スクールブログ Hygee's Garden

4月29日(月)

本日は、午前中に学校で練習しました。何と、昨日の織田記念陸上で走幅跳に出場した日本陸連強化選手が、指導に訪れてくれました。

8m06の自己記録を持つ、東京五輪を目指して活動されている、東武トップツアー所属の山川夏輝選手です。走幅跳ブロックの9名が、指導いただきました!

 

普段、山川選手が行っているアップや、試合中にやっていること、走幅跳やスプリントに生かせるドリルなどを教わりました。

高校時代、100mの桐生選手と同級生ということで、当時からのエピソードなども交えて、洛南高校時代から現在も行っている練習も紹介していただき、実際に体験しました。

 

後半は、砂場に向かい、短助走練習からの跳躍など、ジャンパーとして必要なことをたくさんアドバイスいただきました。

また、実際に目の前でジャンプも披露してくださり、こんな贅沢いいのかという気持ち反面、砂場の長さが足りなくて、怪我されないか冷や冷やしました。

短距離・投擲・長距離ブロックは、普段からお世話になっている和泉コーチに指導いただきました。

 

メインテーマは、”反発を生み出す”でした。色んな動きをしましたが、どれだけ理解できたか、また考えて身体を動かすことができたか。

今後の練習で継続して行っていきましょう。

心配していた雨も、祈りが届いたのか、小降りから止むというミラクルで、外でしっかり練習できました。

最後は、山川選手と全員で写真を撮っていただき、サインや写真をとっていただきました。

中学・高校、もちろん女子ばかりですが、随分増えました。このメンバーで2019年比治山女子突き進みます。

山川選手も応援していきたいと思います!ありがとうございました。

本日の放課後、タータントラック完成を記念し、陸上走路完成記念式が開催されました。

 

校長先生、岡本理事長先生、生徒会長の一色さんによる挨拶の後、吹奏楽部の生演奏のもとテープカットを行いました。

テープカットの後、生徒を代表して陸上部の高校3年生が新しいタータンを滑走し、「令和」という新しい時代を感じさせる爽やかな幕開けとなりました。

本校の平成最後の式典となりましたが、陸上部の生徒をはじめ、様々な生徒に新しい風を吹かせてくれることを期待しています。

19

Apr 2019

体力テスト・健康診断

カテゴリー:

4月18日(木)は全校生徒を対象に体力テスト・体位測定・健康診断を行いました。

校内のいろんな場所に、計測・検査会場を設置し、生徒がみずから各所をまわります。

はじめての中学校一年生の緊張した面持ちが印象的でした。

保健委員や高校生の運動部がお手伝いをしてくれたおかげでスムーズに終えることができました。ありがとう!

今回の結果を受け、生徒それぞれが自身の身体の事を知り、今後も健康的な生活が送れるようにしましょう♪

生徒のみなさん、おつかれさまでした!

4月13日(土)に広大オープンテニス大会に2名参加してきました。

D級での参加でしたが,人数の関係でCD級混合での大会になっていました。

2人とも初戦が大学生で初戦突破とはなりませんでしたが,こういった経験を積んでいくことが今後に活きてくるはずです。

まだまだテニスを始めたばかりなので,これからしっかり成長していってくれると期待しています。

更に,14日(日)に尾道市シングルステニス大会の残り試合がありました。

1名がD級で残っており,びんご運動公園まで行ってきました。

こちらはなんと決勝戦まで行くことができましたが,惜しくも2位という結果でした。

次は個人戦初優勝目指して頑張ってほしいと思います。

おめでとうございました。

平成31年4月15日(月)、比治山女子中学高等学校創立80周年を記念し、全校生徒に向けて記念講演会が行われました。

講師に平 真沙美 先生をお迎えし、先生は「ありがとう、おかげさま」という演題で講演をされました。

 

平先生は、ご自身が西本願寺へ務めることとなったきっかけや、災害により被害を受けた地でされた経験を通して、私たちが「生かされている」有り難さや、感謝の大切さ、素晴らしさについてお話をされました。

生徒は、比治山の先輩であり、人生や社会の先輩でもある平先生の話に聞き入っていました。

平成31年4月15日(月)、比治山女子中学高等学校は、学校創立80周年を迎えました。

本日は朝から全校生徒が講堂へ集合し、厳粛な雰囲気の中で記念式典が行われました。

学校長式辞では、比治山が掲げる「変わらない心、変わりゆく時代の先へ」というスローガンについて、連綿と続いてきた建学の精神「親心に応えて悠久不滅の命の理想に向かって精進する」を胸に、この変革の時代を見通し、大胆に教育改革を進めていくという決意が語られました。

生徒代表の詞では、「80周年を迎え、誇らしい気持ちとともに、これからも比治山に関わる全ての人とのつがなりを改めて大切にしていきたい」との抱負が語られました。

記念すべき創立記念の年を迎え、比治山女子中学・高等学校はこれからも社会で輝ける女性の育成をめざしていきます。

 

平成31年4月14日(日)

小雨の中、第42回黄金山(こがねのやま)フェスティバルに参加してきました。

黄金山地区社会福祉協議会が主催し、地域の子どもからお年寄りまで、多くの人たちが参加してたいへん盛り上がる行事です。

演技のテーマは「美女と野獣」です。演技の合間、演技終了後には会場から、大きな拍手と称賛の声をたくさんいただきました。

また、フラワーフェスティバルのパレードにも参加しますので、どうぞ見に来てください!

4月11日(木)本日、中学校一年生のオリエンテーションは最終日でした。

今日は、担任の先生と校内見学を行いました。

全ての校舎を回り、さまざまな場所でのルールなども学びました。

これで迷わず目的地にたどり着ける!はずです…。

4時間目からは通常授業が始まりました。

50分の6時間でさすがに疲れたようですが、明日からも頑張ろう、中一!

 

4月6日(土)入学式を終えた中学校1年生は、月曜日からオリエンテーションを行っています。

まだまだ緊張気味の生徒たちですが、今日で3日目。今日は校長先生から訓話いただき、その後、学校生活について様々な分野の先生方にご指導いただきました。

今日から、みんなお弁当を持参し、初めてクラスでお昼を共に過ごしました。

いよいよ明日から授業も始まります。

一歩ずつ確実に歩んでいきましょう。がんばろう、中一!

9

Apr 2019

対面式

4月9日(火)4時間目に対面式が行われました。

今年度入学したばかりの中高1年生と中高2・3年生が顔を合わせ、新しい年がスタートして、はじめて全学年が講堂に入りました。

式の前には、起立・礼・着席など式での作法指導がありました。

また、校旗の紹介もありました。

 

新入生代表より、「正直、勤勉、清潔、和合、感謝の五訓を尊重し、立派な比治山の生徒になりたい。」と抱負が語られ、比治山生になったという自覚が感じられる挨拶でした。

新入生のみなさん。早く登下校にも慣れて、楽しい学校生活を送ってください。

2 / 2812345...1020...最後 »