スクールブログ Hygee's Garden

合唱部は10日のNHK合唱コンクールに続いて、11日山の日に広島県合唱コンクールに参加しました。今回は中学生も一緒に出演し、総勢20名での参加でした。
 課題曲「麦藁帽子」、自由曲「なみだのあとに」を歌いました。連日のコンクールでしたが、良い意味での慣れからか伸びやかな演奏になりました。6年間「おっかけ」をし、毎年比治山らしい音つくりを感激のうちに聞いていましたが、ついに最後のコンクールになりました。子ども達の頑張りを見守る幸せをいただきました。

演奏の後で学校ごとに記念撮影をしていました。高3と先生方だけの写真も撮っていて、感慨深く眺めていました。合唱の仲間たちと一緒に成長しました。ありがとうございました。

8月10日金曜日、合唱部はNHK全国音楽コンクール広島県大会の高校部門に出場しました。夏休みに入り、暑い最中に練習を重ね本番を迎えました。夏休みでも早起きして弁当を提げて登校する子どもが眩しく感じます。日頃の頑張りを応援しに保護者も駆けつけました。今回、いつも一緒に練習している中学生はお留守番です。

呉市文化ホールで開催されました。土砂災害のためJRやクレアラインが不通なので、広島港からフェリーで呉市に移動しました。
各パートが涼やかなクリアな演奏をし、比治山らしい繊細な音がホールに響きました。優しい組み立てが今年の特徴のように感じます。

11日(山の日)は朝日コンクールです。全く別の曲で本番で大変ですが、中学生も入り力強い演奏を楽しみにしています。

7月20日~22日、鳥取県営東山水泳場にて 中国高等学校選手権水泳競技大会が行われました。

この中国大会の切符を手に入れるために、炎天下での練習はもちろん、朝練にも励んできました。個人種目では出場出来ませんでしたが、チームで手に入れた800メートルフリーリレーで出場が叶いました。

鳥取県は大会期間中ずっと猛暑が続き、プールサイドは40℃を超え熱中症にだけは注意しました。結果は予選敗退で、チーム新記録にわずかに届きませんでしたが、暑い中それぞれがベストを尽くして泳ぎました。

この大会で引退の3年の瀧口さん、5年半本当にお疲れ様でした。

会場を後にする前に、後輩たちからは色紙を贈り、瀧口先輩からは手紙を頂きました。そして全員から瀧口先輩にお礼の言葉を涙をこらえながら伝えました。

最後に、いつも御指導いただいている顧問の先生、コーチ、猛暑のなか遠いところへの引率ありがとうございました。そして応援に駆けつけて下った保護者の皆様、御支援ありがとうございました。

7月20日(金)に平成30年度前期終業式が行われました。

終業式に先立って全国大会、中国大会、県大会に出場する各部への壮行式がありました。出場する部の紹介に続き、校長先生から応援の言葉、生徒会長から激励の言葉があり、それに対して諸大会出場代表生徒が決意の言葉を述べました。広島県平川理恵教育長からのメッセージも紹介されました。その後、前期期間中大会に出場し、優秀な成績を収めた生徒(美術部3名、水泳部4名)に対する表彰式が行われました。

前期終業式では校長先生による訓話がありました。冒頭に西日本豪雨により被害にあわれた方々にお見舞い申し上げますと校長先生は述べられました。本校も、登校できていない生徒、通学にいつもより倍以上の時間を費やす生徒、親元を離れ、本校セミナーハウスで寝泊まりしながら学校に通う36名の生徒など、たくさんの不便を強いられております。そうした状況の中で「勤勉」が大切であること、勤勉は成功の母であり、夏季休業に入る前にもう一度本校の「五訓」を思い出して、自制心・自律心を忘れずに有意義な夏休みを過ごしてほしいと訓話を締めくくられました。

厳しい暑さに耐えながら終業式を終え、より一層気が引き締まった表情で会場を後にした生徒たちはとても凛々しく見えました。校長先生の訓話では、災害復興支援のボランティア活動に参加した生徒もいたと紹介され、その行動力に感心しました。式後、生徒指導部の先生から、長い夏休み中、体調管理を含む、あらゆる行動に自分で責任を持ってほしいと話され、とても印象に残りました。

平成30年5月14日月曜日、体育祭が催されました。創立80周年を控えた、79周年目の体育祭で、生徒会の生徒さんが考えたタイトル「Sunshine~やってみ79ちゃ始まらない~」がプログラムにも表示されていました。今年のプログラムは大判で見やすく、表紙は素晴らしいデザインでしたし、裏表紙は広告で開会前は保護者席では見入る方々が多かったです。

生徒会の皆さんをはじめ先生方や生徒は、体育祭前や最中にも案内や準備やトイレ掃除などを丁寧になさっていました。入退場門は今年も素晴らしいデザインで彩られていました。しっかり準備をしてこられているので、日曜日と月曜日の雨の予報を恨めしく一週間を過ごしましたが、晴天のもと開会し安堵しました。

今年度は新しい校長先生、副校長先生、事務局長先生も赴任されました。多くの保護者にとって初めて校長先生のお声を拝聴しました。4月に子どもから「校長先生はグイグイくるよ」と聞いていましたが、筆者(高3保護者)は学年懇談会で校長先生の挨拶と思いきやパワーポイントを駆使して校長先生の方針や想いを熱くお話しくださったのを聞いております。体育祭でのお話も楽しみにしておりましたが、やはり胸に響くものでした。さらには一部英語でのお話に保護者席はどよめきました。

取材にあたって保護者のお1人に感想を寄せていただきました。「娘にとって高校生活最後の体育祭は、一日遅れでの開催となりました。当日は晴天に恵まれ、どの競技も見応えがありました。高3の民謡は浴衣姿で息の合った踊りをしてくれました。担任の先生と一緒の競技では、日頃の仲の良さが伺え、安心しました。」

101_1063101_1067101_1081101_1074101_1084101_1096101_1103

青い空の下、すべての人が輝いていました。閉会の後、片づけを少し取材しました。生徒会の生徒さん、高校1年生、教職員の方々が片づけをしてくださいました。疲れているのに颯爽と片づけに取り掛かる姿は凛としていて、プログラムの競技や演技と同じく輝いていました。

101_1109101_1114

連日続いた夏日のような暖かさから一転、冬の気配が少し感じられる4月7日の本日、平成30年度中学校、高等学校入学式が行われました。

KODAK Digital Still CameraKODAK Digital Still Camera

前年度と変わり、新入生は受付を済ませ、各教室で担任の先生と対面した後、担任の先生の誘導で中学生から講堂に入場しました。

入学式は、校章授与から始まり、学校長式辞、生徒による入学の誓い、来賓祝辞、合唱部による校歌、学園歌紹介と厳かに粛々と進みました。

KODAK Digital Still Camera

本年度入学した生徒は、中学一年44名、高校1年228名と一同揃っての挨拶は迫力あるものでした。

校長先生からは、自分の人生の基本設計を作り、建学の精神と五訓を理解して比治山での学びに全力で取り組むよう、お言葉を頂きました。

生徒代表は、自己の特性を生かして学校生活に取り組んで行くと入学の誓いを述べました。

KODAK Digital Still CameraKODAK Digital Still Camera

この春、我が子の新たな旅立ちを改めて確認し、この比治山学園において、何事にも悔いのないよう将来の目標に向かって一生懸命取り組んで欲しいと共に、これからの学校生活を思い切り楽しんで貰いたいです。

そして先生方、これからの三年間、六年間、 御指導の程、よろしくお願い致します。

3月19日、今年度退任式、修了式が、行われました。まず始めに、9名の先生方の退任式がありました。それぞれの先生方が個性あふれるお別れの言葉を述べられました。どの先生方のお言葉も、比治山の素晴らしさが伝わる暖かいお言葉でした。
引き続き、修了式が行われました。学校長訓話があり、「五訓」を基に次年度に向かって、有意義な春休みを過ごして下さいと、お話いただきました。最後に生活指導の諸注意があり、私達保護者も、責任を持って春休み中の生活がきちんと過ごせるように、そして4月の新学期は新たな気持ちで臨めるよう生活していかなければならないと、改めて思いました。今年度も無事終了し、先生方、本当にありがとうございました。

KODAK Digital Still CameraKODAK Digital Still Camera

あいにくのお天気の中、3月19日、国信ホールにて、第71回比治山女子中学校卒業証書授与式が行われました。まず始めに特に優れた生徒2名が表彰されました。そして、桜、藤各担任の先生から、1人ずつ名前が読み上げられ、各クラスの代表者が卒業証書を受け取りました。
その後、3ヶ年皆勤賞7名、精勤賞5名の生徒達が表彰されました。
校長先生の式辞では、五訓を常に忘れずに、自分の人生を大切に、というお言葉を頂きました。続いての卒業生代表の詞から、三年間で皆がそれぞれ希望に向かい大きく成長したことを確認することができました。保護者は参加しないため、広報部として出席させて頂きましたが、このような素晴らしい式に参列出来たこと、感謝しかありません。また生徒達は改めて比治山の素晴らしさを確認出来た一日だったと思います。我が子の成長も間近で見届けることが出来、とても感慨深いものがありました。
三年間、御指導、御鞭撻頂きました先生方、本当にありがとうございました。4月からもお世話になりますが、よろしくお願い致します。

KODAK Digital Still CameraKODAK Digital Still CameraKODAK Digital Still CameraKODAK Digital Still Camera

3月1日、前日の雨が嘘のような晴れやかな天候の中、第70回の卒業式がありました。
224名が、この学舎から巣立ちそれぞれの道へと羽ばたいていくにあたり、校長先生の式辞のなかで「人生の羅針盤は親心」というお話がとても心に響きました。命の大切さ、親への感謝を忘れずに、こうして卒業を迎えるのが当たり前でないということを、こうして過ごしている時間が貴重であることを、娘たちの心にも響いて、大切に自分の道を歩んでいってほしいと願いました。

まだまだ実感がわかないと言っていた娘も、涙涙で退場している姿に、母親として感無量になりました。

三年間皆勤賞31名、
三年間精勤賞15名、
一年間皆勤賞42名

毎日健康に気をつけて送り出されたご家族の愛情の賜物ですね。

各クラスに戻ってから、担任の先生から一人ずつに証書が渡され、子供たちからも、親に感謝の言葉や手紙を渡すサプライズがありました。

私立高校の良いところは、卒業して、何年たってもお世話になった先生方がいてくださることです。
それは、何よりも嬉しいことです。どうぞ、いつまでも比治山女子高等学校が、娘たちの心の支えでありますように…素敵な女性になって活躍していきますように…
本当にご指導いただき、ありがとうございました。

KODAK Digital Still Camera

KODAK Digital Still CameraKODAK Digital Still Camera

2月22日(木)  、マナー講座として中2の生徒にお茶席体験が行われました。

KODAK Digital Still CameraKODAK Digital Still Camera

中2藤組は午前、中2桜組は午後それぞれ2時間を使ってB館5階にある礼法室にて体験が行われました。礼法の先生によるお箸の使い方からお茶の作法までの授業でしたが、最近ではテーブルに椅子という生活がほとんどの為、正座をすることも少ないと思いますが、生徒にとっては貴重な体験となりました。

KODAK Digital Still CameraKODAK Digital Still Camera

親として、生徒達が普段経験できないこうした授業を受けることができ本当に有り難く思いました。

KODAK Digital Still CameraKODAK Digital Still Camera

生徒達には早速家に帰って実践してもらいたいですし、大人になり社会に出た時、この授業を思い出してくれると良いと思いました。

平成30年2月21日は広島広域公園ランニングコース(エディオンスタジアム広島)にてマラソン大会が開催されました。寒い季節ですが、たくさんの保護者も応援に駆け付けました。待ち時間に校長先生が気さくにお話ししてくださり、若い時に陸上(特に長距離)をなさっていたと知りました。開会式でのお言葉は優しくも力強い励ましで、胸に響きました。

KODAK Digital Still Camera

開会式の後、スタートまで会場で初めて会った保護者方と応援スポットについて話して盛り上がりました。そうしていると、実は同じ学年であり子ども同士で仲が良かったと分かった方が周りにおられ、楽しかったです。応援で一体感が生まれました。KODAK Digital Still CameraKODAK Digital Still Camera

KODAK Digital Still CameraKODAK Digital Still Camera

体育の授業でも丹那を走り、着々と備えてきた子ども達ですが、広い見通しの良い場所で走るのは格別だったことでしょう。授業で走る度にタイムが縮まり、本番を楽しみにしていた生徒も多かったのではないでしょうか。家庭でも体育がある日は、弁当の内容を工夫したりしていました。どちらかといえば体育が苦手な我が子ですが、マラソンの時期になると張り切ります。球技とは異なり、自分との闘い、自分と向き合う貴重な時間なのではと思います。

KODAK Digital Still CameraKODAK Digital Still Camera

取材に協力していただいた保護者は、立派な施設でマラソン大会を経験させてやれて嬉しい、と話していました。せっかくの機会なので、もっとたくさんの保護者が応援に参加なさると子ども達も力が出ることでしょう、とも話していました。そのお子さんは、練習はきつくて辛いけれど本番となると張り切り、特に高2は最後のマラソン大会なので頑張って走ったと話されたそうです。

KODAK Digital Still CameraKODAK Digital Still Camera

マラソン大会では怪我や体調などで走ることのできない生徒が補助で参加していました。先生方もその補助の生徒にしっかり声を掛けておられたのが印象的でした。生徒会の生徒もキビキビと動いていて感心しました。先生方は寒空の下、大きな声で応援しながら各ポイントで立ってくださいました。前日は各授業で励ましの言葉をかけられたと娘に聞きました。単なるイベントではないマラソン大会でした。