スクールブログ Hygee's Garden

4月20日・21日の二日間にわたって、びんご運動公園にて

広島県知事杯大会が行われました。

比治山女子からは10ペア(20名)が参加させていただきました。

二日間とも、きれいな晴天で、大雨やひどい風でなかったので、

すこし暑いくらいではありましたが、

生徒たちはみなプレーに集中しやすい状況だったと思います。

 

今年は全県から400ペアを越えるエントリーがあり、

私たちも、一つでも上をめざして、各ペアが1戦1戦にのぞみました。

 

 

 

全体としてみると、ベスト32以上に4ペアが残ることができ、

良かったといえるかもしれません。

しかし選手ひとりひとりは、自分自身のプレーに満足していないと思います。

明かな1試合・1プレーの中でのミスや失敗はもちろん、

なぜ勝つことができなかったのか、どのプレーがだめだったのか、

逆に良かったプレーは何だったのか、自分自身の成長点はどこか、

その分析から始めなければならないこともあると思います。

 

まだまだシーズンは始まったばかりです。

まずは週末の地区予選。

全員でベストが尽くせるよう、しっかりと取り組んでいこうと思います。

 

最後になりましたが、応援にいらしてくださった

保護者の皆さま、本当にありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

19

Apr 2019

体力テスト・健康診断

カテゴリー:

4月18日(木)は全校生徒を対象に体力テスト・体位測定・健康診断を行いました。

校内のいろんな場所に、計測・検査会場を設置し、生徒がみずから各所をまわります。

はじめての中学校一年生の緊張した面持ちが印象的でした。

保健委員や高校生の運動部がお手伝いをしてくれたおかげでスムーズに終えることができました。ありがとう!

今回の結果を受け、生徒それぞれが自身の身体の事を知り、今後も健康的な生活が送れるようにしましょう♪

生徒のみなさん、おつかれさまでした!

平成31年4月15日(月)、比治山女子中学高等学校創立80周年を記念し、全校生徒に向けて記念講演会が行われました。

講師に平 真沙美 先生をお迎えし、先生は「ありがとう、おかげさま」という演題で講演をされました。

 

平先生は、ご自身が西本願寺へ務めることとなったきっかけや、災害により被害を受けた地でされた経験を通して、私たちが「生かされている」有り難さや、感謝の大切さ、素晴らしさについてお話をされました。

生徒は、比治山の先輩であり、人生や社会の先輩でもある平先生の話に聞き入っていました。

平成31年4月15日(月)、比治山女子中学高等学校は、学校創立80周年を迎えました。

本日は朝から全校生徒が講堂へ集合し、厳粛な雰囲気の中で記念式典が行われました。

学校長式辞では、比治山が掲げる「変わらない心、変わりゆく時代の先へ」というスローガンについて、連綿と続いてきた建学の精神「親心に応えて悠久不滅の命の理想に向かって精進する」を胸に、この変革の時代を見通し、大胆に教育改革を進めていくという決意が語られました。

生徒代表の詞では、「80周年を迎え、誇らしい気持ちとともに、これからも比治山に関わる全ての人とのつがなりを改めて大切にしていきたい」との抱負が語られました。

記念すべき創立記念の年を迎え、比治山女子中学・高等学校はこれからも社会で輝ける女性の育成をめざしていきます。

 

平成31年4月14日(日)

小雨の中、第42回黄金山(こがねのやま)フェスティバルに参加してきました。

黄金山地区社会福祉協議会が主催し、地域の子どもからお年寄りまで、多くの人たちが参加してたいへん盛り上がる行事です。

演技のテーマは「美女と野獣」です。演技の合間、演技終了後には会場から、大きな拍手と称賛の声をたくさんいただきました。

また、フラワーフェスティバルのパレードにも参加しますので、どうぞ見に来てください!

iPadを手にして最初の授業は、国語の授業です。授業者もiPadとプロジェクターを使って、授業を進めます。

生徒はノートの代わりにiPadにメモっています。入力作業に慣れていないので、時間がかかるようです・・・

11

Apr 2019

高1 iPad配布

カテゴリー:

今日から高校1年生は、iPadが配布され早速使用を開始しました。

慣れない作業に戸惑いながらも一生懸命操作をし、課題を提出します。

課題を終えた後は、iPadの色々な機能を試しており、授業中ですが思わず笑みが溢れている様子でした。

これからの家庭学習や授業など、様々なところでしっかりと活用していきましょう!

11

Apr 2019

高3進路アッセンブリー

カテゴリー:

本日4時間目に行われた進路の取組を紹介します。

今回は特進コースと普通・英語コースに分かれての講演でした。

 

 

 

特進コースはこれからの一般受験を念頭に置いた内容を,ベネッセコーポレーションの武吉さんをお招きしてお話をして頂きました。

 

 

 

これは何の数字か分かりますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は

 

 

 

 

 

 

 

センター試験と名称を変え,約30年続いたこの試験もこの学年で最後になります。

残された時間で何をするべきか,現役生は最後の最後で伸びる根拠など詳しく教えてもらいました。

そして受験を通して得られる力がどのように社会に役立つかも教えて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方,普通・英語コースは進路部長から主にAO・推薦受験に対する心構えなどを中心に話して頂きました。

ただ行きたいでではなく,なぜここなのか,その大学で何を学びたいのか,しっかりとした意志が必要であることを学びました。

 

今はまだ漠然とした夢かもしれませんが,自分の進路と真摯に向き合い,はっきりとした目標に変わることを信じています。

1日1日を大切にし,感謝の気持ちを忘れず成長していきましょう。

9

Apr 2019

対面式

4月9日(火)4時間目に対面式が行われました。

今年度入学したばかりの中高1年生と中高2・3年生が顔を合わせ、新しい年がスタートして、はじめて全学年が講堂に入りました。

式の前には、起立・礼・着席など式での作法指導がありました。

また、校旗の紹介もありました。

 

新入生代表より、「正直、勤勉、清潔、和合、感謝の五訓を尊重し、立派な比治山の生徒になりたい。」と抱負が語られ、比治山生になったという自覚が感じられる挨拶でした。

新入生のみなさん。早く登下校にも慣れて、楽しい学校生活を送ってください。

本日4月6日(土)に,晴れ渡る空の下,平成31年度中学校・高等学校入学式が挙行されました。

新入生は,教室で担任の先生と対面し,一緒に講堂へ移動しました。

式が始まり,校長先生から校章の授与,そして式辞を頂きました。

合唱部からは校歌,学園歌の紹介がありました。

式の終了後には,教室へ移動し,初めてのホームルームです。担任の先生のお話を聞きます。

校章を担任の先生から手渡しで受け取り,いよいよ比治山生の制服が完成です。

新入生の皆さんにはこれから比治山女子中学・高等学校のことをたくさん知ってもらい,

早く比治山での生活に慣れて,楽しく学び,実りある学校生活を過ごしてもらいたいです。