スクールブログ Hygee's Garden

2月5日(火)

1月27日(日)は、高校陸上部は温品町駅伝に参加してきました。

 

大人の部で2位という結果でした。温品町の皆様、お世話になりました。

そして翌週2月3日(日)は、音戸一周駅伝に参加してきました。ほぼ中学生の中でのレースでしたが、しっかり走って女子の部1位でゴールしました。

昨日4日(月)は、長距離はオフでしたが、短距離系は練習でした。グランドコンディションがあまり良くなかったので、少し動きづくりをした後に、サーキット(補強)を行いました。

  投てきは上半身のウエイト、ジャンプトレーニング、押し相撲などです。

補強メニューはこちらです。(何をしているかは見ただけでは分からない可能性が大ですが・・・。)

○バーピー20回  ○MB左右振りジャンプランジ20回  ○BB上下左右30回

○腕立て回転左右5回ずつ  ○スパイダー15m往復  ○コロコロMB5回

○DM上下投げ×左右10回  ○MB1kg膝挟みDM側筋×左右15回       以上を3セット(中学は2セット)

 

 

 

 

2月2日(土)に、今年度4回目のひじっ子みゅにてぃくり~んが開催されました。

これは中学校生徒会役員が企画・運営する地域清掃活動です。

日ごろからお世話になっている、学校周辺地域のゴミ拾いを行いました。

 

 

グループごとに1時間ほど清掃した後、学校で豚汁をいただきました。

寒空の中での活動でしたので、とても温まることができました。

      

地域清掃することも、みんなで楽しみながらできるということが、

ひじっ子みゅにてぃくり~んの良いところだと思います。

これからもこの行事を続けていってほしいものです。

1月24日(木)に中二、中三によるカルタ会が行われました。

国語の授業で学んだ百人一首を、後期から札を並べて各クラスで練習してきたそうです。

事前に選ばれたクラスごとのクイーンは一対一で、その他の生徒たちは4~6人のグループで競っていました。先生が歌を詠み始めると一斉にみんなの姿勢が前かがみになり、真剣なまなざしで札を取っていました。上の句ですぐに「はい!」と声が上がる場合もあれば、下の句の後、しばらくみんなで探している様子も見られ、緊張感と微笑ましさがありました。

この日のために努力してきた生徒の中でも、特に札を多く取ることができた人がクイーンとして表彰されました。受賞されたみなさん、おめでとうございました。個人の取った札の集計後、クラス対抗の結果も発表されるそうです。楽しみですね。

1月17日(木)に中学国際理解教育「世界の窓」が行われました。JICA(独立行政法人国際協力機構)中国支部の派遣により、広島県国際協力推進員の方々3名がお見えになりました。中一、中二、中三、それぞれ学年毎に3か所に分かれて講義をしてくださいました。

中一学年では、講師の方からいくつかの外国の民芸品を見せていただきました。生徒たちは実際に手に取り、話し合って、考えて、グループごとに発表しました。いろいろな国の名前が出てくるなかで、「開発途上国」という言葉についての学習もできました。

中二学年の学習は、主に「世界がもし100人の村だったら」という本に基づき、お話を聞きながら、カードゲームやワークショップを交えて行われました。食糧問題や富の偏りについて、講師の方は飴を「富」に見立てて分かりやすく説明されていました。ワークショップで確認学習した後、生徒たちはその「富」の飴をいだだき、みんなおいしそうに食べました。今日の飴は、甘さのほかにきっと深みも味わえたのではないかと思いました。

中三学年では、カカオ豆の栽培、加工、流通などを学びながら、児童労働やフェアトレード(公平な取り引き・公正な貿易)について考える内容でした。日本は、街中チョコレートが溢れる季節になりましたが、カカオの世界最大産地のガーナでは、数十万の子どもが労働力として働かされています。その子どもたちは、おいしいチョコレートを食べることはおろか、見たことさえありません。講師の方は映像、写真、ガーナの紙幣(図案はカカオ豆)などを提示しながら、実体験をお話されました。講義の最後に、「今日の話は面白かった」だけで終わってほしくない、と生徒たちに語りかけられました。

 

11月11日(金)6時間目に本校グラウンドにて中学校1年生から高校2年生を対象に自転車交通教室を実施しました。

今回の教室では、JA共済広島・警察署・スタントマンの方々の御協力により、いつもとはまた違ったかたちのものとなりました。

今回は、スタントマンの方々による実演を交えたものでした。

教科書や映像では見たことがあるけれど、事故の実演を目の前で見た衝撃や音は、非常に印象に残るものでした。

改めて事故の恐ろしさを体感し、交通マナーについてより一層気を付けていきたいものです。

お忙しい中、ご協力いただいた、JA共済広島の皆様、警察署の皆様、スタントマンの皆様、本当にありがとうございました。

15

Jan 2019

2019年初釜

カテゴリー:

1月11日金曜日、茶道部による毎年恒例の初釜が行われました。生徒たちはこの日のために昨年末から練習に励んできました。当日は校長先生始め、たくさんの先生が参加してくださいました。この日のお菓子「はなびら餅」で、お花は寒あやめ、和水仙を飾りました。参加していただいた先生方にも少し早い春の訪れを感じていただけたことと思います。

 

先日7日の新春コンサートを終え、8日(火)より学校生活がリスタートしました。

新年最初は大掃除です。

庭にはたくさんの落ち葉です。量が多くて大変でしたが、新鮮な気持ちで新たな学校生活がスタートできます。

掃除のあとは、実力試験も終え、普段の生活が再び訪れました。

生徒たちの笑顔あふれる、一年になりますように☆

1月7日(月) 広島市文化交流会館HBGホールにて,今年も新春コンサートが行われました。

比治山女子中学・高等学校では,毎年,広島交響楽団による演奏会「新春コンサート」で新しい年が始まります。

 

演奏会の始まる前に,校歌を小松先生の指揮と広島交響楽団の華やかな演奏のもと,合唱しました。

 

-・-・-・-・-・-・-・- Program -・-・-・-・-・-・-・-・-・-

       指 揮    : 角田 鋼亮 (Kosuke TSUNODA)

     ヴァイオリン :  南 紫音 (Shion MINAMI)

♪ モーツァルト : 歌劇 「魔笛」  序曲

♪ ベートーヴェン : ロマンス第2番 ヘ長調 Op. 50

♪ クライスラー : 愛の喜び

♪ マスネ : タイスの瞑想曲

♪ サン=サーンス : 序奏とロンド・カプリチオーソ

♪ ベートーヴェン : 交響曲第5番 「運命」  ハ短調 Op. 67

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

 

 

広島交響楽団の皆様の華やかな演奏を聴き,清らかな気持ちで今年もスタートすることができました。

広島交響楽団の皆様,ありがとうございました。

12月29日(土)

本日で年内の練習は終了しました。2018年、お世話になった関係者の方々にお礼を申し上げます。ありがとうございました。このところ、またブログ更新ができていなかったので、2019年は11月~12月のフィードバックから入りたいと思っています。

 

いつもの動きづくりで身体を温め、本日は近くの比治山の坂へ。坂まではjogで移動します。

  着いたらまずは、ながし。

雪が舞う中の練習となりました。

短距離は、バックペダル+フロントラン×10本+リズムジャンプ走×6本

長距離は、5.4kmアップダウン走。最後1kmは全力で。

 

学校へ戻り、2チームに分かれてのコーンリレーエンドレス。ここで終わりかと思いきや、最後に2人組ダイナマックッス高速ランジパスで、年内最後の練習を締めくくりました。

2018年、チームは大きく飛躍を遂げることができました。

2019年、更なる高みを目指して、チーム・個人のレベルを上げていきたいと思います。

それでは、皆様、よいお年を。

 

21

Dec 2018

冬休み前生徒集会

カテゴリー:

平成30年12月20日,冬休み前の生徒集会を中学,高校とそれぞれ行いました。

最初に,今回もたくさんの表彰を披露しました。

今年は,7月の西日本豪雨が皆さんにとっても大きなできことであったと思います。今なお,日常の生活に戻れない人もいます。一日も早い復興を祈るばかりです。この被害のなか,登校に苦労した生徒も多かったと思います。どんな場面に出会っても被害者の生活再建や支援に貢献できる比治山女子であってほしいと願います。

そして,校長先生の十大ニュースも発表していただきました。

第1位は,比治山女子の皆さんと出会ったことでした。生徒たちもVeryGoodな反応で,講堂内が寒い冬に負けない,暖かな雰囲気に包まれました。

最後に,発明王エジソンの言葉を紹介されました。

「Genius is 1 percent inspiration and 99 percent perspiration.」天才とは、1%のひらめきと99%の努力である。

- Thomas Edison (トーマス・エジソン) -

新しい年を迎えるにあたり,新年には自分の才能を伸ばすため,何ができるかを考え,正月元旦から早速,実践してください。

1月7日の新春コンサートには,みなさん,元気で再開できることを願っていますと,冬休み,新年を前に講話をいただきました。