スクールブログ Hygee's Garden

6月24日(月)

先週末、第73回広島県陸上競技選手権に出場しました。大学生なども参加する、広島県の一番を決定する大会です。また、8月の中国5県選手権の選考を兼ねた大会でもあります。

1週間前の中国大会の疲れも残る選手もいましたが、2日間競技に、また表彰と跳躍の補助員も兼ねて、みんなで参加しました。

8位入賞は、以下の通りです。

200m6位 堀田(2)

400m3位 堀田(2)

5000m8位 花守(3)

100mハードル5位 鷲頭(1)

棒高跳4位 吉川(3)

走高跳8位 田中(3)

走幅跳7位 大瀬良(1)・8位前川(1)

やり投7位 髙橋(2)

4×100mリレー2位 ①野見(2)②前川(1)③堀田(2)④鷲頭(1)

4×400mリレー3位 ①松田(3)②加藤(2)③野見(2)④堀田(2)

今週から試験週間に入ります。勉強を頑張って、試験後から次の大会・記録会に向けて練習していきたいと思います。

6月20日(木)

先週末、鳥取県にて開催された中国大会にて、4×400mリレーで5位に入り、8月の沖縄インターハイ出場が決定しました!4×100mリレーは決勝7位と、0.2秒差で惜しくもインターハイ出場はなりませんでしたが、中国大会の舞台で、2つのリレーが決勝に残ったことは、チームの自信になります。8位入賞は以下の通りです。

○4×400mリレー決勝5位 ①小川(2)②堀田(2)③前川(1)④松田(3)

予選①吉川(3)②前川(1)③堀田(2)④松田(3)

準決勝①吉川(3)②堀田(2)③前川(1)④松田(3)

○4×100mリレー決勝7位 ①吉川(3)②前川(1)③小川(2)④脇坂(1)※準決勝も同様

予選①野見(2)②前川(1)③小川(2)④脇坂(1)

○棒高跳 決勝5位 吉川(3)

○七種競技(混成) 決勝8位 鷲頭(1)

保護者の方々も会場にて、大きな声援をいただきました。

夏のインターハイ、また秋の新人路線を見据えて、これからも頑張ります。

6月1日、2日に第72回広島県高等学校総合体育大会が行われました。

2回戦で安芸南高校に、3回戦で安古市高校に2-0で勝利し、この時点で広島県ベスト8を達成しました。

次の試合は県ベスト4をかけて市立沼田高校と対戦しましたが、0-2で残念ながら破れました。

高3の3名はここで引退となります。入学以降ここまで本当によく頑張ってくれました。今後は卒業後の進路実現に全力投球してもらいたいと思います。

残りの高3生はチームに残って選手権まで部活動を続けます。目標である県ベスト4以上を目指して、チーム一丸で今後も頑張っていきます。

応援よろしくお願いします。

6月8日・9日、尾道市のびんご運動公園にて、

広島県総体・ソフトテニス競技 団体戦が行われました。

昨年度、わたしたち比治山女子は25年ぶりに中国大会の切符をいただいた大会です。

3年生を中心に、この大会で結果が残せるよう、1年間すごしてきたといっても過言ではない、

最大の目標の大会です。

当日は朝早くから現地入りし、試合開始までじっくり調整をしました。

両日とも、全体的に暑いくらいのよいお天気でした。

選手たちは比治山の代表として、また自分自身の目標のため、

試合にむけて調整しました。

また他の部員たちも、全員で選手のサポート・応援など、

自分たちにできることを全力でとりくみました。

他校の選手の皆さんも、本当に1球1球に集中してプレーするなか

良いプレーを続けることはとても難しいもの。

また試合が進むにつれて、さまざまなプレッシャーがかかり、

ラケットが振れなくなる、足がとまる、悪い癖が出る…

選手たちはとても苦戦したととおもいます。

ベンチからも応援席からも、全員で一生懸命応援しました。

最終的には、全体の第3位、去年と同じく中国大会へ出場する権利を

いただくことができました。

昨年秋から1年間、本当に苦しい思いをしながら頑張ってきたことが、

一つ報われたような、そんな気がしました。

次は7月の中国大会。

比治山女子の代表としてだけでなく、広島県の代表として

はずかしくないよう、一生懸命取り組みたいと思います。

最後になりましたが、尾道まで応援に来ていただきました、

保護者・関係者、OGの皆さま、本当にありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

去る6月1日・2日、広島翔洋テニスコート(中央コート)にて、

広島県総合体育大会・ソフトテニス競技 個人戦 が行われました。

この大会は夏のインターハイ・中国大会につながる、

私たちソフトテニス部にとっても大きな目標の大会です。

両日とも、しっかりと朝練をこなして体を動かして、会場入りしました。

私たち比治山女子からは10ペアが出場しました。

やはり県内の地区大会の後の大会ですので、1回戦からレベルが高く、きびしい試合となりました。

 

相手選手だけでなく、自分の中の緊張との戦いでもあったと思います。

「勝ちたい」「勝つんだ」と思わなかったら勝てないと言われますが、

「勝ちたい」と思えば思うほど、勝つことの難しさがわかる、

そういう試合を選手全員が見せてくれました。

 

苦しみながらも1球1球、1ゲーム1ゲームプレーし、

二日間、全員が自分の持てる力を発揮できたと思います。

全員が1回戦を突破し、5組のペアが中国大会の切符をえることができました。

 

今週末は県総体の団体戦です。

個人戦だけでなく、団体戦でも一丸となって

良い成績をおさめられるよう頑張りたいと思います。

 

最後になりましたが応援に駆けつけて下さいました

保護者の皆様をはじめ、関係者の皆様、

本当にありがとうございました。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

6月1,2日に行われた,広島市テニス選手権大会に参加してきました。

1日目に団体戦と個人戦,2日目に個人戦の残り試合が行われました。

1日目の団体戦では,見事3位に入賞することができ,7月に行われる県大会出場への権利を獲得しました。

個人戦はシングルスで1年生が初勝利を収め,正本・砂田ペアがダブルスで3位に入賞(準決勝で3-4と惜しくも敗退)することができました。個人戦ではダブルスが2ペア県大会に出場します。

 

頑張ってきたことが次第に成果として表れてきたかなと思います。

応援に来て頂いた保護者の皆様ありがとうございました。

5月26日(日)

 

他競技に先駆けて、24日(金)~3日間、エディオンスタジアムにて、陸上部は県高校総体に参加してきました。

とても暑い3日間になりましたが、選手・応援・補助員など、チームで3日間取り組みました。

8位入賞者は以下の通りです。総合は5位でした。

100m:3位 脇坂(高1)

200m:1位 脇坂(高1)

400m:8位 松田(高3)

1500m:6位 加藤(高2)

5000m競歩:6位 次郎垣内(高2)

100mハードル:7位 鷲頭(高1)

棒高跳:3位 吉川(高3)

三段跳:7位 小川(高2)

七種競技:4位 鷲頭(高1)

4×100mリレー:3位(チーム新記録)

吉川(高3)-小川(高2)-前川(高1)-脇坂(高1)

4×400mリレー:4位(チーム新記録)

小川(高2)-堀田(高2)-前川(高1)-松田(高3)

この結果、7種目9名が6月に鳥取市で行われる中国大会に出場権を得ました。

今大会も、よくやった種目、悔しい思いをした種目など色々ありましたが、また次を見つめて練習していきたいと思います。

3日間帯同いただいたトレーナーの方々、応援に駆け付けていただいた保護者・OGの方々。ありがとうございました。

 

5月14日(火)

5月10日(金)~12日(日)エディオンスタジアムで開催された広島地区高校総体に参加してきました。

GW中、呉市記録会・東広島記録会・島根県選手権などの大会・記録会を経て、この大会に向けて調整してきました。多くの種目で、決勝に進出し、自己記録更新もありました。また、リレーではチーム記録も更新し、実りの多い3日間になりました。8位入賞者は、以下の通りです。

400m7位松田③

800m7位加藤②

1500m4位桐木② 5位加藤② 13位勝山① ※1500mは3名全員が決勝進出(15名枠)

3000m5位桐木② 加藤8位②

5000m競歩2位次郎垣内②

100mハードル8位鷲頭①

4×100mリレー4位吉川③-小川②-前川①-堀田②

4×400mリレー4位小川②-堀田②-前川①-松田③

棒高跳3位吉川③ 7位小川②

走幅跳5位野見② 6位前川① 8位佐々倉③

三段跳7位小川②

ハンマー投6位髙橋②

やり投8位髙橋②

混成七種競技3位鷲頭①

この他、多くの種目で県高校総体の上位20名枠に入り、出場権を獲得しました。

次回は、5月24日(金)~26日(日)に同じ会場で開催される県高校総体に、中国大会(鳥取市)出場をかけて参加します。

今大会、納得いく結果、そうでなかった結果、個々人では様々あったと思いますが、2週間後の県高校総体で、更に良いパフォーマンスを発揮できるよう、準備をしていきたいと思います。

3日間帯同していただいた、トレーナー陣にも感謝しています。選手が安心して競技に向かえる環境ができていると感じています。

また、保護者の方やOGたちも大勢応援にかえつけていただきました。ありがとうございました。

 

4月29日(月)

本日は、午前中に学校で練習しました。何と、昨日の織田記念陸上で走幅跳に出場した日本陸連強化選手が、指導に訪れてくれました。

8m06の自己記録を持つ、東京五輪を目指して活動されている、東武トップツアー所属の山川夏輝選手です。走幅跳ブロックの9名が、指導いただきました!

 

普段、山川選手が行っているアップや、試合中にやっていること、走幅跳やスプリントに生かせるドリルなどを教わりました。

高校時代、100mの桐生選手と同級生ということで、当時からのエピソードなども交えて、洛南高校時代から現在も行っている練習も紹介していただき、実際に体験しました。

 

後半は、砂場に向かい、短助走練習からの跳躍など、ジャンパーとして必要なことをたくさんアドバイスいただきました。

また、実際に目の前でジャンプも披露してくださり、こんな贅沢いいのかという気持ち反面、砂場の長さが足りなくて、怪我されないか冷や冷やしました。

短距離・投擲・長距離ブロックは、普段からお世話になっている和泉コーチに指導いただきました。

 

メインテーマは、”反発を生み出す”でした。色んな動きをしましたが、どれだけ理解できたか、また考えて身体を動かすことができたか。

今後の練習で継続して行っていきましょう。

心配していた雨も、祈りが届いたのか、小降りから止むというミラクルで、外でしっかり練習できました。

最後は、山川選手と全員で写真を撮っていただき、サインや写真をとっていただきました。

中学・高校、もちろん女子ばかりですが、随分増えました。このメンバーで2019年比治山女子突き進みます。

山川選手も応援していきたいと思います!ありがとうございました。

4月28日(日)

エディオンスタジアムで開催された織田記念国際陸上に参加してきました。

中国五県ジュニア100mに出場した脇坂(高1)は、12秒44(-0.5)で1位になりました!

 

午後からは、県内高校生女子4×100mリレーに出場。

野見(高2)-小川(高2)-前川(高1)-脇坂(高1)のメンバーで、49秒36の4位でした。

この記録は、チーム新記録となります。

補助員としても、庶務係として、2日間お手伝いをしてきました。

先週の国体強化記録会を経て、1つずつステップを上ってきてますので、GW中の記録会などをはさみ、5月10日から始まる地区大会に向けて、準備していきたいと思います。

3 / 2212345...1020...最後 »