スクールブログ Hygee's Garden

8/11~14の3泊4日で三瓶長距離合宿を行いました。

前半(1、2日目)と後半(3、4日目)に分けてブログを書かせてもらいます。

参加者は高校生10人、中学生1人、マネージャー1人、卒業生3人でした。

 

まずは他団体とともに国立三瓶青少年交流の家にて利用の説明を受けました。

利用させてもらうにあたって自分のことは自分で行いましょう!

ではいよいよ合宿1日目のスタートです。午前は昼食までの間周辺で軽くJOGです。

移動で固まった身体をゆっくりとほぐしていきます。

午後は西の原クロカンコースを使って、12~16キロJOGです。ロード等よりダメージの少ない芝でしっかりと距離をふみます。高校生はほとんどが16キロ走破しました。この合宿を頑張ろうという気持ちを感じることのできた1日目でした。

夕食後はミーティングと学習時間です。明日の予定の確認や夏季休暇の宿題等に取り組んでいました。

合宿2日目です。早朝錬は周辺を使い30分JOGでした。時間が5時半ということもあり、涼しく景色も絶景でした。

午前は昨日より少し長めに12~20キロJOGです。昨日の疲労を感じながらも、各自が目標を持ってしっかりと走っていました。

午後は(500m+500m)×3セットでした。ここまでしっかりと距離をふみ、疲労がある中でのスピード練習はきつさもありましたが、各グループしっかりと設定をクリアして走っていました。

 

後半に続きます。

最終日の8月10日(木)は台風の影響により11時頃までホテルで時間を過ごしてのスタートとなりました。生徒たちは源花女子高等学校の生徒との最後の時間を、互いの部屋でお話をしたり、ゲームをして過ごした様です。源花女子高等学校の生徒との別れの際は涙を流す生徒も多く、この姉妹校交流でバディと有意義な時間を過ごせたことが伺えました。

 


ホテルを出発後、昼食に石焼きビビンバとチヂミを頂きました。食後には生徒たちはお店の方に韓国語で「マシッソヨ(美味しいです)」と感謝の気持ちを伝えていました。その後は、大型のショッピングモールで買い物を終え、空港へ向かいました。


台風の影響により欠航となる便も多く、私たちが乗る飛行機も心配されていましたが、無事福岡空港に向け出発することができました。福岡空港から博多駅を経て、定刻通り広島駅に生徒15名全員が無事到着しました。

 

 

今回、初めて海外に行った生徒も多く、日本ではできないことを経験し、そこから学んだことも多くあると思います。

このような貴重な体験をするに当たって支えてくださった全ての人に感謝を忘れず、また、国境を越えた交友関係もこれから先も続けて欲しいと思います。

第64回広島県吹奏楽コンクール【高等学校A部門】が開催され,本校吹奏楽部が出場しました。

無事に本番を終え,結果は「金賞・広島県代表」でした。

今月21日に岡山県にて行われます「第64回全日本吹奏楽コンクール中国大会」に出場することが決まりました。

中国大会では,聴いてくださる方々に感動を届けられるような演奏を目指して頑張ります。

これからも本校吹奏楽部の応援をよろしくお願いいたします。

3日目の8月9日(水)は台風の影響によりあいにくの雨となりましたが、朝9時頃学校を出発して、慶州にある「大陵苑(デルンウォン)」へ向かいました。

到着後は、天馬塚(チョンマミョン)という有名な古墳の内部に入り、どのような造りになっているかや、古墳の中から発掘されたものを実際に見ることができました。記念撮影を終え昼食会場へ移動しました。ここでは、トッカルビ定食を頂きました。生徒はバディとお話をしながら食事を楽しんでいました。

 

 

昼食後は仏国寺へ移動して、説明を聞きながら観覧しました。仏国寺にある極楽殿には、見つけると願いを叶えてくれる、または、将来お金持ちになると言われている木彫りの猪が1つだけあり、生徒たちはその猪を探すのに夢中でした。

 

 

 

仏国寺を出発してからは、宿泊するホテルへ向かいました。ホテルで少し休憩した後夕食をとり、最後に文化交流会を行いました。

本校の生徒は、跳人とKpopのダンスを披露しました。

 

源花女子高等学校の生徒はJ-popの歌唱、テコンドー、k-popのダンス、韓国伝統の扇子踊りのブチェチュムを披露して頂きました。

 

最後にはこの姉妹校交流のテーマソングである「BEST FRIEND」を両校生徒共に歌って閉会となりました。

韓国での生活も残すところあと1日となりました。限られた時間の中ではありますが、源花女子高等学校の生徒との交流を通して、より多くのことを学んで日本へ帰国し、学んだことをこれからの生活に活かしてほしいと思っています。

本日,ソフトテニス部のクラブ体験会を行いました。

台風の進路が安定せず天候が心配でしたが,開始直後に小雨が降った程度で無事に開催できました。

遠くは福山市の生徒さんもおり,計12人の中学3年生が参加してくれました。

最初に本校講師のトレーナーとトレーニングを行い,その後,普段の練習メニューを体験してもらいました。

 

今日は参加していただきありがとうございました。

本校ソフトテニス部の活気を感じていただけていれば幸いです。

10月14日にオープンスクールを開催いたしますので,ぜひご参加ください。

※詳細については,9月にご案内いたします。

 

また,

9月2日:バスケットボール部

9月10日:バレーボール部・陸上部

がクラブ体験会を行います。

詳細と申込方法についてはこちらでご確認ください

2日目の8月8日(火)の様子です。9時に学校を出発しビョンアム書院へ向かいました。

バスの中はホームステイで1日過ごし、打ち解けた様子の本校生徒と源花女子高等学校の生徒の話し声で賑わっていました。

書院へ到着後、生徒はそれぞれ韓国の民族衣装チマチョゴリを着せて頂きました。
本校生徒は女性用、源花女子高等学校の生徒は男性用の衣装を着ました。チマチョゴリを着ている時の座り方や親や先生に対する礼の仕方などの作法を教わりました。その後記念撮影を終え、韓国の伝統的な遊びユンノリを体験しました。4本のユッと呼ばれる棒を投げて落ちた状態に応じてコマを進めていく遊びですが、生徒たちは大盛り上がりでした。

 

ユンノリを体験した後は、会議室へ移動して扇子に絵付けをしました。バディとお揃いの絵を描く生徒、韓国にまた戻ってきたいと夢を書いている生徒などさまざまでした。

お昼は書院の近くにあるお店で韓国冷麺を頂きました。韓国式の食べ方をバディに教わって、話をしながら、美味しそうに食べていました。この後は学校に戻って各ホームステイ先で過ごします。ショッピングや遊園地へ行くと言っている生徒もいました。限られた時間ではありますが、バディとしっかり楽しんで欲しいと思います。

高等学校なぎなた部は高校1年生~3年生の代表者7名が、8月4日~8月7日に北海道千歳市で開催された、インターハイに出場しました。

団体戦では、どちらも迫力のある戦いで5人連続で引き分けが続き、代表者戦まで持ち込みましたが惜しくも敗退しました。

演技の部、個人の部でもそれぞれが力を出し切りました。初戦敗退とはなりましたが、十分手応えはありました。みんなよく頑張りました。

今大会で気づいた課題を受け止めて、今後さらに練習に励みます。皆さん、これからも応援よろしくお願いします。

8

Aug 2023

水泳部【前期活動報告】

カテゴリー:

今年度の大会は6月3・4日の広島県高等学校総合体育大会から始まりました。個人入賞は多数、400mメドレーリレー6位、400mリレー6位、800mリレー5位入賞でした。その中においても主将の三好さんの50m自由形29秒98は記憶に残るレースでした。本校に入学した当時を振り返り、30秒を切れるようになったのは本当に感動しました。団体総合は第5位でした。

  

翌週に行われた広島地区高等学校選手権大会では、石原さんの100m・200m平泳ぎ2冠、桑原さんの400m・800m自由形2冠の他にも個人種目入賞多数、400mリレー2位、800mリレー2位、そして400mメドレーリレーはわが校始まって以来の悲願の優勝をすることができました。団体総合は準優勝でした。

6月24・25日には福山市で広島県高等学校選手権大会に出場しました。

石原さん(高3)は100・200m平泳ぎ、桑原さんは400・800m自由形、沖田さんは200・400m個人メドレー、石原さん(高1)は100m・200m平泳ぎにて個人種目入賞、三好さん、五島さん、岡村さん、徳永さん、藤井さん、砂田さんは400mメドレーリレー4位、400mリレー6位、800mリレー5位でインターハイ予選会兼中国高等学校選手権水泳競技大会への出場権を得ました。団体総合は第4位でした。

7月22・23・24日には岡山県で行われた第71回中国高等学校選手権水泳競技大会へ出場し、沖田さんが400m個人メドレーにおいて8位入賞、そして400mメドレーリレーにおいては、7位入賞という快挙を成し遂げました。

「晴れの国岡山」というイメージどおり、大会中は晴れてしかも屋外プールのために水温も高いという厳しいコンディションでしたが、それでも選手達は頑張り、本校ベストタイムを上回って泳いでくれました。昨年度出場したインターハイには手が届きませんでしたが、精一杯泳ぎ抜きました。

 

これからは、10月に行われる中国高等学校新人選手権大会出場を目標に、日々鍛錬を続けていきます。卒業生のみなさん、水泳部の活動を応援して下さりありがとうございます。これからも応援よろしくお願いいたします。

8月7日(月)、韓国にある姉妹校、源花女子高等学校との交流行事が、3泊4日の予定で始まりました。

コロナ禍により実施できなかったため、実に3年ぶりの交流となります。

広島駅での出発式では、早朝にもかかわらず沢山の保護者の方々にお見送り頂きました。ありがとうございます。

広島駅から博多駅、福岡空港を経て、高校1年生5名、高校2年生6名、高校3年生4名、合計15名全員が無事韓国へ到着しました。搭乗前は不安そうにしている生徒もいましたが、韓国へ到着してからは、初めて見る景色に興奮している様子でした。

源花女子高等学校へ到着し、創設者の方の顕彰碑に献花した後、歓迎会を開いて頂きました。

 

両校の校長先生、生徒代表の挨拶、記念品の贈呈、お互いの校歌の披露、参加生徒の紹介などがありました。

最後に全体で記念撮影をして、生徒はそれぞれのホストファミリーのもとに向かいました。これから4日間、様々な行事を通じて交流を深めていって欲しいと思います。

7

Aug 2023

原爆死没者追悼式

カテゴリー:

8月6日に原爆死没者追悼式を行いました。

78年前,本校の前身にあたる旧比治山高等女学校では原爆によって生徒73名,教職員2名の,計75名の尊い命が失われました。

本校では毎年,生徒会が主体となって,中国軍管区司令部跡にある慰霊碑で,8月6日に原爆死没者追悼式を行います。

 

(中国新聞(8/7)「各地で慰霊祭」に掲載されています)

 

また,その後本校の「瞑想の森」の慰霊碑でも追悼式を執り行い,献花を行います。

瞑想の森の追悼式には,生徒会の生徒だけでなく,部活動で登校していた生徒も参加しました。

 

世界では紛争が続いていますが,平和と核兵器の廃絶を願い,祈りを捧げました。