スクールブログ Hygee's Garden

5月14日(火)

5月10日(金)~12日(日)エディオンスタジアムで開催された広島地区高校総体に参加してきました。

GW中、呉市記録会・東広島記録会・島根県選手権などの大会・記録会を経て、この大会に向けて調整してきました。多くの種目で、決勝に進出し、自己記録更新もありました。また、リレーではチーム記録も更新し、実りの多い3日間になりました。8位入賞者は、以下の通りです。

400m7位松田③

800m7位加藤②

1500m4位桐木② 5位加藤② 13位勝山① ※1500mは3名全員が決勝進出(15名枠)

3000m5位桐木② 加藤8位②

5000m競歩2位次郎垣内②

100mハードル8位鷲頭①

4×100mリレー4位吉川③-小川②-前川①-堀田②

4×400mリレー4位小川②-堀田②-前川①-松田③

棒高跳3位吉川③ 7位小川②

走幅跳5位野見② 6位前川① 8位佐々倉③

三段跳7位小川②

ハンマー投6位髙橋②

やり投8位髙橋②

混成七種競技3位鷲頭①

この他、多くの種目で県高校総体の上位20名枠に入り、出場権を獲得しました。

次回は、5月24日(金)~26日(日)に同じ会場で開催される県高校総体に、中国大会(鳥取市)出場をかけて参加します。

今大会、納得いく結果、そうでなかった結果、個々人では様々あったと思いますが、2週間後の県高校総体で、更に良いパフォーマンスを発揮できるよう、準備をしていきたいと思います。

3日間帯同していただいた、トレーナー陣にも感謝しています。選手が安心して競技に向かえる環境ができていると感じています。

また、保護者の方やOGたちも大勢応援にかえつけていただきました。ありがとうございました。

 

本日は天候にも恵まれ,体育祭を実施することができました。

バトン部の華麗な演技や、中高生徒会による凛々しい行進や宣誓により、幕を開けました。

午前のプログラムは,リレーなど真剣モードで参加する競技はもちろん,借り人競争やジェットコースターの仮装など見て楽しめる競技もたくさんありました。

気温が高く暑い中でしたが,水分補給をしながらとても頑張っていました。

午後からは気温がグッと上がり,暑い中でしたが,生徒たちは元気に競技に参加していました。

高校3年生は最後の体育祭ということもあり,いつも以上に華やかで輝かしい演技を披露してくれました。

今年度は708対717で赤組が優勝しました!

生徒のみなさん,暑い中体育祭の準備から片付けまでよく頑張りました。お疲れ様でした。今日はお家でゆっくり休んでください。

保護者の皆様,今日は早くからたくさんの方にご来校いただき,そしてたくさんの温かいご声援をありがとうございました。

 

5月8日(水)、体育祭予行が行われました。

生徒たちは本番さながらに、全力で競技に取り組んでいました。

 

生徒会を中心に生徒全員が役割を持ち、主体となって体育祭を運営しています。

体育祭本番は5月12日(日)です。日々の練習の成果を十分に発揮し、思い出に残る体育祭にしましょう。

 

令和になって最初のフラワーフェスティバルが、5月3日から5月5日まで開催されています。

今年もバトン部が、パレードに参加しました。

今年は、比治山学園創立80周年ですので、記念ブースも白神社前に出店しています。是非、足を運んでください。

本校の卒業生には、同窓会から素敵な記念品も準備されています。

4月29日(月)

本日は、午前中に学校で練習しました。何と、昨日の織田記念陸上で走幅跳に出場した日本陸連強化選手が、指導に訪れてくれました。

8m06の自己記録を持つ、東京五輪を目指して活動されている、東武トップツアー所属の山川夏輝選手です。走幅跳ブロックの9名が、指導いただきました!

 

普段、山川選手が行っているアップや、試合中にやっていること、走幅跳やスプリントに生かせるドリルなどを教わりました。

高校時代、100mの桐生選手と同級生ということで、当時からのエピソードなども交えて、洛南高校時代から現在も行っている練習も紹介していただき、実際に体験しました。

 

後半は、砂場に向かい、短助走練習からの跳躍など、ジャンパーとして必要なことをたくさんアドバイスいただきました。

また、実際に目の前でジャンプも披露してくださり、こんな贅沢いいのかという気持ち反面、砂場の長さが足りなくて、怪我されないか冷や冷やしました。

短距離・投擲・長距離ブロックは、普段からお世話になっている和泉コーチに指導いただきました。

 

メインテーマは、”反発を生み出す”でした。色んな動きをしましたが、どれだけ理解できたか、また考えて身体を動かすことができたか。

今後の練習で継続して行っていきましょう。

心配していた雨も、祈りが届いたのか、小降りから止むというミラクルで、外でしっかり練習できました。

最後は、山川選手と全員で写真を撮っていただき、サインや写真をとっていただきました。

中学・高校、もちろん女子ばかりですが、随分増えました。このメンバーで2019年比治山女子突き進みます。

山川選手も応援していきたいと思います!ありがとうございました。

4月28日(日)

エディオンスタジアムで開催された織田記念国際陸上に参加してきました。

中国五県ジュニア100mに出場した脇坂(高1)は、12秒44(-0.5)で1位になりました!

 

午後からは、県内高校生女子4×100mリレーに出場。

野見(高2)-小川(高2)-前川(高1)-脇坂(高1)のメンバーで、49秒36の4位でした。

この記録は、チーム新記録となります。

補助員としても、庶務係として、2日間お手伝いをしてきました。

先週の国体強化記録会を経て、1つずつステップを上ってきてますので、GW中の記録会などをはさみ、5月10日から始まる地区大会に向けて、準備していきたいと思います。

本日の放課後、タータントラック完成を記念し、陸上走路完成記念式が開催されました。

 

校長先生、岡本理事長先生、生徒会長の一色さんによる挨拶の後、吹奏楽部の生演奏のもとテープカットを行いました。

テープカットの後、生徒を代表して陸上部の高校3年生が新しいタータンを滑走し、「令和」という新しい時代を感じさせる爽やかな幕開けとなりました。

本校の平成最後の式典となりましたが、陸上部の生徒をはじめ、様々な生徒に新しい風を吹かせてくれることを期待しています。

4月20日・21日の二日間にわたって、びんご運動公園にて

広島県知事杯大会が行われました。

比治山女子からは10ペア(20名)が参加させていただきました。

二日間とも、きれいな晴天で、大雨やひどい風でなかったので、

すこし暑いくらいではありましたが、

生徒たちはみなプレーに集中しやすい状況だったと思います。

 

今年は全県から400ペアを越えるエントリーがあり、

私たちも、一つでも上をめざして、各ペアが1戦1戦にのぞみました。

 

 

 

全体としてみると、ベスト32以上に4ペアが残ることができ、

良かったといえるかもしれません。

しかし選手ひとりひとりは、自分自身のプレーに満足していないと思います。

明かな1試合・1プレーの中でのミスや失敗はもちろん、

なぜ勝つことができなかったのか、どのプレーがだめだったのか、

逆に良かったプレーは何だったのか、自分自身の成長点はどこか、

その分析から始めなければならないこともあると思います。

 

まだまだシーズンは始まったばかりです。

まずは週末の地区予選。

全員でベストが尽くせるよう、しっかりと取り組んでいこうと思います。

 

最後になりましたが、応援にいらしてくださった

保護者の皆さま、本当にありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

19

Apr 2019

体力テスト・健康診断

カテゴリー:

4月18日(木)は全校生徒を対象に体力テスト・体位測定・健康診断を行いました。

校内のいろんな場所に、計測・検査会場を設置し、生徒がみずから各所をまわります。

はじめての中学校一年生の緊張した面持ちが印象的でした。

保健委員や高校生の運動部がお手伝いをしてくれたおかげでスムーズに終えることができました。ありがとう!

今回の結果を受け、生徒それぞれが自身の身体の事を知り、今後も健康的な生活が送れるようにしましょう♪

生徒のみなさん、おつかれさまでした!

平成31年4月15日(月)、比治山女子中学高等学校創立80周年を記念し、全校生徒に向けて記念講演会が行われました。

講師に平 真沙美 先生をお迎えし、先生は「ありがとう、おかげさま」という演題で講演をされました。

 

平先生は、ご自身が西本願寺へ務めることとなったきっかけや、災害により被害を受けた地でされた経験を通して、私たちが「生かされている」有り難さや、感謝の大切さ、素晴らしさについてお話をされました。

生徒は、比治山の先輩であり、人生や社会の先輩でもある平先生の話に聞き入っていました。

1 / 3612345...102030...最後 »