなかったり、

足が動かなかったり、思った通りに試合をすることができません。

何とか緒戦を突破することができましたが、各選手、課題が残りました。

二日目は長丁場、勝ち残りのトーナメントが続きます。

3回戦・4回戦と試合が進むにつれ、自分たちのミスが許されない状況が増えていきます。

相手の選手たちも素晴らしいボールを打ち込んでくる中で、

我慢のプレーを続け、かつ大事なところで攻める。

各選手が一本一本を大事にプレーしていきました。

なんとかベスト4に残ることができ、決勝リーグ戦に参加することができました。

決勝リーグでは、強豪校との力の差をいろいろな場面・瞬間で感じさせられました。

一つ一つのプレーに対する自信、

流れの中で、ミスしてはいけない一本を取りきる力、などなど。

自分たちに足りないもの、これからの練習で磨いていかなければならないことを、

試合の中でたくさん感じることができました。

 

結果としては大会4位。中国大会への切符を得ることができました。

夏に3年生が引退した後、頑張ってきた1・2年生たちの努力が、良い結果となりました。

しかし、今のままでは中国大会では歯が立たないでしょう。

比治山女子に足らないもの、今回の反省を生かして、

日々の練習に取り組みたいと思います。

最後になりましたが、応援に駆け付けてくださいました、

保護者の皆さま、関係の皆様方、本当にありがとうございました。

これからもよろしくお願いいたします。

さる10月27日・28日両日に、広島翔洋テニスコートにて、

広島県新人戦の個人戦が行われました。

県内からたくさんの選手が集まる試合で、この冬の大会にもつながる大事な試合です。

地区大会から少し時間がたっていることもあり、

気持ちも新たに選手たちも試合に臨みました。

 

初日の朝、前日からの降雨でコンディションが悪く、

試合順の変更などがある中でのスタートとなりました。

1回戦は全ペアが突破し、全員が二日目に残ることができました。

 

二日目、二回戦の残りからスタート。

気温は低めでしたが、天候もよく、コートの状態も回復して

風も比較的穏やかな中での試合となりました。

2回戦の残り、3回戦、4回戦と試合が進む中で、

緊張や相手選手に押されて段々と苦しい場面も増えてきました。

勝ち残れば勝ち残るほど、力のある選手たちとの試合が増え、

比治山の選手たちも自分たちに足らないものを、まざまざと見せつけられました。

 

 

 

最終的には、清水・石田ペアが3位入賞、

ベスト16に1ペア、ベスト32に2ペアが残ることができました。

選手たち全員、今回の大会で勝つための技術・心の持ち様、

自分の長所短所といった事柄を見つめなおすことができたと思います。

 

今週末・来週末と、県新人戦のシングルス・団体戦が続きます。

それぞれの大会でも今回の反省が生かせるよう、

部一丸となって頑張っていこうと思います。

 

最後になりましたが、応援・ご支援いただきました、

保護者の皆さま、卒業生・高校3年生のみなさん、

本当にありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

9月8日(土)、翔洋テニスコートにて広島地区新人戦・団体戦が行われました。

あいにくの悪天候で、実施されるのかどうか、心配するほどでした。

一時的に中断することはありましたが、1試合目から決勝まで順に行われました。

私たち比治山女子は、シードをいただき、2回戦からの試合となりました。

小雨~小康状態でしたが、やはり雨でラケットやボール、

地面が濡れたなかでのプレーは、相手の選手たちとの戦いであることはもちろんですが、

ストレスや体の硬直など、自分自身との戦いでもありました。

 

 

選手同士はもちろんですが、部員全員で応援をしながら

何とか準決勝まで進むことができました。

新しい応援の声掛けをつくってみたりするなど、

みんなで明るく試合に臨めたのはとてもよかったと思います。

 

結果、3位タイとなることができ、夏休みの厳しい練習の成果が出せたのではないか、と思います。

 

とはいえ、いつもは取れるボールが取れなかったり、

打込めるボールをミスしてしまったり、反省が残りました。

「雨」を言い訳にすることは簡単ですが、

それは他の学校の皆さんも同じです。

なぜそういうミスが出てしまったのか、私たちになりに考えて次の試合に臨みたいと思います。

 

最後になりましたが、大雨の中、会場まで応援にいらしてくださったご家庭の皆さま、

本当にありがとうございました。

これからも応援をよろしくお願いいたします。

先日8月23日に、地区新人戦・個人戦二日目が行われました。

台風の接近が心配される中、広島市内は午前中から風の影響の中での試合となりました。

夏休みの間の練習の成果が試される、我慢の試合となりました。

結果、3ペアがベスト16、2ペアがベスト32となることができました。

 

選手全員、夏の練習でどれだけ自分の力が伸びたかを確認できる、いい機会となりました。

みんな、普段の練習ではあまり感じることのできない自分の成長を実感できたのではないかと思います。

 

とはいえ、まだまだ足りていないところがあるからこそ、全員勝ちのこることができていません。

つぎは地区新人戦の団体戦が控えています。

次の目標にむけて、自分たちの力をより一層高められるよう、練習を積んでいきたいと思います。

 

最後になりましたが、平日にもかかわらず応援に駆け付けてくださった保護者の皆さま、

高校3年生のみなさん、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

いよいよ地区新人戦が始まりました。

初日の8月21日(火)は個人戦1日目、8ペアがエントリーしました。

代交代してから初めての公式試合ということもあり、選手たちも緊張した面持ちでした。

 

朝一番は曇りで、わりと過ごしやすい気温でしたが、

昼に近づくにつれて日差しも強くなり、気温も上がりました。

選手たちも自分の試合に向けての調整に一苦労でした。

 

初日の結果は、全員が1回戦突破、6ペアが2回戦を突破しました。

大会二日目は8月23日(木)です。

台風の影響が心配ですが、しっかりと調整して、当日を迎えたいと思います。

応援にいらしてくださった保護者・ご家族の皆さま、OG・高校三年生のみなさん、

暑い中本当にありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。

1 / 3123