スクールブログ Hygee's Garden

連日続いた夏日のような暖かさから一転、冬の気配が少し感じられる4月7日の本日、平成30年度中学校、高等学校入学式が行われました。

KODAK Digital Still CameraKODAK Digital Still Camera

前年度と変わり、新入生は受付を済ませ、各教室で担任の先生と対面した後、担任の先生の誘導で中学生から講堂に入場しました。

入学式は、校章授与から始まり、学校長式辞、生徒による入学の誓い、来賓祝辞、合唱部による校歌、学園歌紹介と厳かに粛々と進みました。

KODAK Digital Still Camera

本年度入学した生徒は、中学一年44名、高校1年228名と一同揃っての挨拶は迫力あるものでした。

校長先生からは、自分の人生の基本設計を作り、建学の精神と五訓を理解して比治山での学びに全力で取り組むよう、お言葉を頂きました。

生徒代表は、自己の特性を生かして学校生活に取り組んで行くと入学の誓いを述べました。

KODAK Digital Still CameraKODAK Digital Still Camera

この春、我が子の新たな旅立ちを改めて確認し、この比治山学園において、何事にも悔いのないよう将来の目標に向かって一生懸命取り組んで欲しいと共に、これからの学校生活を思い切り楽しんで貰いたいです。

そして先生方、これからの三年間、六年間、 御指導の程、よろしくお願い致します。

3月19日、今年度退任式、修了式が、行われました。まず始めに、9名の先生方の退任式がありました。それぞれの先生方が個性あふれるお別れの言葉を述べられました。どの先生方のお言葉も、比治山の素晴らしさが伝わる暖かいお言葉でした。
引き続き、修了式が行われました。学校長訓話があり、「五訓」を基に次年度に向かって、有意義な春休みを過ごして下さいと、お話いただきました。最後に生活指導の諸注意があり、私達保護者も、責任を持って春休み中の生活がきちんと過ごせるように、そして4月の新学期は新たな気持ちで臨めるよう生活していかなければならないと、改めて思いました。今年度も無事終了し、先生方、本当にありがとうございました。

KODAK Digital Still CameraKODAK Digital Still Camera

あいにくのお天気の中、3月19日、国信ホールにて、第71回比治山女子中学校卒業証書授与式が行われました。まず始めに特に優れた生徒2名が表彰されました。そして、桜、藤各担任の先生から、1人ずつ名前が読み上げられ、各クラスの代表者が卒業証書を受け取りました。
その後、3ヶ年皆勤賞7名、精勤賞5名の生徒達が表彰されました。
校長先生の式辞では、五訓を常に忘れずに、自分の人生を大切に、というお言葉を頂きました。続いての卒業生代表の詞から、三年間で皆がそれぞれ希望に向かい大きく成長したことを確認することができました。保護者は参加しないため、広報部として出席させて頂きましたが、このような素晴らしい式に参列出来たこと、感謝しかありません。また生徒達は改めて比治山の素晴らしさを確認出来た一日だったと思います。我が子の成長も間近で見届けることが出来、とても感慨深いものがありました。
三年間、御指導、御鞭撻頂きました先生方、本当にありがとうございました。4月からもお世話になりますが、よろしくお願い致します。

KODAK Digital Still CameraKODAK Digital Still CameraKODAK Digital Still CameraKODAK Digital Still Camera

3月1日、前日の雨が嘘のような晴れやかな天候の中、第70回の卒業式がありました。
224名が、この学舎から巣立ちそれぞれの道へと羽ばたいていくにあたり、校長先生の式辞のなかで「人生の羅針盤は親心」というお話がとても心に響きました。命の大切さ、親への感謝を忘れずに、こうして卒業を迎えるのが当たり前でないということを、こうして過ごしている時間が貴重であることを、娘たちの心にも響いて、大切に自分の道を歩んでいってほしいと願いました。

まだまだ実感がわかないと言っていた娘も、涙涙で退場している姿に、母親として感無量になりました。

三年間皆勤賞31名、
三年間精勤賞15名、
一年間皆勤賞42名

毎日健康に気をつけて送り出されたご家族の愛情の賜物ですね。

各クラスに戻ってから、担任の先生から一人ずつに証書が渡され、子供たちからも、親に感謝の言葉や手紙を渡すサプライズがありました。

私立高校の良いところは、卒業して、何年たってもお世話になった先生方がいてくださることです。
それは、何よりも嬉しいことです。どうぞ、いつまでも比治山女子高等学校が、娘たちの心の支えでありますように…素敵な女性になって活躍していきますように…
本当にご指導いただき、ありがとうございました。

KODAK Digital Still Camera

KODAK Digital Still CameraKODAK Digital Still Camera

2月22日(木)  、マナー講座として中2の生徒にお茶席体験が行われました。

KODAK Digital Still CameraKODAK Digital Still Camera

中2藤組は午前、中2桜組は午後それぞれ2時間を使ってB館5階にある礼法室にて体験が行われました。礼法の先生によるお箸の使い方からお茶の作法までの授業でしたが、最近ではテーブルに椅子という生活がほとんどの為、正座をすることも少ないと思いますが、生徒にとっては貴重な体験となりました。

KODAK Digital Still CameraKODAK Digital Still Camera

親として、生徒達が普段経験できないこうした授業を受けることができ本当に有り難く思いました。

KODAK Digital Still CameraKODAK Digital Still Camera

生徒達には早速家に帰って実践してもらいたいですし、大人になり社会に出た時、この授業を思い出してくれると良いと思いました。

平成30年2月21日は広島広域公園ランニングコース(エディオンスタジアム広島)にてマラソン大会が開催されました。寒い季節ですが、たくさんの保護者も応援に駆け付けました。待ち時間に校長先生が気さくにお話ししてくださり、若い時に陸上(特に長距離)をなさっていたと知りました。開会式でのお言葉は優しくも力強い励ましで、胸に響きました。

KODAK Digital Still Camera

開会式の後、スタートまで会場で初めて会った保護者方と応援スポットについて話して盛り上がりました。そうしていると、実は同じ学年であり子ども同士で仲が良かったと分かった方が周りにおられ、楽しかったです。応援で一体感が生まれました。KODAK Digital Still CameraKODAK Digital Still Camera

KODAK Digital Still CameraKODAK Digital Still Camera

体育の授業でも丹那を走り、着々と備えてきた子ども達ですが、広い見通しの良い場所で走るのは格別だったことでしょう。授業で走る度にタイムが縮まり、本番を楽しみにしていた生徒も多かったのではないでしょうか。家庭でも体育がある日は、弁当の内容を工夫したりしていました。どちらかといえば体育が苦手な我が子ですが、マラソンの時期になると張り切ります。球技とは異なり、自分との闘い、自分と向き合う貴重な時間なのではと思います。

KODAK Digital Still CameraKODAK Digital Still Camera

取材に協力していただいた保護者は、立派な施設でマラソン大会を経験させてやれて嬉しい、と話していました。せっかくの機会なので、もっとたくさんの保護者が応援に参加なさると子ども達も力が出ることでしょう、とも話していました。そのお子さんは、練習はきつくて辛いけれど本番となると張り切り、特に高2は最後のマラソン大会なので頑張って走ったと話されたそうです。

KODAK Digital Still CameraKODAK Digital Still Camera

マラソン大会では怪我や体調などで走ることのできない生徒が補助で参加していました。先生方もその補助の生徒にしっかり声を掛けておられたのが印象的でした。生徒会の生徒もキビキビと動いていて感心しました。先生方は寒空の下、大きな声で応援しながら各ポイントで立ってくださいました。前日は各授業で励ましの言葉をかけられたと娘に聞きました。単なるイベントではないマラソン大会でした。

この冬一番の寒さになったこの日、中学2年と3年生の百人一首カルタ会が実施されました。

IMG_0236IMG_0195

A館多目的ホールに集まり、先生から説明を受けた生徒さんたちは、各グループに分かれ、それぞれの百人一首の取り札を並べ、縄田先生が詠む歌を今か今かと…楽しそうに待ちました。

各クラスのクイーン4名は学年毎に1対1の対決で、3年生の2人は取り札も整然と並べられ本格的でした。

歌が詠み始められると、一瞬、静まり返りますが、徐々にグループから「はい!」や「あった!」など元気な声、「あ~~~!」と残念そうな声も聞こえてきました。

IMG_0300IMG_0188

どのグループも後半は必死に残り少なくなった札を、頭をくっつけながらの対戦が頼もしく、百人一首を覚えた結果だということが見えてきました。

学年クイーンになられた中3の西本ひびきさん、そして中2の西開地彩珠さん、おめでとうございました。そして熱い対戦を見せてくださった生徒の皆さん、お疲れさまでした!

IMG_0247IMG_0205

12月16日  土曜日  午後1時30分より「第3回ひじっ子みゅにてぃくりーん」が行われました。

KODAK Digital Still CameraKODAK Digital Still CameraKODAK Digital Still CameraKODAK Digital Still Camera

曇り空の寒い日でしたが、中高生合わせて約100名ほどの生徒達は体操服姿で正門前に集合し、生徒会の説明の後数人ずつ9つのグループに別れ、それぞれの担当エリアの清掃を行いました。

KODAK Digital Still CameraKODAK Digital Still Camera
登校や下校、体育のマラソン練習やクラブ活動等で頻繁に使う地域を生徒達が清掃する事は、ただ単にゴミを拾うという事だけではなく、地域への感謝の気持ちや奉仕の心など、参加した生徒達の心にも何か感じるものがあるように思いました。

11月27日(月)から12月1日(金)はPTAも参加する、本年度二回目のあいさつ運動週間です。初日の27日月曜日に取材に参りました。登校すると、すでにPTAの保護者の方・先生・生徒会やソフトテニス部の生徒さんが並んでおられました。

 

IMG_2689[1]

 

7:45から8:20までですから寒いかと覚悟して家を出ましたが、爽やかな朝の挨拶とマナーに心が温まりました。

第一に黙々と落ち葉を登校した順に一人でも掃除している生徒の姿です。

 

IMG_2656[1]

 

第二に嬉しそうに楽しそうに登校してくる子ども達の笑顔と、それを迎える先生方や生徒の笑顔です。仲間がいる、安心する場所があるというのは幸せなことだと改めて感じました。
IMG_2662[1]

 

第三に安心感。二号線まで出てみると、長くいらっしゃる警備の方がしっかり見守ってくださっていました。優しく声を掛けてくださっていました。それで別に指示されるわけではないのに、信号待ちの時には他の通行者の邪魔にならないよう一列になり、時には自転車の向きを変えたりしている生徒の姿を見て感激しました。信頼関係からなる比治山生のマナーです。

 

IMG_2668[1]

 

交通量の多い道です。信号ごとに横断歩道を移動して子ども達を見守ってくださいます。
IMG_2672[1]

 

8時を過ぎるころ校門は賑やかな花道になっていました。今日の充実した一日が目に浮かびます。

生徒指導担当の先生方もにこやかに生徒を迎えておられました。参加された保護者の方は、登校する子どもの顔を見ると何となく様子が分かりますね、と話されていました。朝は小言など言わず、気持ちよく送り出してやろうと思いました。

IMG_2699[1]

 

あいさつ運動が終わる時間にはすっかり落ち葉も片付いていました。

自分の気持ちもすっきり爽やかになり、子ども達の充実した一日を心に描きながら家路につきました。
IMG_2703[1]

11月11日(土),三次市三和町にある「比治山学園からまつ学寮」にて「PTAからまつ学寮交流会」が開催されました。

IMG_1360

秋晴れの中,学校を出発致しましたが「からまつ学寮」のある県北はすでに冬の訪れを感じるほどの空気の冷たさで,訪れた日の朝には雪混じりの雨が降るほどの冷え込みだったとのこと。
残念ながら「からまつ学寮」の紅葉はすでに落葉していましたが,周辺に広がる里山の景色や空気に季節の移ろいを感じ,心癒される週末の1日となりました。
IMG_1355IMG_1361IMG_1366IMG_1370IMG_1371IMG_1368IMG_1380IMG_1375

私事ではございますが,娘も早高校3年生となり,この交流会への参加も今回が最後となりました。
これまでの参加でいただいた先生方やたくさんの保護者の方々とのご縁に感謝しております。
振り返ると自然の中での親睦会は毎年の楽しみになっていた様に感じます。

IMG_1377IMG_1376IMG_13791IMG_1381

今後も「からまつ学寮」が,生徒や保護者にとって,学びや交流の場となること,また,この「からまつ学寮交流会」へこれまで以上たくさんの方々にご参加いただけることを切に願っています。

お世話いただきました交流役員の方々,ありがとうございました。

IMG_1364

紅葉美しい秋晴れの三連休末日に合唱部は渾身の音を響かせてきました。平成29年11月5日(日)、ふくやま芸術文化ホール別名リーデンローズにて全国高等学校総合文化祭の広島音楽祭が催され、比治山女子中学高等学校合唱部も参加しました。

今回も保護者追っかけ組が応援に駆けつけ、ペルゴレージ作曲の「スタバト・マーテル」を聴きました。平成30年3月31日(土)に予定されている合唱部定期演奏会で演奏を予定している大曲の抜粋ですから、練習も気持ちが入っている様子が家庭でも伝わります。楽しみに新幹線に乗り込みました。

IMG_7216

夏から様々な葛藤のせめぎ合いをこぼしていた娘ですが、クラブでの貴重な経験は大きな糧になったようです。ぐんと飛躍した演奏となり、一緒に駆け付けた保護者と共に、子ども達の成長を喜びました。いつも陰に日向に指導してくださる牧先生をはじめとする諸先生方のおかげで、心の成長も音に現れたと感じました。3月の定期演奏会が楽しみです。

子ども達と同じ新幹線で帰りましたが、公共機関でのマナーも我が子ながら素晴らしく、日頃の学校での生活が目に浮かび嬉しかったです。

IMG_7213IMG_7214