スクールブログ Hygee's Garden

12月29日(土)

本日で年内の練習は終了しました。2018年、お世話になった関係者の方々にお礼を申し上げます。ありがとうございました。このところ、またブログ更新ができていなかったので、2019年は11月~12月のフィードバックから入りたいと思っています。

 

いつもの動きづくりで身体を温め、本日は近くの比治山の坂へ。坂まではjogで移動します。

  着いたらまずは、ながし。

雪が舞う中の練習となりました。

短距離は、バックペダル+フロントラン×10本+リズムジャンプ走×6本

長距離は、5.4kmアップダウン走。最後1kmは全力で。

 

学校へ戻り、2チームに分かれてのコーンリレーエンドレス。ここで終わりかと思いきや、最後に2人組ダイナマックッス高速ランジパスで、年内最後の練習を締めくくりました。

2018年、チームは大きく飛躍を遂げることができました。

2019年、更なる高みを目指して、チーム・個人のレベルを上げていきたいと思います。

それでは、皆様、よいお年を。

 

21

Dec 2018

冬休み前生徒集会

カテゴリー:

平成30年12月20日,冬休み前の生徒集会を中学,高校とそれぞれ行いました。

最初に,今回もたくさんの表彰を披露しました。

今年は,7月の西日本豪雨が皆さんにとっても大きなできことであったと思います。今なお,日常の生活に戻れない人もいます。一日も早い復興を祈るばかりです。この被害のなか,登校に苦労した生徒も多かったと思います。どんな場面に出会っても被害者の生活再建や支援に貢献できる比治山女子であってほしいと願います。

そして,校長先生の十大ニュースも発表していただきました。

第1位は,比治山女子の皆さんと出会ったことでした。生徒たちもVeryGoodな反応で,講堂内が寒い冬に負けない,暖かな雰囲気に包まれました。

最後に,発明王エジソンの言葉を紹介されました。

「Genius is 1 percent inspiration and 99 percent perspiration.」天才とは、1%のひらめきと99%の努力である。

- Thomas Edison (トーマス・エジソン) -

新しい年を迎えるにあたり,新年には自分の才能を伸ばすため,何ができるかを考え,正月元旦から早速,実践してください。

1月7日の新春コンサートには,みなさん,元気で再開できることを願っていますと,冬休み,新年を前に講話をいただきました。

 

納税貯蓄組合連合会主催(県教育委員会など後援)の

「中学生の税の習字」コンクールに今年度も本校の中学生たちが出品しました。

習字の授業で取り組んだ作品をエントリーし、

12月17日にたくさんの生徒が賞を頂きました。

・広島南納税貯蓄組合連合会会長賞  1名

・中国税理士会広島南支部支部長賞  1名

・広島南納税貯蓄組合連合会優秀賞  9名  他多数

 

また合わせて間税会が主催する「税の標語」コンクールでも

3名の生徒が入選し、表彰をいただきました。

 

比治山女子の中学生の活躍にご注目ください!

12月15日土曜日 午後12時45分よりひじっ子みゅにてぃくりーん③が行われました。

朝から冷え込みが厳しく寒い日になりましたが、中学生・高校生・生徒会の生徒、約80名が正門前に集合し、

校長先生の挨拶、生徒会の説明の後、グループに分かれて学校周辺の担当エリアの清掃を行いました。

担当の先生によると、町内の方の協力もあり、ここ最近はゴミも減っているとのことでした。

清掃後、副校長先生の挨拶の中で、近所の方から「いつもきれいにしてくれてありがとう」と声をかけて頂いたとありました。

清掃範囲となっている地域は、生徒達の通学路、体育の授業やクラブ活動として使用するだけでなく、一般の方も使用しています。

お互いに気持ちよく使用できるよう、これからもこの活動を続けて欲しいと思います。

12月13日(木)1時間目に校長訓話がありました。中間試験などがあり、久しぶりの訓話でした。

全体で校歌斉唱し、最初に建学の精神と五訓について、国信先生の教えに触れました。今回は、五訓の中から清潔をとりあげ、“そうじ”をテーマに校長先生からの出題やペアワークなどをしました。ディズニーの本を題材にあげたりと、生徒たちも楽しく大事なことを学べる訓話でした。

普段のそうじが教えてくれること…。きっと大事な何かがあるはずです。

11

Dec 2018

体育館床全面リニューアル

カテゴリー:

体育館の床を全面張り替えました!

約1ヶ月間の工事でした。修繕された体育館で授業も部活もいっそう磨きがかかることでしょう。

後期中間試験も今日で終わり、きれいになった体育館でまた部活動も再開します。

「おはようございます。」毎日校門で大きな声で挨拶が行き交っています。
11月26日(月)から30日(金)の期間、PTA育成委員の保護者の方々も参加したあいさつ運動が行われました。

育成委員の保護者の方々が、週番の中学生と高校生そして先生方と校門に並んで登校する生徒に大きな声で挨拶します。
最近めっきり朝は寒くなり、登校する生徒達は体を丸め下を向きがちに歩いてきます。大きな声で「おはようございます。」とあいさつすると、顔を上げて会釈したり挨拶をしていきます。その後は背筋が伸びて門を入って行きます。

挨拶を交わすことで、今日も頑張ろうと思ってくれたらうれしいです。

11月21日(水)の午後より、平成30年度授業研究会を実施しました。

今年の研究会の主題は、「深い学びにつながる授業実践の構築~比治山教育のさらなる発展に向けて~」でした。新学習指導要領でも一つのポイントとされる「深い学び」とは何かをテーマに、国語・数学・地理歴史・理科・保健体育・外国語・習字の授業担当者が、その具体的な授業像を提案するものでありました。各授業では本校の教員だけでなく、大学の先生方に助言者として参観していただきました。

プロジェクターやタブレット、書画カメラなどのICT機器を活用したわかりやすい取り組みや、ペアワークやグループワーク、ジグソー法などを用いた活発な議論など、生徒の「深い学び」につながる工夫がみられる授業が展開されました。

参観後には、授業者と参加者が各教室内で「授業についての協議」を行う時間帯が設けられて、授業内容や指導法等に関して活発な意見交換が行われました。授業研究会に助言者としてご協力いただきました、比治山大学現代文化学部の山﨑真克先生、鹿江宏明先生、佐々木淳先生、胡泰志先生、広島国際大学看護学部の西来路文朗先生、広島大学大学院教育学研究科の棚橋健治先生、広島文教女子大学人間科学部の森哲之先生、本当にありがとうございました。

またその後、教員研修会として広島文化学園大学教授・兵庫教育大学名誉教授で道徳教育研究の第一人者でいらっしゃる渡邉満先生をお招きして「中学校道徳科の実施と評価について」と題して講演をしていただきました。次年度より中学校では道徳が「特別の教科」として位置付けられることになっています。それに備えて教職員でこの研修を実施しました。渡邉先生、ご講演ありがとうございました。

 

このようにこの日は濃密な時間を教職員一同過ごすことができました。また今日よりこの研究会および研修会を糧によりよい教育実践を行ってまいりたいと考えていますのでよろしくお願いします。

本日国信ホールで「第62回中学音楽会」が行われました。

各クラスは与えられた課題曲を歌い上げた後、自由曲も披露しました。どのクラスもそれぞれの良さが出ていて、素晴らしい合唱でした。「夏休み明けころから練習を始め、本番の今日でみんなが一番まとまった」という二人の生徒さんの感想を聞きました。ホールいっぱいに満ちる美しいハーモニーで、一生懸命練習する光景が目に浮かびました。

約2時間半にわたる音楽会でしたが、壇上に上がられた大人は、校長先生、音楽の牧先生と小松先生だけでした。司会から、開会・閉会宣言、各クラスの指揮者、課題曲伴奏、自由曲伴奏、成績発表まで、音楽会は最初から最後まで生徒たちによりスムーズに運ばれました。中1の課題曲「いつか」の中に、「いまがいつかにつながるように」という一節がありました。それはきっと素晴らしい形で実現できるだろうなと確信しました。

今日の音楽会に参加した生徒さん全員に、心を込めてもう一度拍手をお送りしたいと思いながら、ペンを置きます。心が洗われた一日、ありがとうございました。

15

Nov 2018

中学音楽会

カテゴリー:

本日11月15日(木)の1~2時間目に、中学音楽会が開催されました。

中学校全生徒がクラスごとに合唱の発表をします。

発表の前には、全員で発声練習も行いました。

発表の後には、各学年の優秀賞、全学年での最優秀賞が授与されました。

今年度の最優秀賞は中三藤組でした。

どの学年・クラスも授業や放課後に一生懸命練習していました。優劣が付けがたいほどに皆素晴らしい演奏でした。

この音楽会でクラスの結束もより強くなったことと思います。