災害・緊急時などへの対応

Ⅰ 警報発令時

1 暴風警報

  • 午前6時現在発令中……………………………自宅待機
  • 午前7時までに解除・注意報に変更…………午前9時始業
  • 午前7時現在発令中……………………………自宅待機
  • 午前8時までに解除・注意報に変更…………午前10時始業
  • 午前8時現在発令中……………………………臨時休校

※登校後、注意報が警報に変わった場合、学校の判断で下校か待機の指示を行います。
※午前9時以降の始業となった場合は、短縮授業を実施し、終業は午後3時5分に合わせます。

2 波浪・濃霧警報

船舶通学者のみ暴風警報に準じます。

3 大雨・洪水警報

通常の登校を行います。
ただし、地域の実情に応じて、または保護者の判断で自宅待機をすることができます。
生徒の登校中に警報が発令された場合、生徒が自宅へ連絡し、保護者が安全を期して帰宅させた方がよいと判断した場合、登校を中止させることもできます。この場合は、必ず学校(担任)に連絡してください。

Ⅱ 交通機関ストライキ時

JR、広島バス(赤バス)、広電バス(青バス)について、

  • 午前6時現在3社がストライキ中…………………臨時休校
  • 午前6時現在1社または2社がストライキ中……午前9時30分始業

※午前9時30分始業の場合は、短縮授業を実施し、終業は午後3時5分に合わせます。

Ⅲ 生徒登下校時

1 痴漢行為に遭った場合

  • 公共交通機関での被害

    声をあげる→周囲の人に知らせる
    乗務員に知らせる→警察等に届ける

  • 路上での被害

    大声をあげる→周囲の人に助けを求める
    最寄りの店舗、民家などに逃げ込む→警察に届ける

※「子ども110番」を明示した地域の会社、店舗、民家を日頃から把握しておきましょう。

2 交通事故に遭った場合

  • 周囲の人に助けを求め、負傷の有無に関わらず、速やかに警察、学校、家庭等に連絡する。
  • 事故の当事者が誰なのか正しくわかるよう、証明の提示や連絡先を確認する。
  • 110番通報で知らせる内容

    交通事故です 町、番地、目標物 けがの状況 通報者名など

3 地震災害(火災)に遭った場合

  • 災害時の場所によって、それぞれの対処の仕方を日頃から身につけ、身を守るための行動を速やかに取る。
  • 揺れが収まった後、冷静に周囲の状況を判断して、避難する。
  • 「災害発生時における避難心得」を参照し、必要な行動を取る。

本校の校舎が倒壊するような被害の場合
学校付近で大規模な被災に遭遇した場合

避難先 広島市広域防災避難場所 広島県立皆実高等学校(広島市出汐2-4-75 TEL 082-251-6441)

  • 各家庭では、平時から家族間の連絡方法をよく話し合い、確認しておいてください。
  • 地域や学校からの防災、安全管理等の配布物は決まった場所に保管してください。
  • 電話による問い合わせや連絡網に頼らず、規定を理解しておくことが緊急時に役立ちます。