スクールブログ Hygee's Garden

1月17日~19日の三日間にわたって、福山市のローズアリーナにおいて

全日本高等学校選抜ソフトテニス大会中国地区予選会が行われました。

私たち比治山女子高校は広島県第2代表として参加させていただきました。

この大会はその名前のとおり全国選抜大会につながるものです。

去年はこの大会に出ることはできず、来年は必ず参加するぞ、と誓った試合。

そして昨年秋にこの大会への出場が決まってからも「全国大会出場」を目標に力を蓄えてきました。

 

土曜日から本格的に試合がはじまり、私たちは各県の第二代表と全5チームのリーグ戦。

二日間で団体4試合の長丁場です。

各県2位の学校さんですので、こちらがミスをするとすぐに流れを取られてしまいます。

1試合目から本校の選手たちは固くなりながらも一打一打に集中してプレーしました。

応援の生徒たちも大きな声をだして、仲間のプレーを後押しし、

チーム一丸となって、一つ一つ勝ち星を重ねました。

 

そして二日目の最終戦、岡山県の山陽女子高校さんとの試合。

気持ちで負けない、絶対に勝つ!強い気持ちで臨みました。

 

しかし、やはり強豪校の山陽女子高校さん。

こちらが良いプレーを出しても、それを上回るファインプレー。

いつもだったら決まっているコースでも、ボールが返ってくる。

全国への壁の高さを改めて感じる結果となりました。

最終結果は2位リーグで3勝1敗。

しかし生徒たちは決して嬉しそうな顔をしていませんでした。

今回はその全国へのチャンスを逃してしまいました。

チャンスはそう多くやってきません。

次は、もうインターハイ予選です。

何が足らないか。何を身に付けなければならないか。

考える時間も限られています。

今回の悔しさをバネに、つぎこそは。

部員全員で前に進んでいきます。

 

最後になりましたが、応援いただきました保護者の皆さま、

関係者の皆さま、本当にありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

本日1月5日は、福山市のローズアリーナで行われた、広島県インドア大会に参加させていただきました。秋の県大会でベスト32以上になったペアが参加できる大会で、比治山からは4ペアが参加させていただきました。

 

 

12月以降、課題としてきた体育館での試合。その2回目でした。結果としてはベスト8に1ペアが入ることができましたが、内容としてはペアごと・各個人にいろんな反省が残るものだったと思います。前回の課題はクリアできた者もいれば、同じことが反省に上がった者もいました。みんな、「次こそは」「悔しい」と思っているのは同じだと思います。大事なのは次までにどうするか。時間は限られています。選抜予選まではあと2週間しかありません。有意義に過ごせるかどうかは時間の長さではないと思います。部員一丸となって、日々をすごしていきたいとおもいます。

最後になりましたが、福山まで応援に駆けつけてくださった保護者の皆様、本当にありがとうございました。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

1月4日、今日は呉市の体育館にお邪魔して、体育館での練習を行いました。

インドアの大会にむけて、やはり体育館での練習が不可欠です。テニスの技術はもちろんですが、ボールの跳ね方の感触・変化のしかた、天井からのライトや木目の床の上でのボールの見え方など、環境にしっかりと慣れていくことが大切です。限られた時間のなかで、普段のグランドでの練習ではできないことができたのではないでしょうか。

明日は福山で県インドア大会です。この冬休みの練習の成果を試す絶好の機会だと思います。選手全員、一つでも上に勝ち残れるよう一生懸命頑張ります。どうぞ応援よろしくおねがいします。

 

あけましておめでとうございます。

1月3日、新年最初の練習は、とても良いお天気に恵まれました。新たな気持ちで、県インドア大会・中国大会に向かいたいと思います。

今日の練習には保護者のみなさんをはじめ、たくさんの関係者もみなさんにきていただきました。全国大会を経験されてきた方々や、現役の選手の方も一緒に練習をしてくださり、本校の選手たちもたくさんの技術をおしえていただくことができました。ほんとうにありがとうございました。

選抜予選まであと2週間を切りましたが、最後までしっかりと練習を重ねていきたいと思います。今後とも比治山女子ソフトテニス部を応援よろしくお願い申しあげます。

12月29日、令和元年最後の練習となりました。

普段通りの基礎練習を一通りこなしたあと、保護者のみなさんが準備してくださった豚汁&おむすびをいただきました。

今年は1月の中国インドア大会に出場したことからはじまり、たくさんの大会に出場し、それぞれの大会にあわせて春から遠征を重ねてきました。その成果として、目標としてきた「夏の中国大会出場」「冬の選抜予選出場」を達成することができました。

生徒ひとりひとりの頑張りがあったからこそ、このような結果が得られたと思います。またそれに加えて、保護者さんをはじめ、たくさんの方々のご支援があったからこその結果だと思います。

新年あけますと、すぐに県インドア大会があります。来年も比治山女子ソフトテニス部のことを、どうぞよろしくおねがいいたします。

12月26日から28日にかけて、鳥取東高校・鳥取商業高校・八頭高校の3校をお招きして呉市郷原で合宿を行ないました。

冬休みに入って、じっくりと日々練習することができるようになり、普段お手合わせをすることができない県外の学校さんと3日間にわたって練習と試合を繰り返しました。

12月24日の地区インドア大会での反省、さらには県新人大会以来の各自の課題がどれだけ克服できているか、あらためて確認ができたと思います。

鳥取のみなさんには新年になってから、もう一度お手合わせをしていただく予定です。どうぞよろしくお願いします!

去る12月24日、県立総合体育館(グリーンアリーナ)で行われました、広島地区インドア選手権大会に参加させていただきました。本校からは5ペア10人の選手がエントリーさせていただきました。

学校のグランド、テニスコートの人工芝ともちがう、体育館という独特のコートは冬のソフトテニスならではかもしれません。ボールの弾み方の違いや、足の滑り方の違いなど、いつもとは全くちがう中での試合です。

 

初めてのインドア大会に出場する生徒も、インドアの方が好きだという生徒もそれぞれ苦しみながらの試合でした。結果としては3ペアがベスト8となりましたが、課題も多く残りました。インドア大会は新年の県インドア大会、そして中国大会(全国選抜予選)と続きます。時間はありませんが、じっくりと準備・対策をしていきたいと思います。

最後になりましたが、応援いただいた3年生のみなさん、保護者の皆さん、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願い申しあげます。

11月25日午前7時30分から,JR広島駅南口広場で,犯罪被害者週間(11月25日~12月1日)にあわせて街頭キャンペーンに、ソフトテニス部員の14人が「一日被害者支援員」として参加しました。

一日被害者支援員指定式の後,関係機関や団体の方と一緒に相談窓口を記載したリーフレットやチラシなどを配布し、犯罪被害者支援活動に対する理解と協力を明るく笑顔で呼びかけていました。

「広島被害者支援センター」をはじめ関係機関の方々、そして広島駅利用者の皆様、本校生徒に社会貢献活動の場を設けていただき、ありがとうございました。

 

11月2日〜3日の2日間にわたって、広島県高等学校ソフトテニス新人選手権大会が行われました。8月の地区予選以来、部員全員で目標にしてきた大会です。部員全員、自分たちのやるべきこと・できることをしっかりやり切ろう、と声をかけあいました。

初日にはやはりみんな「大会」ということで固くなっていましたが、しっかりと修正することができました。緊張感とうまく向き合いながら、3回戦・4回戦となんとか勝ち上がり、ベスト4によるリーグ戦へと駒を進めることができました。

ベスト4リーグ戦となると、相手の高校の選手たちもとても上手で、一つのミスがゲームの流れを変える、そういうシビアな試合ばかりでした。そのような痺れるような展開の中、比治山の選手だけでなく相手校の選手たちも相当疲労していたことと思います。走り回って、疲れが溜まって、頭が回りにくくなる中、どれだけ相手の心理を読んで、自分のできるプレーをするか。一生懸命闘うなか、試合の中でも成長することができたように思います。

決勝4チームリーグ戦を、比治山女子は2勝1敗で終え、結果、広島県第2位の賞状をいただくことができ、目標である全国選抜・中国予選への出場権を得ることができました。

今週末には引き続き、県新人戦の個人戦が行われます。こちらも部員全員がしっかりと結果を残せるよう、1週間を有意義に過ごしたいと思います。最後になりましたが、応援に駆けつけていただいた保護者の皆様、高校3年生のみなさん、関係の皆様方、本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

9月7日・8日に、広島翔洋テニスコートで行われました、地区新人戦・団体戦に参加しました。

両日とも気持ちの良いお天気で、とても暑いなかでの大会となりました。

県総体・中国大会が終わってから、まずはこの団体戦を一つの目標に頑張ってきました。

部員全員、1戦1勝、ひとつひとつ自分のベストを尽くしていこう、と声をかけて試合に臨みました。

 

初日は全部で3試合、長い一日となりました。

2試合はバレーボール場で、最後の1試合が翔洋コートでの試合でした。

団体戦のメンバーは、自分たちのプレーを確かめながら、

一つの試合を戦いました。

なかなか思い通りのプレーができない場面もあり、

夏から続く、各自の課題の克服のむずかしさを改めて実感しました。

二日目。何とか残ることができ、朝一番から準決勝となりました。

私たちのチームは、準決勝まで進むことはできても、

そこを勝ちのこることはできていません。

格上の相手と向かい合い、ミスをしながらも心を切らさないよう、

決めることができたらしっかり喜び、一本一本プレーしました。

応援の部員たちも、声をからして、プレーしている仲間を鼓舞しました。

1時間以上の長い試合でしたが、何とか勝利をすることができ、

初めての決勝に進むことができました!

最後の決勝戦、会場のお客さんの目があつまる中での最終戦です。

緊張ももちろんありましたが、それ以上に自分たちのプレーをすることに

しっかり集中できたと思います。

結果としては1勝2敗、まだまだ優勝校とは力の差があることを

見せつけられる内容でした。

地区大会2位となり、選手たち、生徒たちは本当に自信になると思います。

自分たちがやってきたこと、努力が形になることは本当に素晴らしいことだと思います。

しかしあくまでこれは「広島地区」での第2位。

広島県でも中国大会でもありません。まだまだ上があります。

この結果に慢心することなく、今後も練習に励みたいと思います。

 

最後になりましたが、応援に駆け付けてくださいました保護者・関係者の皆さま、

OGの皆さん、本当にありがとうございました。

今後とも応援よろしくお願いいたします!

1 / 512345