スクールブログ Hygee's Garden

令和元年8月7日(水)~8月10日(土)に、本校の姉妹校である韓国大邱市の源花女子高等学校から、生徒20名、先生3名が来校され、本校生徒18名と交流しました。

7日にバディーと対面した後、歓迎式にて源花女子高等学校の校歌を披露していただき、比治山からは筝曲部のみなさんが演奏してくださいました。その後、源花の代表生徒と先生方が瞑想の森の慰霊碑に献花をして下さいました。解散後それぞれのホームステイ先に向かいました。

8日には宮島を訪れ、もみじ饅頭作り体験や厳島神社参拝を行いました。とても暑い日でしたが、源花の生徒も比治山の生徒も元気いっぱいに日本文化を楽しんでいました。昼食後に解散し、その後は自由行動でしたが、バディーと一緒に水族館を訪れたり広島市街観光をしたり、各々に楽しく過ごしました。

9日の夜は相鉄グランドフレッサ広島にて、夕食会及び交流会を行いました。大邱市の環境問題や老舗に関する研究発表(源花)、南中ソーラン(比治山)、伝統舞踊ブチェチュム(源花)、およびK-popやJ-popのダンスや歌をお互いに披露しあい、大いに盛り上がりました。フィナーレでは両校の交流会で毎年歌い継がれている“Best Friend”を日本語、韓国語で全員で合唱し、その後は各ホームステイ先で最後の夜を過ごしました。

10日、いよいよお別れの日です。バディーとのお別れに涙を流す生徒がたくさんいました。ほんの4日間の滞在でしたが、ホームステイや様々な行事を経て生徒たちの間には強い絆が生まれていることが伝わりました。また、両国の将来を担う若者たちがこのような国際交流を続けることに深い意義があると感じました。

以下は生徒たちの感想の一部です。

「来年の夏までに韓国の事をもっと勉強して必ずまたバディーに会いたい」(比治山生徒)「こんな人生最高の機会がまたあるかわかりません」(源花生徒)

最後になりましたが、ホストファミリーとして源花生徒を受け入れて下さり、多大なるご協力をいただいた保護者の皆様に心より感謝申し上げます。

8月6日,広島は,74回目の「原爆の日」を迎えました。

本校でも,旧比治山高等女学校の生徒73名,教職員2名の,計75名が原爆によって命を落とされました。このうち67名は,現在の護国神社入り口にあった,「中国軍管区司令部」での学徒動員の最中に原爆被害にあわれ亡くなりました。

 

本校では毎年,生徒会が主体となって,中国軍管区司令部跡にある慰霊碑で,8月6日に原爆死没者追悼式を行います。また,その後本校の「瞑想の森」の慰霊碑でも追悼式を執り行っていますが,今年は雨が降っていたため,急きょ多目的ホールでの献花となりました。

 

 

 

世界恒久平和と,核兵器廃絶への誓いを胸に,生徒・職員で黙祷し献花いたしました。

 

 

 

8月4日最終日です。

昨日と同じように朝食をしっかり食べてからスタートしました。

本日は練習後,ダブルス大会で締めくくりました。

天候にも恵まれ,3日間無事終了することができました。

高校生は6日,中学生は8,9日と試合があるので,やってきたことがしっかり出せるといいですね。

  1. テニス合宿2日目,少し肌寒い朝を迎えました。

朝食を済ませ,自然に囲まれたコートで練習を始めました。

昼からは中・高混合でシングルス大会を行い,それぞれに順位がつきました。

 

中学生はシングルス大会のあと,アスレチックコースに挑戦しました。通常1時間位かかるコースみたいなのですが,1時間以上頑張って挑戦している生徒がいたり,筋肉痛になるまで頑張ったという生徒もいました。

その後はバーベキューをし,みんなで花火をして2日目を終了しました。

明日が最終日になりますので,最後まで頑張りましょう!

本日からもみのき森林公園にて2泊3日の合宿を行います。

午前中は勉強会に参加して、午後から出発しました。

4時から6時まで練習してその後夕食をみんなで頂きました。

明日も暑くなるみたいですが、しっかり頑張っていきたいと思います。

本日(8月2日)高校1年生特進コースを対象にした夏季学習会の一日目が開催されました。

今年の学習会では「思考力・判断力・表現力を磨くとともに,主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度を育む」ことを目的にしたプレゼンテーションワークを実施しています。

なお「思考力・判断力・表現力」及び「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」は「知識・技能」と並んで,高大接続改革において重視される項目となっております。

今日は,生徒たちがテーマごとにグループに分かれ,プレゼンテーション資料及び発表原稿を,iPadを使用して作成しました。どのグループも活発に議論し合いながら,資料を作成していました。

 

作成した資料は8月5日(月)にプレゼンテーションとして発表します。生徒の皆さんの力作に期待します!

バトン部は、7月27日から佐賀県で開催されている第43回全国高等学校総合文化祭に

広島修道大学ひろしま協創高校との「広島県合同バトンチーム」として参加しました。

初日のパレードでは、広島市立沼田高校 吹奏楽部の演奏にあわせて、佐賀市街地を歩きました。

 

マーチングバンド・バトントワリング部門では、葉加瀬太郎の『JOY OF LIFE』の曲に合わせて華麗な演技を披露しました。

広島からかけつけてくださった保護者の方々からの声援を力にかえ、

生徒達は緊張感に包まれながらも日頃の練習の成果を発揮することができました。

今年度、本校からは高校1年生6人が参加しました。先輩が引退し、初めての遠征でした。

今回の反省や課題を今後のクラブ活動に活かしていきます。

最後に、ご指導してくださるコーチ、衣装作りをはじめ細やかなサポートをしてくださる保護者の皆様、

本校バトン部を応援してくださる皆さんに感謝します。

来月行われる次の大会に向けて頑張ります。

20

Jul 2019

前期終業式

7月20日(土)本日、中学と高校の前期終業式が行われました。

式の前には、この夏、県大会、中国大会、全国大会に出場する生徒たちの壮行式が行われました。

 

終業式では、校長先生より、ルールを守ること、自身で努力を重ねて習慣を作ることの大切さについてお話がありました。

 

学校が始まって早4か月。いよいよ明日から夏季休業に入ります。

補習や部活動、自分の勉強にしっかり取り組める時間です。

さて、高校3年生にとっては自分の将来を決める夏休みといっても過言ではありません。目標実現のための計画を立て、それを着実に実行してください。高校3年生以外の生徒も有意義な夏休みとなるよう計画を立て、着実に実行してください。

そのためにも自らをコントロールできる自制心,自らを律する自律心を忘れずに夏休みを過ごしてください。また、長期の休みでは、生活のリズムが変わります。後期にいいスタートが切れるよう、体調管理には万全を期してください。

それぞれ怪我や事故なく有意義な生活を送り、夏休み明けには元気に登校してきてくださいね。

 

 

7月12・13・14日に、宇部市中央公園テニスコートで行われました、中国大会に参加してきました。

3年生にとっては最後の公式戦です。

悪天候の中行われた大会でしたが、選手達は持っている力を存分に発揮しました。

 

個人戦は、県の予選を勝ち上がった5ペアが参加しました。

4ペアは1回戦を突破し、そのうちの1ペアはベスト32に進むことができました。

団体戦は1回戦での敗退となりましたが、3番勝負まで縺れる戦いとなり、今後の課題を見つけることができました。

 

 

暑さのピークをこれから迎える中、日々の練習と努力が少しずつ試合で発揮できてきています。

まだまだ課題はあるものの、今後の課題と目標を胸に益々精進していきます。

応援にいらして下さった保護者の皆さん、本当にありがとうございました。

次回の大会から新チームとなりますが、変わらず応援の程宜しくお願い致します。

 

 

本日、第一回中学生対象オープンスクール第二日目が行われました。

あいにくの雨模様にもかかわらず、多くの方に参加していただきました。

はじめに、比治山生の先導で、高校の施設を見学していただきました。

 

 

 

 

 

 

講堂では、吹奏楽部の楽しいウェルカム演奏のあと、校長、生徒会会長、進学・英語・特進の各コースの現役生からお話をさせていただきました。また、現在東京大学大学院に在籍している卒業生も駆けつけてくれました。

 

 

 

 

 

 

その後一時間ほど、希望のクラブに分かれての体験。

本校での部活動を、楽しんでいただけたでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本校には、まだまだ多くの部活動、同好会があります。ぜひまた楽しみに来てくださいね。

 

 

食堂体験では、比治山の生徒になった気分を味わっていただけたでしょうか。

 

 

 

9月15日(日)には、比治山の一大イベントである文化祭が、

10月12日(土)は、第2回オープンスクール&学校説明会を行います。

また、お会いできますことを楽しみにしております。

最後になりましたが、今回のオープンスクールに参加してくださった皆さん、

本当にありがとうございました!