スクールブログ Hygee's Garden

3月21日(木)学校は春休みですが、バスケット部はしっかり練習に汗を流しています。

3月25日(月)から中学校の私学大会、3月31日(日)から高校の私学大会が始まります。

基礎的な練習からフォーメーションまで、練習のための練習にならないように真剣に取り組んでいます。

私学大会の活躍を期待してください。

3月19日(火)、平成30年度 退任式、修了式が行われました。

式の前には、全国大会に出場するなぎなた部4名の紹介と、英検1級合格者への証書の授与がありました。

英検1級を取得した高2梅組の仲野さんへ、校長先生からもお祝いの言葉を頂きました。

なぎなた部の4名の生徒たちも、日頃の努力がしっかりと出せるよう、健闘を祈っています。

退任式では、8名の先生がご退任されました。

式に出席された先生方からは生徒の皆さんへ一人ずつメッセージを頂きました。

修了式では各学年の皆勤賞が授与され、校長先生からお話をしていただきました。

4月から新年度が始まります。

現中一は4月から「先輩」となり、中二は中学校の最高学年となります。

また、高1は進路について本格的に吟味する時期となり、高2はついに大学入試の本番が始まります。

そして、どの学年も授業の内容がより高度になるかと思います。

これから始まる春休みで次年度の計画をしっかりと立てていきましょう。

高1 英語コースオーストラリア留学 第7週目に入りました。

今週も、現地の Sally 先生からレポートが届きました。

 

(日本語訳)

3月13日(水),14日(木) Tunnel Ridge Ranch Camp

今週,私たちはTunnel Ridge Ranch でわくわくするような2日間を過ごした。

第1日目,3つのグループに分かれて,アーチェリー,乗馬,スイミング,
ロープダイビングを体験した。
太陽がサンサンと降り注ぐ,とても暑い日だった。
夕方になると,キャンプファイヤーを囲んで,billy tea を飲みながら,語り合い,
火であぶったマシュマロをほうばった。
日が落ちると,湖までの night walk に出かけ,森を抜けて,さまざまな星座が
輝く空を見上げた。暗闇の中で輝く星たちはとても美しく,南十字星が私たちを
歓迎してくれた。

第2日目もたくさんのアクティビティでいっぱいだった。
カヌーや革細工,グル―プアクティビティを満喫した。
勇敢な生徒たちは,自分たちがのったカヌーを自ら転覆させ,歓声をあげていた。
2日間の思い出を語りながら昼食を済ませ,キャンプ場を後にした。
生徒たち全員が屋外の活動と初めての体験を楽しみ,素晴らしい2日間のキャンプを
修了した。

残り少ない時間を大切に,最後まで自分の力を信じて努力を続けてくれることと信じています。

来週はいよいよ最終週です。卒業式に向けて,練習に励んでいることでしょう。

広島から健闘を祈っています!

本日の1、2時間目、中3~高2の生徒たちは先日卒業した高校3年生から受験体験を聞く機会がありました。

高校生活での学習の取り組みや受験を体験して感じたことや学んだことを話してくれました。

自分たちの先輩ということもあり、その後の質問コーナーではたくさんの生徒が積極的に質問をしていました。先輩たちも際どい質問にもざっくばらんに答えてくれていました。

在校生の生徒たちは、今日の話を胸に残りの学校生活を充実させてもらいたいと願っています。

本日協力していただいた高校3年生のみなさん、とても心に残る素晴らしい発表をありがとうございました!新しい環境での活躍を応援しています。

高1英語コースオーストラリア短期留学 第6週目 遠足

Stradbroke Island (known as Straddie)

3月6日(水),ストラドブローク島へ行きました。
Straddie (ストラディ) の愛称で知られています。
ブリスベン市の東に位置し,北と南の2つに分かれています。
今回私たちは南へ旅しました。フェリーに揺られ,約30分で到着です。

現地の Sally 先生からレポートが届きました。
English Version もお楽しみください。

The storm didn’t come, because we had our fingers crossed! So, the weather was beautifully sunny and hot for our trip to Straddie.
We travelled by ferry to the island and enjoyed morning tea on a small beach. Then we walked along the North Gorge cliffs,
the view was breathtaking and big waves came crashing over the rocks. The ocean was an incredible turquoise blue colour
and if we searched carefully we could see some turtles in among the waves. Then our teacher said,” Look! Dolphins!” and to our amazement
we could watch two or three groups of dolphins playing in the sea. But, that wasn’t all. As we were walking down towards Main beach where the surfers were riding the waves,
we spotted a manta ray slowly swimming towards us. How lucky we were! We had lunch in the shade near Cylinder Beach, then we enjoyed paddling and splashing in the sea,
collecting shells and taking photos. The horizon was wide and the ocean was beautiful. Finally, we stopped for an ice-cream on our way back to the ferry
after spending a fantastic day on the island. Goodbye Straddie!!

(訳)
私たちの願いが叶い,嵐は去った。ストラデイへの旅はお天気に恵まれ,暑さの中で最高のものになった。
フェリーで島へ向かい,小さなビーチでお茶の時間を楽しんだ。それから The North Gorge cliffs 沿いに散歩をした。
息をのむようなすばらしい景色が広がり,岩場に大きな波が何度も打ち付けていた。海はどこまでも青く美しかった。
目を凝らすと,波間にカメの姿を捕えることができた。その時だった。「見て!イルカがいるわ!」オーストラリアの先生が叫んだ。
驚いたことに,イルカの群れが遊んでいるのが目に飛び込んできた。さらに驚きは続いた。サーファーたちが波乗りを楽しんでいる
海に向かって歩いていると,マンタがゆっくりと私たちに近づいてきた。こんな幸運なことってあるのだろうか!
Cylinder Beach の木陰で昼食を取り,浜辺では波とたわむれ,貝殻を集めたり,写真を撮ったり,それぞれの過ごし方を楽しんだ。
どこまでも続く水平線と美しい海がそこには広がっていた。フェリーへ戻る道すがら,アイスクリームに舌鼓を打ち,ストラディで過ごした素晴らしい1日を思い起こした。ありがとう,ストラディ!

平成31年3月1日、第71回卒業証書授与式が執り行われました。223名の卒業生に卒業証書が授与され、そのうち22名に皆勤賞、11名に精勤賞が授与されました。好村校長先生からはなむけのお言葉をいただき、来賓の方々にも祝辞をいただきました。

建学の精神「悠久不滅の生命の理想に向かって精進する」のもと、校訓「正直 勤勉 清潔 和合 感謝」についての訓話をいただくのもこの日が最後でした。五訓を胸に、これから社会にどう貢献していくか「実行する力」を示すため、ゲーテの言葉”Without haste, but without rest”(急がずに、だが休まずに)も授けてくださりました。式の後は各教室に戻り、担任の先生から各生徒に励ましの言葉と共に卒業証書が手渡されました。

卒業する生徒の保護者にインタビューしたところ、期待と不安に胸をふくらませながら入学した日のことがつい昨日のように思えるほどあっという間の3年間だったこと。沢山の方々に支えていただき充実した楽しい日々を過ごせたことを親として心から感謝してること。部活動や学校生活で得たことを力と誇りに変えて、これからの人生に役立てていけるよう、諦めることなく地道に努力し続けて欲しいと願っていること。みんなの気持ちが伝わる本当に素敵な卒業式だったことなど、教えていただきました。

また別の保護者は、卒業証書授与式もですが、後のホームルームも印象的だったとのことでした。最後のホームルームでは担任の先生が涙ながらにお話しくださったのが感動的だったそうです。良い先生、友達に恵まれた三年間で学んだことをこれからの人生に役立ててほしいと願っておられました。

2月27日 (水) Mt. Tamborine Excursion

今日は、Mt. Tamborine へ遠足に出かけました。
生徒たちは壮観な景色を楽しみ、その素晴らしい景色を背景にたくさん写真を撮っていました。
これまでの授業で熱帯雨林について詳しく学び、そのすべてが現実となり、生徒たちの目の前に現れました。
美しい滝、熱帯の植物、珍しい鳥たちや昆虫、そんなオーストラリアの自然に触れ、生徒たちの表情も自然とほころびます。
また、学習したことを体験することにより、理解が深まります。

Botanical Garden でランチをし、少し自由時間をもらって、アイスクリームやお買い物を楽しみました。
大自然の中で、心が癒され、多くの感動が生まれたに違いありません。
この日の日記も様々な表現を使って、自分を表現してくれることと思います。

    

3月1日(日)、高校3年生236名が本校を卒業しました。

 

今年度はコロナウイルスの影響により、卒業生とその保護者、教職員のみの出席という状況の中、多くの保護者の方に列席していただき、厳粛な卒業式が挙行されました。

卒業証書授与では一人ひとり名前が呼ばれ、クラスの代表者が証書を受け取りました。

 

また、三年間で皆勤、精勤であった生徒へ証書が授与されました。

校長先生の式辞、理事長先生からご祝辞を頂きました。

また、電報にて多くの方よりご祝辞を頂きました。

在校生の総代として、前高校生徒会長である一色さんから送辞が贈られました。

答辞として、生徒会長を務めた村木さんが代表で高校3年間の思いを述べました。

途中、友人や両親、先生を思って涙ぐむ姿からこの3年間への熱い思いが伝わってきました。

その後、卒業生より記念品の贈呈、保護者の方より謝辞を頂きました。

クラスの教室では最後のホームルームを行いました。

担任の先生から卒業証書が手渡されます。プロジェクターを使って動画を流しているクラスもありました。

生徒が一人ずつクラスメイトへの思いを話したり、先生から生徒ひとりひとりにメッセージを贈ったり、別れを惜しみながら最後の時間を共有していました。

この3年間または6年間で、同級生やほかの学年の生徒たちと共に過ごした時間はかけがえのない思い出になったことと思います。

これから大学受験に向けて頑張る人や進路が決定した人など置かれた状況は様々ですが、それぞれ別の道を歩んでいくことになります。

さらに成長し、素敵な大人の女性になった皆さんに再び会える日を楽しみにしています。

3月1日(金)

本日は、高校卒業式。この日を迎えると、昨年の卒業生を送り出した日が、つい先日だったかのように、いつも思ってしまいます。

陸上部では、今年選手4名、マネージャー2名の計6名が卒業しました。

毎年、陸上部では、高3のホームルーム解散後に送る会を開催しています。

卒業を迎えた6名、お疲れ様でした。そしてクラブの中心で引っ張ってくれて、ありがとう。

これからの人生が素晴らしきものになりますように。

 

 

 このメンバー、スタッフで最高の2018年を過ごせました。

2019年シーズンもわずかに迫ってきました。新チームも頑張ります。

 

2月25日(月) Birthday party
第5週目が始まりました。今日も元気に登校しています。
昨日お誕生日を迎えた生徒のために、オーストラリアの先生方が手作りケーキでお祝いしてくださいました。
Happy birthday の大合唱の中、ロウソクの火を吹き消しました。
さらに、間も無くお誕生日を迎えるもう一人の生徒もお祝いをしてもらい、二人一緒でとても嬉しそうです。
忘れられない16歳のお誕生日になりました。