スクールブログ Hygee's Garden

 

 

 

 

 

 

 

11月9日,10日に第72回全日本バレーボール高等学校選手権大会広島県予選会の3日目,4日目が行われました。本校はセカンドシードで,県ベスト8を決める試合からの参加となりました。9日に山陽女学園高等部と対戦し,2-0で勝利しました。この時点で5大会連続の県ベスト8を達成しました。翌10日に6月の県総体と同様,県ベスト4をかけて市立沼田高校と対戦しましたが,残念ながら0-2で敗れました。

今大会で高3は全員が引退となります。入学以降ここまで本当によく頑張ってくれました。部活での経験を糧として,卒業まで,そして卒業後も頑張ってもらいたいと思います。今後は現高2を中心とした新チームになりますが,目標である県ベスト4以上を目指して,チーム一丸で今後も頑張っていきます。応援よろしくお願いします。

 

令和元年11月9日(土)南区民文化センターホールで、南区青少年健全育成大会が開催されました。南区内の中学校と高等学校の代表13名が、「私が大人になったら・・・」をテーマに、意見発表をしました。

本校からは、高校2年生の岩田海莉さんが、「私の将来」と題して素晴らしい発表をしてくれました。

 

 

 

11月4日(祝)リーガロイヤルホテル広島にて、比治山学園80周年記念式典、記念講演会、記念祝賀会が開かれました。たくさんの来賓、お客様をお迎えすることができ、盛大に執り行われました。

中・高吹奏楽部も、記念式典の「国歌斉唱」「学園歌斉唱」の際の演奏をしてくれて、会に花を添えてくれました。堂々とした演奏、また、学園歌での歌声は、ご来場のみなさんに感動を与えていたようです。たくさんの方々から多くの拍手をいただきました。

その後の記念講演では、広島が誇る元陸上選手、為末大さんに講演していただきました。

為末さんは、孔子の言葉、

「知之者不如好之者、好之者不如楽之者」

(これを知る者はこれを好む者に如かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず)

を紹介され、好きなことを続けることの大切さを私たちに示してくださいました。本学園80周年のスローガン、「かわらない心、かわりゆく時代の先へ」にぴったりの、すばらしい内容でした。

その後の祝賀会もなごやかに進み、無事、会を終えることができました。ご出席いただいた方々、本当にありがとうございました。

11月17日(日)は、中高での80周年記念祝賀会が開催されます。参加予定のみなさま、よろしくお願いいたします。

本日、中学生は1時間目に、高校生は4時間目に生徒会役員選挙立会演説会が行われました。

生徒会長、副会長ともにこれから比治山をどのような学校にしたいのか、それに向けてどういった取り組みをしていきたいのか、といったことを演説し、「比治山をよりよくしていきたい」という気持ちが伝わってきました。立候補推薦者のスピーチも会長、副会長の性格や頼もしいエピソードなど、立候補者の人柄が伝わってくる内容でした。

比治山は今年度、80周年という節目を迎え、ICT教育の推進やコースの刷新、施設設備の充実など様々な変化がありました。これから大きく変化していく時代の中、比治山の生徒たちを引っ張っていく立候補者の生徒たちに期待したいです。

バトン部は、11月4日に広島県立総合体育館で行われた第36回バトントワーリング中国大会に出場しました。

高校1年生6名は『道化師』をテーマに、コンテストの部で演技を披露しました。金賞(1位)を頂きましたが、悔いが残る演技となり今後の練習への課題も見つかりました。

また、中学生・高校生14名でフェスティバルの部に出場しました。「春よ来い」の楽曲にあわせ、優しさの中にも力強さのある演技を披露しました。

今後も,1人1人の技術を向上させるとともに,チームとしての表現力を磨いていきたいと思います。指導して下さるコーチをはじめ、保護者の方々、OGの方々、全ての方に感謝いたします。

11月2日〜3日の2日間にわたって、広島県高等学校ソフトテニス新人選手権大会が行われました。8月の地区予選以来、部員全員で目標にしてきた大会です。部員全員、自分たちのやるべきこと・できることをしっかりやり切ろう、と声をかけあいました。

初日にはやはりみんな「大会」ということで固くなっていましたが、しっかりと修正することができました。緊張感とうまく向き合いながら、3回戦・4回戦となんとか勝ち上がり、ベスト4によるリーグ戦へと駒を進めることができました。

ベスト4リーグ戦となると、相手の高校の選手たちもとても上手で、一つのミスがゲームの流れを変える、そういうシビアな試合ばかりでした。そのような痺れるような展開の中、比治山の選手だけでなく相手校の選手たちも相当疲労していたことと思います。走り回って、疲れが溜まって、頭が回りにくくなる中、どれだけ相手の心理を読んで、自分のできるプレーをするか。一生懸命闘うなか、試合の中でも成長することができたように思います。

決勝4チームリーグ戦を、比治山女子は2勝1敗で終え、結果、広島県第2位の賞状をいただくことができ、目標である全国選抜・中国予選への出場権を得ることができました。

今週末には引き続き、県新人戦の個人戦が行われます。こちらも部員全員がしっかりと結果を残せるよう、1週間を有意義に過ごしたいと思います。最後になりましたが、応援に駆けつけていただいた保護者の皆様、高校3年生のみなさん、関係の皆様方、本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

11月3日(日)

本日、三次市において女子第36回の県高校駅伝に参加しました。

結果は、チーム過去最高順位を更新する総合5位でした。

1区加藤(2) 2区桐木(2) 3区佐々森(3) 4区勝山(1) 5区小田(1)

総合3位を目指して練習してきたので、悔しい思いはありますが、2週間後の中国大会で、今回よりもより良い走りをしたいとみんな思っていると思います。

総合記録もチーム新。中国駅伝も初出場です。

 

短距離陣も早朝より応援にかけつけ、応援に来てくださった保護者の方々と沿道で声援を送りました。

走っている選手の後押しになったと思います。ありがとうございました!

2週間後、同じ場所の三次で、再び力走したいと思います!

24

Oct 2019

高校1年生 通学マナー教室

カテゴリー:

本日、JR西日本から4名の方が来校され、本校生徒に電車マナーについてお話ししてくださいました。普段JR等を利用して登下校している生徒も多くいることもあり、興味津々です。

座席や通路に荷物を置かない、大声で会話をしないといった基本的なマナーもお客様からの声をもとに駅員さん目線で丁寧に教えていただいたことで、より一層注意をしてくれるのではないかと思います。

また、近年問題となっている歩きスマホや自撮り棒の使用禁止についてもなぜダメなのかといった明確な理由と共にお話ししてくださいました。

そのほかにも痴漢などのトラブルがあった時には車内非常ボタンを使用したらよいことだったり、列車が遅れる理由についてもお話してくださり、生徒たちだけでなく、私たちも勉強になりました。

 

 

10月24日(木)の4時間目に、国信ホールで高3学年対象の訓話が行われました。

今回は副校長先生から訓話をいただきました。

日本のお城めぐりや、豆知識など、初めて聞く副校長先生のお話を、生徒たちは興味津々で聞いていました。

 

また、これから社会へ出ていく第一歩を踏み出す生徒たちに向けて、日本の外交や発展に寄与した著名人のエピソードをまじえて、社会貢献についてのお話をいただきました。

久しぶりの訓話に、生徒たちはしっかりと耳を傾けていました。

今日は尾道でクラス研修です。

 

小雨が降る中、千光寺公園でクラス写真を撮り、

各自グループ研修へと出発しました。

文学の小道や千光寺、天寧寺、尾道市立美術館など尾道の文学や芸術を

満喫しました。

千光寺では恋愛おみくじを引き、今後の恋の行方にハラハラドキドキ

しながら、内容を吟味していました。

 

 

お昼には尾道ラーメンを楽しんだ生徒もいました。

秋の素敵な一日をクラスメイトとともに過ごし、いい思い出を作ることが

できたのではないかと思います。

1 / 4312345...102030...最後 »