スクールブログ Hygee's Garden

1月16日(日)に第47回全日本高等学校選抜ソフトテニス大会中国予選会の2日目が実施されました。

本校は1日目の試合結果で勝ち残り,この日は岡山県の代表校と対戦しました。

 

 

結果は0-3で敗退し,2位リーグの2位でした。

残念ながら全国選抜出場という目標にはあと一歩届かず,まだまだ壁の高さを感じました。

この悔しさを胸に,来年度こそ壁を乗り越えられるように今後の練習に更に励んでいきます。

 

今後とも比治山女子ソフトテニス部への応援をよろしくお願いいたします。

本日,ソフトテニス部は,福山市で実施された第47回全日本高等学校選抜ソフトテニス大会中国予選会に参加しました。

 

 

本校は2位リーグに参加し,各県の代表校と対戦しました。

本日は鳥取県・島根県の代表と対戦し,両試合とも2-1で勝利しました。

やはり各県の代表校が相手なので少しの隙も見逃してもらえず,接戦が多くなりましたが,何とか勝ちを得ることができました。

 

明日は岡山県の代表と闘い,勝利することができれば1位リーグの3位との入替戦です。

入替戦にも勝利すれば全国選抜に出場となります。

 

明日も厳しい戦いが予想されますが,普段の練習の成果が発揮できるように平常心で臨みたいと思います。

 

新型コロナウイルス感染症の急拡大で残念ながら無観客試合となりましたが,変わらぬ応援のほどよろしくお願いいたします。

ソフトテニス部は12月27日~28日に島根県に遠征を行い,

第13回全国選抜インドア高校女子ソフトテニス練成会に参加させていただきました。

中国地方以外からも大阪や京都から参加する学校もあり,普段の練習ではできない貴重な経験をさせていただきました。

 

 

全国レベルの壁の高さを感じるとともに自分たちに不足している部分を再確認することができました。

今回の経験を今後の練習にいかして,1月のインドア大会に向けて準備を行っていきます。

 

そして,今日がソフトテニス部の今年最後の練習でした。

この一年間,生徒一人一人の努力はもちろん,多くの皆様にご協力をいただいた結果,目標としていたインターハイ出場も果たすことができました。

来年度は更なる高みを目指して精進していく所存ですので,今後も変わらぬご支援・ご協力をお願いいたします。

 

それでは皆さん良いお年を。

ソフトテニス部は,12月11日(土)にやまみ三原運動公園テニスコートで開催された第68回広島県高等学校ソフトテニス新人選手権大会(シングルス戦)に参加しました。

 

市大会を勝ち上がった選手が相手なので,苦しい戦いを強いられる場面も多くありましたが,最後まで諦めずに白球を追いかけていました。

 

 

結果は,東脇(2年)がベスト8

澄谷(2年)・水野(2年)がベスト16となりました。

 

まだまだ課題や反省点は多くありますが,それらを活かして今月末から始まるインドア大会に向けて頑張っていきます。

 

最後になりましたが,応援にかけつけてくださった保護者の皆様,ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

第68回広島県高等学校ソフトテニス新人選手権大会 団体戦・個人戦が10月31日より開催されました。

 

○団体戦 1日目

10月31日に広島翔洋テニスコートで開催され、ベスト8までが出そろいました。

選抜大会(全国大会)までつながる大会という緊張感とうまく向き合いながら、なんとか勝ち上がりました。

 

○個人戦

11月6日から7日にかけてびんご運動公園テニスコートで開催されました。

1年生のなかには初めて県大会に出場する生徒もいる中で,

それぞれが自分たちの立てた目標を目指して戦いました。

 

東脇(2年)・澄谷(2年) 第3位

水野(2年)・木村(1年) ベスト16

名越(2年)・川口(1年) ベスト16

尾濱(1年)・應和(1年) ベスト16

 

上記のペアは、来年1月8日に開催予定の

第60回広島県高等学校ソフトテニスインドア選手権大会の出場権を獲得しました。

 

○団体戦 2日目

11月14日に呉市総合スポーツセンターテニスコートで開催されました。

この日の初戦となる試合に勝利し、ベスト4によるリーグ戦へと駒を進めることができました。

リーグ戦では、苦しい試合が続きました。

対戦校の生徒も上手な選手ばかりです。

いつもなら決まっているポイントがなかなか決まりません。

そして・・・

「練習で見逃してしまっている簡単なミスが、試合では必ず出る。そのミスが自分たちを苦しめる」

普段、さまざまな指導者の方から言われているこの言葉の意味を、生徒たちは痛感したのではないでしょうか。

やっとの思いで取った1ポイントを、次の簡単なミスで取り返されてしまう。

一進一退の攻防が続きました。

リーグ戦を2勝1敗で終え、第2位となりました。

目標である選抜大会の中国予選への出場権を得ることができました。

(写真はすべて11月14日の試合で撮影したものです)

 

次はシングルスの大会が控え、そしてインドアシーズンが始まります。

コロナ禍において、まだまだ予断を許さない状況が続きますが、

大会が開催されること、出場できることに感謝し、日々の練習に取り組んでいきます。

 

今大会は保護者の皆様に対して入場制限をともなう大会でしたが,

たくさんのご支援をいただきありがとうございました。

これからもどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

  

 

11月7日(日)、本校で令和3年度SOUTH CUPが開催されました。

2年生以下の部と1年生の部にそれぞれ1ペアずつ出場しました。

SOUTH CUPは,昨年度から続くコロナ禍の影響で、広島市中学校ソフトテニス新人大会の個人戦が中止となったため,南区の中学校のみで代替大会として開催された大会です。

1年生の部に出場したペアは,優勝することができました。夏休み中に出場した大会に引き続く優勝であり,さらなる成長に期待です。

最後になりましたが,今大会も無観客試合ということで,会場内に応援に入っていただけなかったなかで,保護者の皆様などにたくさんのご支援をいただきありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いします。

先々週,先週に続き,9月11日(土)に地区新人戦の3日目がありました。

この日は9月5日(日)に勝ち上がった8校による団体戦でした。

 

2日目を勝ち残った学校のみであったので,厳しい試合が続きましたが,

選手は普段の練習の成果を発揮し,粘り強く戦ってくれました。

結果,昨年に続き優勝することができました。

この結果は,チーム一丸となって自分たちの目標に向かって日々の練習を積み重ねた証だと思います。

 

一方で,試合内容をみるとまだまだ反省・課題は多く残っています。

10月末の県新人戦に向け,今後も1日1日を大切にして練習に励んでいきます。

 

今後ともソフトテニス部への応援,よろしくお願いいたします。

高校ソフトテニス部は8月24日(火),9月5日(日)に広島地区高等学校ソフトテニス新人選手権大会に参加しました。

 

この2日間で,個人戦の全試合と団体戦の2回戦まで行われ,個人戦では

東脇(2年)・澄谷(2年)ペアが準優勝

水野(2年)・木村(1年)ペアがベスト8

となりました。

 

また団体戦も2回戦まで勝ち残ることができましたので,9月11日(土)に行われる大会3日目に参加します。

5日の試合でも選手それぞれ課題が残りましたが,その反省を活かして,気を新たに今週末の大会に臨みます!

ご報告が大変遅くなりましたが,ソフトテニス部は8月1日(日)から8月4日(水)に石川県で行われた全国高等学校総合体育大会に参加してきましたので,結果報告です。

 

今年は,個人戦で

白地(3年)・東脇(2年)ペア,

田中(3年)・小川(3年)ペア

が参加しました。

 

白地・東脇ペアは3回戦まで進出し,ベスト64となりました。

全国の舞台でもしっかりと声を出しながら比治山らしいテニスを行うことができました。

 

この大会で3年生は引退となり,これからは2年生を中心とした新チームとなります。

今後は更に高い結果を目指して日々の練習に励んでいきます。

今後ともソフトテニス部への応援をよろしくお願いいたします。

8月3日(火)と5日(木)に広島翔洋テニスコートにて,令和3年度広島市ソフトテニス連盟夏季中学生錬成大会が開催されました。3日は2年生以下の部,5日は1年生以下の部でした。本校からは,それぞれの部に1ペアずつ出場しました。

昨年度から続くコロナ禍の影響で多くの試合が中止となったため,広島市で開催される大会に2年生のペアは初めて出場しました。結果は1勝1敗で予選リーグ敗退でしたが,初勝利をあげることはできました。

5日の1年生以下の部に出場したペアは,優勝することができました。1年生のみが出場する大会は初めてであり,大きな自信になったと思います。当日はとても暑いなかでしたが,最後まであきらめずボールを追いかけていました。

最後になりましたが,今大会は無観客試合ということで,会場内に応援に入っていただけなかったなかで,保護者の皆様などにたくさんのご支援をいただきありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いします。

1 / 712345...最後 »